fc2ブログ

記事一覧

若狭 熊川城跡②

ディーさん撮影、搦手②
センセはいつも、山城にオシャレしてくるよな。
この日は麦わら帽子かぶってなかったか?


こんばんわ
ソバッソです。

明日は土曜日、嫡男保育園の運動会
土曜日は普段、必ず出勤していたのですが、スタッフが成長してきてくれて、ある程度店舗を任せても大丈夫なレベルになったので、思い切って休ませてもらって初運動会を楽しんできます。
でもその前に、この記事を書ききっておかないとと、急に使命感に駆られたので眠たいけどカキカキしてます。


②では、主郭から搦手の3重堀切を紹介します。
この城跡最大の見どころになると思います。

しかしこの写真、センセがカッコよく写ってますね。
ディーさん提供なのですが、この感じいいなぁ
僕も撮ってもらったら良かった。



転載、複製禁止。縄張り図『若狭かみなかの中世城館と石造遺物』(1979)上中町教育委員会@熊川城跡
転載、複製禁止。縄張り図『若狭かみなかの中世城館と石造遺物』(1979)上中町教育委員会

さて縄張り図です。
僕たちは中央部から上にかけて散策しました。

ホントいい城跡でしたわ。
もっかい行きたいなぁ。
棒焼きサバもサバ寿司も食べてないし、またフラっと寄ってみよう。

あ、葛まんじゅうは美味かったっすわ。
そういえば瓜破の滝、見てないや…
写真撮りたかったのに…
また行こう



㉑越えたら主郭@熊川城跡
さて
では気を取り直して


この高まりが最後の段郭です
コイツを乗り越えた先が主郭ですね。



㉒主郭看板@熊川城跡
出てきました
主郭看板
ここに城跡の簡素化した情報があります。

いつも思う
麓に置けばもっと日の目を浴びるのに



㉓櫓台らしい@熊川城跡
なにわともあれ
主郭に到達です。

やったー
ここまで、身の安全を確保しながら、写真も撮りながら登城して25分
いや悪くないコスパやと思います。

そしてこの時期なのにヤブが一つもない
コレは奇跡っすよ
手入れされている方、本当にありがとう。



㉔櫓台@熊川城跡
櫓台
資料によると、盛り土跡があったらしいっすわ
全然わからん。



㉕ヒル発見@熊川城跡
と、ココで一息ついたときにメンバーに戦慄が走ります
ヒルが実父のクツについている事に気づきました。

うぉー
気持わるい…
ってかみんな大丈夫かいな?

写真を撮らせてくれと、実父のクツの上を這わせてナイキのマークみたいになるまで粘りました。
あと少し、あと少しで分かりやすいナイキになったのに、実父がもうイヤだとペッとはがして捨てちゃいました。
捨てるのはいいけど、なぜみんなの足元に捨てたかね?櫓台は危険個所に早変わりですわ。



IMG_4333_6.jpg
嫡男
背中で暑そうな顔しております。



㉟櫓台@熊川城跡
疲れが出ていた魔王と、定年退職前の有給消化の際に、ほとんど何もせず家でダラダラ過ごしたせいで体力低下した実父はココで休憩。
嫡男を預けて、残りのメンバーは搦手散策に入ります。


あ、ちなみにココにはヒルが放たれております。



㉖搦手の郭群へ@熊川城跡
搦手へ降りていきます

結構な高さありますね。
カモシカのようなヤンちゃん



㉗搦手郭群を見上げる@熊川城跡
おぉ
オープニングのセンセ画像(ディーさん撮影)は、ココか。

カッコいい遺構っすね



㉘三段郭@熊川城跡
おおぉ
コブコブしてる。

個人的にはこのアングルが一番気に入ってます。



㉙センセとディーさん@熊川城跡
お、コブの向こうからセンセとディーさんがこっちくる
人が入ると、城郭のスケールがよく分かります



㉚搦手の最端@熊川城跡
搦手郭群の最端まで来ました

縄張り図でいう、三重堀切を越えた先です。
尾根が痩せてきて、だらだらと尾根筋が伸びてきたら、城域は終了だと思います。


うえぽん
ポーズ取って
とリクエストは確かにしたさ
でもね、カメラにケツをアピールしたらダメだよ。
しかしこの男はどんどん太っていくように思える。



㉛搦手最端@熊川城跡
はい搦手はここでおしまい



㉜振り返る@熊川城跡
振り返るとこんなの
平坦地感が出ています。



㉝主郭に戻る、土橋@熊川城跡
土橋さん



㉞堀切、竪気味に落ちている@熊川城跡

三重堀切の何重かの場所

遺構は非常に明瞭、いやぁ楽しかった。


といった形で今回の遺構紹介は終了でございます。
登り始めてすぐに遺構に出会えて、急峻やけども散策のしがいのある楽しい城跡でした。
とにかくオススメ物件ですわ。





IMG_4354.jpg
下山しました。

みんなで名産の葛を使った葛まんじゅうを食べ、ココロとカラダをリフレッシュ。

あ…
頭頂部、薄くなってる…



IMG_4325_0.jpg
次の城跡を目指して移動。
滋賀県は高島市、清水山城跡の支城、日爪城跡に登る予定だったのですが、嫡男が爆睡。
朝からドライブさせたし、初めての荒廃した山城、そら疲れるわな。

という事で、僕と嫡男は車で一時間お留守番。
日爪城跡もいいらしい。



IMG_4327_1.jpg
近くのココスで昼メシ
うえぽんが遊んでくれてます。

みんなすごい沢山かまってくれてありがとう。
かえってから、「オッチャン?オッチャンは?」と探し続けていました。
また遊んでやってな。

次は清水山城跡ですな。
マダニとヒルの悲劇が待ち構えているとも露知らず
この頃は気楽なもんでしたわ。


ではでは
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ソバッソ店長

Author:ソバッソ店長
城跡に行きてえ。城下町に行きてえ、山城に行きてえ。。。
と、日々悶々と過ごしている30'sです。

京都市在住で聚楽第跡の上で生活(ていうても洛外ですがね…)しているので、「平安京→秀吉さんの作り上げた聚楽第→家康が完成させた現代の京都→現代に続く。。。」を日々通勤時やらフォレスターでのドライブやらチャリンコやらで、フラフラと動いております。

●城跡
●城推定地
●縄張り図
●城下町
●遠征先のメシ
○ときどきパン屋
などをアップしていきます。

皆さまの城めぐりライフの、良きお供になることが出来れば幸いです。

最新コメント

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
729位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
141位
アクセスランキングを見る>>

カウンター