fc2ブログ

記事一覧

山城 周山城跡②

①2郭虎口を2郭側から@周山城跡
こんにちはソバッソです。
久々に明るい時間に記事作成中。
今日は仕事が休みで、嫡男の療育教室に参加。なんか待機時間が1時間半くらいあるので、そこ時間を有効活用。
縄張り図見たり文献読んだり、更には今回のようにブログ記事を書いたり。

忙しいねぇ。


さて今回は2郭の虎口から中に侵入した所からスタートしておらます。
左側のコブがそれです。




⓪縄張り図@周山城跡
縄張り図
京都府中世城館発掘なんたら、で検索したら情報出てきます。

僕がいる場所が2郭、中央にある四方にびょーんと細長く延びた郭群の、右がそれです。
ちょっと離れてその右に延びているのが3郭。①の記事で書いた場所です。

こうやってみると、右側からの侵入に備えて高台を設備していますが、全方位に向けて防御を巡らせないとダメやったんやなこの城郭は、って印象を受けます。

北は福井、西は丹波、東は京都から滋賀、南は京都へ、四方向全ての街道を抑えないといけなかったこの城郭、明智光秀さんはスゴイ重要拠点の制圧を任されたんですね。
僕ならこんな大プロジェクト任されたら、ハートが弱ってメンタルやられてまうわ。よーやったな。



②2郭@周山城跡
さて、では2郭の散策開始です。

廃城の書籍なんかによく出てくる写真がココ2郭です。

総石垣を徹底的に破壊して破城した結果、年月をかけてこんな風になりました。
ゴロッゴロの石材に苔が生え、まるでマリモの如くです。けど決して可愛くない。

哀愁漂うんですねぇココ。
ガチで統治する為に作った本気の城郭が、山崎合戦で負けた後に徹底的に潰された跡がコレですから。
いわゆる廃棄されて、年月の風化により荒廃したモノと違い、人の手によって荒廃した跡なんだなぁって。

明智さん
さぞかしご無念やったやろうな。



③2郭から平坦地Bへの虎口が右側に@周山城跡
同じような写真で恐縮です。
右側の石垣部に、開口した部分が見えるでしょうか?アレが北側郭への虎口のようです。僕は未踏です(いや、道があったように思えないんすよね)。



④平坦地Bへの帯郭と思う@周山城跡
とりあえず侵入。
北へ伸びる石垣群。アレがずらっと並んでいました。アレに沿って歩いて行けば、北郭へ行けるんやろうかなぁ。



⑤非常に甘いので危険@周山城跡
でも、非常に危険です。
こんな斜面でした。

コレ実父。
初めて山城に連れて行ったのがココ周山城跡。
大変気に入ってました。
いや、ホントいいんすよココ。もっとフォーカスされて欲しい。でも人が沢山来たら荒廃しちゃうしひっそりしておいて欲しい。

城跡史跡観光のジレンマですね。



⑥同じく甘いので危険@周山城跡
センセも斜面から石垣群撮影中。

確かこの時がセンセと一緒に攻めたのが2回目だったかな。2回目に会った人に実父会わせるって、なかなかハードル高い事したわ。
と、記事を書いてる今になって反省中。

でもこの後、会って二回目やけど、センセはウチのシャワーで汗を流してました。
この人、浸透力適応力協調力高過ぎるで。


あ、まぁとにかく激斜面です。
気をつけて。



⑦主郭への虎口@周山城跡
先程の破城跡に戻り、ゴロッゴロの石垣を避けて斜面を登りました。
主郭虎口ですね。

早速侵入です。



⑧主郭@周山城跡
荒廃感‥

なんとも言い難い気持ち
色んな感情が湧きます。



⑨ゴロゴロ@周山城跡
マリモがいっぱい



⑩主郭土塁@周山城跡
奥に見えるのは土塁ですかね

石垣が崩れて出てきたのかな?
この時代って栗石とかまだ発展してなかったんやったかな?



⑪主郭土塁@周山城跡
コレもそうかな?



⑫縄張り図の主郭から下の郭へ降りる@周山城跡
さて
ホントは主郭でコーヒーでも飲みたいんですが、くつろぎたい気持ちをグッと抑えて、未知なる郭散策へ向かいました。(ホンマは暫く、へーはーと言いながら10分くらい主郭に居ました)
僕たちは主郭南の郭へ、一段降りると足元は石垣だった事に驚きます。



⑬一段下から主郭を見上げる@周山城跡
転がってる石材が全部石垣の跡やと思うと、ヤバイねミゾミゾしますね。
(ドラマ、カルテットやったっけ?あんま知らんけど流行ってたので使ってみました。流行り言葉を使うのって、なんだかミゾミゾします)



⑭岩盤質です@周山城跡
南郭へ

コッチは岩盤質です。
今まで歩いた場所は全て土だったので、ここに来て初めて岩盤を見た気がします。

岩盤の上は加工しにくいから、このエリアは防御設備作るの難しそうですね。



⑮竪石塁を上から@周山城跡
削って造るのが難しければ、上にのせて造ればいい
至ってシンプルな発想

竪石塁と資料には記載されていますが、石塁感は若干甘いです。
でも側面からの侵入を防ぐ目的で設備されている事はよく分かります。

この尾根は、侵入がたやすくできそうやったんですかね。
たぶん、方面的には麓の住宅地側で、街道に近い場所だと思うので、取り付かれないように設備したんですかね。



⑯竪石塁を下から@周山城跡
竪石塁を下から
こっちの方が、側面からの侵入を阻害してる感じが出てますかね。

しかし竪石塁やら竪土塁、竪石垣とかいろいろありますね。
登り石垣と竪石垣は同義語ですかね。
登り石垣って全国で数か所しかないって聞きましたが、結構見ましたよ。

高取城跡の登り石垣はすごかったなぁ。
また行きたい。米子城跡もまた行きたい。
あ、今度は米子城跡の記事でも書こうかな



⑰こんな巨石が@周山城跡
もーちょい下ると出てきます巨石エリア

最近、滝とか巨石とか自然感満載の場所がすごい好きなんです。
石材が豊富な場所ですので、もしかしたら石垣に使用した石材はこの辺りで産出したんですかね。
ご存じの方は情報ください。



⑱ここにも石垣@周山城跡
巨石エリアの郭にも、横にしれっと石垣あります。
しれっといます。


さて城跡の記事はここまで
次の③では、周山城跡の西端にある土の出城へ向かいます。

ではでは






IMG_4165.jpg
最後にいつもの小ネタを



明智光秀ではないですが、自分で起業して繁盛させるってスゴイね

僕のツレが居酒屋を立ち上げて早四年(やったかな?)
京都で四店舗目となる新店をオープンさせましたので、ちょっと宣伝しておきます。

アホのちょうちんが目印
その名も「アホウどり」
焼き鳥居酒屋でございます。



IMG_4247.jpg
オープン初日の様子を外から盗撮

ちょっかい出しに行ったらびっくり、大繁盛していたので空気を読んで声かけずに帰りました。



IMG_4228.jpg
プレオープンに招待してくれたので、その折に店内の様子を少しだけ撮影。
二階にあるトイレ、なぜか金ピカ
コイツのセンスは秀吉なのか?

いや、もともと美的センスのいいヤツではなかったですが(学生時代から付き合った彼女は少し変わったコで、仲間うちではBセンと言われていましたもんで)


なにはともあれ
おめでとう
そして益々の発展、心より願っております。
10月はバーベキュー、企画相談よろしく。


明智光秀さんもそうですが、ホント自分の力で開拓していくエネルギーと能力って、発揮できる人はすごいなと。
僕は…微増微増で少しずつ出世していきますわ。

サラリーマン万歳。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ソバッソ店長

Author:ソバッソ店長
城跡に行きてえ。城下町に行きてえ、山城に行きてえ。。。
と、日々悶々と過ごしている30'sです。

京都市在住で聚楽第跡の上で生活(ていうても洛外ですがね…)しているので、「平安京→秀吉さんの作り上げた聚楽第→家康が完成させた現代の京都→現代に続く。。。」を日々通勤時やらフォレスターでのドライブやらチャリンコやらで、フラフラと動いております。

●城跡
●城推定地
●縄張り図
●城下町
●遠征先のメシ
○ときどきパン屋
などをアップしていきます。

皆さまの城めぐりライフの、良きお供になることが出来れば幸いです。

最新コメント

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
729位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
141位
アクセスランキングを見る>>

カウンター