fc2ブログ

記事一覧

山城 周山城跡①

①大手道@周山城跡
こんばんわソバッソです

無事に実地指導が終わり(もちろんセーフでしたよ、ヒヤヒヤしたけど)、ようやく平穏が訪れた我が身。
久々にブログでも書こうかと思っていましたが、忙しさと暑さで城跡に行けていないではないですか。
こんなことでは干からびてしまう、と一念発起し、過去の写真を引っ張りだして来ました。

実は、某城アプリで「今週の一枚」っていう、ユーザーから投稿された写真の中から、ベストワンを運営側が決めて発表するんです。それにこの周山城跡が出たんです。
つまり感化されちゃったんです。

ハイ


あ、ココ
大手道でして、20分弱登っていきまして、上の方に少し明るいところが見えるかな?あれが平坦地なんです。
なかなかのグレートウォールです(某アプリにもグレートウォールって書いてアップしたけど、僕のは選ばれず…。いや、狙ってる訳じゃないんやけど。)。

まぁとにかく、ここ周山城跡は、京都でもっとフォーカスされてもいい場所、100名城も続100名城も選ばれていませんが、もっともっと評価されてほしい城跡です。



⓪縄張り図@周山城跡
てな事で
今回も縄張り図
インターネットで、京都府教育庁から縄張り図データをもらう事が出来ます。
ほかにも様々な城跡の縄張り図が載っていましたので、ぜひ普通の京都観光に飽きたら城跡観光へ。


さてこの城跡ですが、明智光秀(知らん人おらんよね?本能寺の変の辺の人だよ。)さんの居城です。
丹波を制圧していく為の拠点になったのと、京都市内へ木材を運搬する為の街道・水運の要衝になった非常に重要な場所なんです。
そこに総石垣で主郭部をグルリと囲い、安土城をマネして超カッチョいい城郭にしてしまいましたってヤツの走りなんだそうです。
以降、丹波へ進むに連れて明智さんが進軍して接収した城郭は、主郭部が石垣で造られたモノが多いようです。
明智さんの足跡を辿る城めぐり、コレも楽しそうですね。


あ、それで先ほどの大手道なのですが、縄張り図右側から中央へ向けて伸びる線がわかりますかね?
ソレが大手道です。
Eへ取りついて、3・2・1と進んでいきます。



②九十九折を超えると周山城跡
コレはH28年に登った際の画像です。

とりあえず大手道の九十九折を登り切りました。
するとこんな感じで直線になり、従って進むとカーブします。



③登り切ると平坦地E周山城跡
カーブした先に高台が出現
登れば平坦地のEです。



④平坦地E周山城跡
Eに侵入
こんな感じでした。
でもH30年に登った際は、木材はなかったように思う。

まぁその辺は現地で各々確かめてよ。



⑤高台が平坦地D周山城跡
進むと向こうに高台が出現
平坦地のDです。



⑥平坦地Dの虎口かな周山城跡
取り付いてみます。
虎口かな?



⑦平坦地D周山城跡
平坦地のD
NHKの電波塔なのかな?
なんか設備がおいてありました。

この先はただの崖やったような記憶が。



⑧3郭への傾斜道周山城跡
ここから3郭へ
この斜面を登ると3郭に取り付くんですが、なんの規制なのかロープが張ってありました。(H30年は無かったです)
とりあえず登ったらアカンのかなぁと思い、左側に平地があるのでそこへ迂回しました。



⑨3郭虎口周山城跡
その平地から、かなり角度が厳しかったけど、なんとか直登で登れそうだったので、ひとまず直登。

すると3郭の虎口かな?が出現。しかも出ました、噂には聞いていましたが早速石垣の名残が出現しました。

ココ、ホントにしれっとそこらじゅうに石垣やら石塁が出てきます。



⑩3郭周山城跡
3郭
ここもNHKの何かがあります。



⑪3郭から傾斜道を見下ろす周山城跡
先ほどのロープで規制された斜面を振り返りました。

エグイ落差ですね。

これだけで防御できる。

となると、僕たちが迂回した平地は?
ってなりますが、物資を運搬するためのルートと考えると、まぁあっても不思議ではなかったかもですね。
もう少し薄い帯郭みたいな感じやったのかもですね。



⑫3郭のり面周山城跡
3郭のり面
ここもすごいガケですね。

3郭、鉄壁やん。



⑬2郭を見上げる周山城跡
奥に進みました。

次は2郭ですが、見上げた先に平坦地があります。
このガケをジグザグと登っていきます。

ここも石塁がたくさん。



⑭こっちは急斜面周山城跡
間違って真っすぐ進んじゃうと、この急斜面になります。
たぶん落ちるよ。

間違わないでね。



⑮石積、この斜面に道を探す周山城跡
ハイ正解のルートはコチラ

斜面の至る所に石塁跡が。

期待感が膨らむでしょ?
裏切らないよココは。



⑯2郭虎口周山城跡
おっと最後の記事だ。

2郭の虎口です。
ココを抜けると、もう石垣パラダイズです。

でもそのパラダイスはこの次の記事にします。



ではでは



IMG_4248.jpg
さていつも通り最後に関係のない画像を一枚

我が嫡男、3歳になりまして、そしてH31年の1月に第二子出産予定でして。
嫡男にはそろそろチャイルドシートを卒業してもらい、ジュニアシートってヤツに切り替えようかと思い、イオンモールに探しにいったときに見つけた最新式のチャイルドシート。

第一印象

ベジータが地球に乗ってきた飛行船やん


赤ちゃんグッズは進化して、今や宇宙旅行にも耐えうる耐久性を備えたものになったんだな。
時代は進んでいるなぁ。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ソバッソ店長

Author:ソバッソ店長
城跡に行きてえ。城下町に行きてえ、山城に行きてえ。。。
と、日々悶々と過ごしている30'sです。

京都市在住で聚楽第跡の上で生活(ていうても洛外ですがね…)しているので、「平安京→秀吉さんの作り上げた聚楽第→家康が完成させた現代の京都→現代に続く。。。」を日々通勤時やらフォレスターでのドライブやらチャリンコやらで、フラフラと動いております。

●城跡
●城推定地
●縄張り図
●城下町
●遠征先のメシ
○ときどきパン屋
などをアップしていきます。

皆さまの城めぐりライフの、良きお供になることが出来れば幸いです。

最新コメント

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
729位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
141位
アクセスランキングを見る>>

カウンター