fc2ブログ

記事一覧

大和 高取城跡⑧ ~主郭から吉野口郭の一段上、隠し郭へ~

①主郭から隠し郭へ@高取城跡
晩メシの親子丼食べ過ぎた…
カレーと丼ぶりは絶対に食べ過ぎて苦しくなるから、いつも後で後悔するんす。
でも食べ過ぎちゃう。つまりバカなんすよ。

こんばんわソバッソです。
昼間の腹痛はやや癒えてきました。きましたが今度は食べ過ぎるという、おバカスパイラルに陥っています。

さて
ここからの記事は気合が入ります。
だって一番面白かった場所なんですもん。

さぁなかなかの斜面を攻めますよ。



⓪本丸から吉野口隠し郭@高取城跡
縄張り図の「本丸虎口」の「本」のすぐ上に虎口があるでしょ?
あそこから降りて、上に進んだ郭を散策します。

ココは、他の郭から完全に独立しており、接続できるのはオープニングの画像の虎口のみです。
縄張り図には名称が書いておらず特定できないので、この記事では隠し郭とでも呼ばせて頂きます。



⓪縄張り図拡大
実はもう一枚、縄張り図をもっているのですが、ここの中央にデカデカと広がった郭に行きます。
ね、完全に独立しているでしょ?

てことは、ここは重要な場所やったんでしょうね。
何ででしょうね?

吉野口郭と吉野口門を上から狙撃するための場所やからですかね?



②斜面を横方向への進行を阻害する縦石垣@高取城跡
ではさっそくルートをご紹介

まず最初の虎口を降りた先はこんな景色です。
中央左側の太い木の間を通り抜け、縦に伸びた石垣を越えて右側へ進みます。

この縦に設備された石垣…
登り石垣?
確かに横方向への進行を阻害しているので、用途は登り石垣なのだが…

高取町に問合せましたが、返答なし
他の行政にあたってみます。
.
とりあえずココでは縦石垣とでも呼んでおきます。



③腰郭@高取城跡
越えると散策しやすく、というか
土が崩れないように、かな
整備してくれています。

こんなところ入るアホいないっすよね。
そのアホです。
ありがとう。



④櫓台を見上げる@高取城跡
下から、侵入した虎口の櫓台を見上げます。
おっとこんな場所もしっかり石垣。
端っこは埋もれてきていますね。



⑤腰郭を進む@高取城跡
また出てきました腰郭
狭いなぁ

そして右側は石垣がズラリ



⑥埋もれた石垣@高取城跡
こんな感じですわ



⑦藪を掻き分けて進む@高取城跡
こんな狭い斜面がヤブってくるんやから、進むのツライですねぇ
でも進みます。



⑧親指のあたりにいます@高取城跡
今、たぶん親指のあたり。

コレはたぶん、林業のおじさんの手だね。



⑨吉野口郭を見下ろす@高取城跡
一段下に広がる吉野口郭。
あとで行きます。

右奥が吉野口門の方面



⑩埋もれた石垣2@高取城跡
埋もれてます。

なかなかいい感じですね。
廃城感満載。

でも掘り返してほしい。



⑪この石垣が吉野口門に接続しているのでは?@高取城跡
端っこ。
石垣が下に流れていくみたい。
石垣の滝だわ。

コレね、吉野口門から上に伸びる縦石垣に接続する気がするんです。
ここから奥は進めませんでした。
そして、僕たちは、ここから一段降りて、吉野口郭に接続できないか探してみましたが、飛び降りるには厳しい高さだったため、諦めて侵入した虎口に戻る事になります。



⑫吉野口郭を目指して直下@高取城跡
降りられそうなんすけどね。
この先は崖、3mくらいかな
飛ぶにはリスクあります。
そして結構な斜面。

トレッキングシューズでお願いします。
スニーカーはたぶんムリ。


ちなみに
二人は縦石垣に沿って下に行動するしか方法がなくなります。
登り石垣も同様の役割なのですね。



⑬縦石垣に阻害される@高取城跡
縦石垣。
この斜面の中、これを越えて奥に進むのは至難の業

カッコいい



⑭縦石垣@高取城跡
下から撮影

カッコいい



⑮縦石垣、木がスゲエ角度@高取城跡
引いて撮影

カッコよすぎる!!!!


そして木の伸びる角度がスゴイ


30代の角度はこんなモンか



⑯石垣がスゲエ@高取城跡
ゴホン


さて侵入した虎口に引き返します。
振り返るとこんな景色。

石垣がスゲエ

あれ?
平坦地はどこにあったんやろう…
あれ?
あれれ?

これは再訪時に探さなアカンなぁ。。。



ここはこれでおしまい。

ではでは



僕もそろそろあの角度になるのかなぁ
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ソバッソ店長

Author:ソバッソ店長
城跡に行きてえ。城下町に行きてえ、山城に行きてえ。。。
と、日々悶々と過ごしている30'sです。

京都市在住で聚楽第跡の上で生活(ていうても洛外ですがね…)しているので、「平安京→秀吉さんの作り上げた聚楽第→家康が完成させた現代の京都→現代に続く。。。」を日々通勤時やらフォレスターでのドライブやらチャリンコやらで、フラフラと動いております。

●城跡
●城推定地
●縄張り図
●城下町
●遠征先のメシ
○ときどきパン屋
などをアップしていきます。

皆さまの城めぐりライフの、良きお供になることが出来れば幸いです。

最新コメント

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
729位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
141位
アクセスランキングを見る>>

カウンター