fc2ブログ

記事一覧

大和 高取城跡⑨ ~三ノ丸から吉野口門~

①三ノ丸から侵入@高取城跡
高取城跡の記事、いよいよゴールが見え始めた。

ここまで散策4時間
そろそろお腹が減ってきた頃
オニギリが食べたいと、某アプリにて呟いていたのがちょうどこの頃。

吉野口郭を目指して、まだもう少し頑張りました。
三ノ丸から芋峠方面へ進みます。
またヤブですわ。

このレベルなら平気になってきました。



⓪吉野口郭@高取城跡
パンフ縄張り図です。
先ほどの隠し郭から見た一段下の郭、吉野口郭を目指します。



②先ほどの藪を越えると平坦地@高取城跡
藪を抜けると平坦地。
三ノ丸になるのかな

井戸あります。



③下る。道はいい@高取城跡
奥に進むと、ここから細い下り坂になります。

2,3km?
そんな歩いたんかなぁ



④吉野口郭@高取城跡
吉野口郭です
広い。



⑤一段上の隠し郭@高取城跡
一段上の隠し郭。
この高さは飛び降りられないでしょ

やめといて正解やったわ。



⑥井戸多いね@高取城跡
井戸多いね



⑦石垣がここにも@高取城跡
こんな端っこの郭にも石垣。



⑧石垣が続く@高取城跡
おお
ここにも石垣。

スゲエっすな。
徹底して石垣。



⑨石垣が続く…@高取城跡
この頃には、もう石垣への興味は薄れ始めていました。
やっつけ仕事で撮影した石垣。



⑩食い違い虎口@高取城跡
そんなときに出てきた食い違い虎口。
メッチャ嬉しかったですよ。



⑪石垣が続く…ってか、壁は全部石垣よね@高取城跡
石垣から木が生えてる。

時が経ったんですね。
廃城あるある



⑫そらそうやわな@高取城跡
だよね
こんだけ石垣から木が生えてたら、そういわれるって。

しかしホント石垣多いね。

あ、分かりますかね?
記事を書いていても、写真にだいたい石垣が出てきているから、感嘆を表現できなくなってきています。

だからなんでもほどほどがいい。

ウニ丼の件りは書いたからなぁ…
フォアグラも食べ過ぎるとくどくなる…

これでどうでしょう…



⑬吉野口門の石垣@高取城跡
どうぞフォアグラでお許し下さい。
いいたとえ思いついたら、しれーっと差し替えておきます。

公文書偽造なんかよりも罪は軽い軽い


これはいい写真ですね
石垣という石垣から木が生えてきてる。

コレ、なんか怖いな。。。
吉野口門です。



⑭一段上の隠し郭、縦石垣に合流@高取城跡
コレ、⑧の記事で紹介した隠し郭の端っこですわ。
ここのヘリもこんなに石垣やったんですね。

上からやと分からんかったわ。
しかし、あそこにズラッと兵隊が並んでいるところを想像してみて下さい。

なかなかの高さにいますので、ここからは完全に太刀打ちできません。



⑮看板あるのでここまでなら迷わないよ@高取城跡
吉野口門から進んだ場所です。
看板があるって事は、まだ進めるって事やんね?
しかし本丸から500mしか進んでないってかい。



⑯多分、一条目の竪堀@高取城跡
吉野口門の周辺斜面には竪堀が二条入っています。

その一
ゴミ捨て場みたいな竪堀

竪堀はだいたいどこの城跡に行っても、ヤブか伐採した木を捨ててあります。
なんでやねん
カッコいいのに、竪堀。

この城跡もあまり期待できないですかね。



⑰二条目の竪堀、石垣で補強@高取城跡
とか思ってたら、エグイの出てきました。

二条目の竪堀です。
3mくらい幅あるかな。
しかも左側、竪堀を石垣で保護してある。。。
コレ登り石垣じゃねぇの?
高取町さんよぉ、返事してくれよぉ



⑱竪堀の石垣から伸びた縦石垣@高取城跡
そしてこの竪堀、なんと上の斜面にも伸びているんです!!
この感じ、やっぱ登り石垣やと思うんやけどなぁ
(でも正式にはわからんので、やっぱり縦石垣と呼びます)

しかも
しかもしかも!
右奥に伸びた縦石垣、上の方で左に移動して、さらに上に伸びていくという、素晴らしく技巧的な防御設備なんです。
ここは散策済いやけど、もう一回見たい。
今度は斜面を登りたい
登って上から全容を撮影したい。

カッコよすぎる



⑲登り石垣じゃねえの?@高取城跡
アングルを変えて竪堀を撮影。

ヤバイ、カッコよすぎる



⑳吉野口門@高取城跡
さて石垣に飽きたとかいいながら、結局石垣にフォーカスしてるやん
と、ツッコミを入れたくなる写真の出し方でした。

いや登り石垣と竪堀は中世山城遺構ですよ。
あれは土エッセンスやわ。


今度は吉野口門の上にご注目を
あそこ、堀切で断ち切ってますがな。

多分、本丸の南東側がアレです。
って事は、主郭部からどこか降りる場所があったハズなんです。
いやー見落としたわ。



㉑背後の堀切@高取城跡
ちょっと場所を変えて撮影。
見事に堀切。

こんなキレイな堀切、高取城跡にきて初めて見たわ。
つまりこっち方面は、侵入を簡単に許させない何かがあるんでしょう。
当然、本丸に侵入させたくないから、ここは断ち切らないといけないのはもちろんです。
ここと、さっきの門を押さえるために、隠し郭があったんやな。

納得。
城郭はクリエイティブ
必ず理由がある

いやぁいい堀切だわ
土エッセンスたっぷり。



この記事はこれでおしまい

とうとう記事はあと二つ。
芋峠を奥へ奥へ進んでいきたいと思います。

ではでは

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ソバッソ店長

Author:ソバッソ店長
城跡に行きてえ。城下町に行きてえ、山城に行きてえ。。。
と、日々悶々と過ごしている30'sです。

京都市在住で聚楽第跡の上で生活(ていうても洛外ですがね…)しているので、「平安京→秀吉さんの作り上げた聚楽第→家康が完成させた現代の京都→現代に続く。。。」を日々通勤時やらフォレスターでのドライブやらチャリンコやらで、フラフラと動いております。

●城跡
●城推定地
●縄張り図
●城下町
●遠征先のメシ
○ときどきパン屋
などをアップしていきます。

皆さまの城めぐりライフの、良きお供になることが出来れば幸いです。

最新コメント

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1082位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
185位
アクセスランキングを見る>>

カウンター