fc2ブログ

記事一覧

阿波 一宮城跡①


阿波一宮城跡!!
四国遠征第一弾、ゆかいな仲間たちと登ってきました。

この城跡「続100名城」に選定されたんですってね。(現地に行ってから気が付きました。てか今回の旅、引田、洲本と一宮と全部が「続100名城」だったとか…)

さて登城口ですが、一宮神社脇にすぐあります。トイレはここしかないので、先に済まして下さいね。


IMG_1467 (2)

現地看板です。
同じく登城口にあり。パンフもここにあるんですが、当日は切れていました。(帰路に一宮神社の宮司のおっちゃんが、ご厚意で二部用意して下さりました。感謝。ちなみに城ともは御朱印もらってましたわ。)
「現在地」からぐるーと回って「宮の奥」から下山する形がスタンダードかな。

徳島市に問い合わせました
①大手道について
→天満谷から谷筋に伸びていたもnと考えられている
②畑跡について
→第二次大戦後に畑として開墾されたが、どこまでが改変されたか不明
と、頭に入れておいてください。

IMG_1474.jpg

さて、登城開始。
現登山道は、明治に参拝道として使用されはじめ、昭和に再整備をされ今に至るとのことです。
麓に杖代わりになる枝が配備されています。足腰に不安のある方は使用して下さい。しかし各所整備されているため、非常に登り易い城跡です。


IMG_1471.jpg

さて登り始めるとすぐに畑跡が出てきます。右側の段々がそれです。

IMG_1472.jpg

畑下の石垣
阿波青石っぽいんですが、いつ造成されたものか不明との事。当時の遺構であってほしいですが…

IMG_1482.jpg

次に出てくるのが、高低差を使った防御設備。
中世城郭っぽいですな。土エッセンスが出てきました。

IMG_1484.jpg

切岸ですかね、この上から弓で狙われていると思うと…
テンション上がります。。。

IMG_1499.jpg

切岸が終わり、つづら折れ道が出てきたら、いよいよ堀切の出現です。この堀切、登城道からすると虎口にもなるスグレモノです。技巧的です。

IMG_1502.jpg

堀切兼虎口を抜けると
曲輪が出現。
こんな山の中に平坦地があるってのがすごいよね。

IMG_1509.jpg

どっかの切岸。この城跡の特徴として、整備されてるんやけど、端っこは藪ってます。

IMG_1505.jpg

竪堀に枝を捨てないでくれい。
けっこう竪堀の数があるんやけど、あまり楽しめる状態ではなかったです。

IMG_1510.jpg

各所に看板設置されてます。
地元に愛されてる証拠ですわ。こういう城跡が増える事を願います。

IMG_1515.jpg

同行者ABCたち


②へ続く。。。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

Re: タイトルなし

あ、これで返信できるんか。
分からない事だらけです。



> いい感じだねぇー!!畑跡は阿波青石だけもいつの時代のものかわからんよねー。って感じだね

いい感じだねぇー!!畑跡は阿波青石だけもいつの時代のものかわからんよねー。って感じだね

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ソバッソ店長

Author:ソバッソ店長
城跡に行きてえ。城下町に行きてえ、山城に行きてえ。。。
と、日々悶々と過ごしている30'sです。

京都市在住で聚楽第跡の上で生活(ていうても洛外ですがね…)しているので、「平安京→秀吉さんの作り上げた聚楽第→家康が完成させた現代の京都→現代に続く。。。」を日々通勤時やらフォレスターでのドライブやらチャリンコやらで、フラフラと動いております。

●城跡
●城推定地
●縄張り図
●城下町
●遠征先のメシ
○ときどきパン屋
などをアップしていきます。

皆さまの城めぐりライフの、良きお供になることが出来れば幸いです。

最新コメント

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
729位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
141位
アクセスランキングを見る>>

カウンター