fc2ブログ

記事一覧

大和 高取城跡⑥ ~三ノ門から横垣郭~

①三ノ門から二ノ門へ@高取城跡
ガス点検終了ー

雨は小降りなれど継続して降り続く。
BGMをThe Supremes「Anthology」へ変更
ダイアナ・ロスさんが在籍したモータウンを代表するグループですね。

この手の音楽をキライな人間がいれば、それはもはや人間じゃない
と言い切りたいくらいのいい楽曲盛だくさん。


こんにちわ
ソバッソです。
驚異的な集中力で、今日だけで3つ記事を書きましたが、まだゴールの気配が出てきません
だってここからはとうとう大手道から逸れて、峠を抑える防御設備を散策に行くってんだから。
僕たちは二ノ門を通り、横垣郭なる場所まで散策に行きます。



⓪ニノ門から横垣郭へ@高取城跡
同じみパンフ切り取り画像です。
横垣郭はどこ?
実はとうとうここからはみ出しました笑

猿石ってところから、左に左にびよーんと伸びた先に、横垣郭が出てきます。



⓪ニノ門から横垣郭へ(赤色立体図)@高取城跡
そして、初登場です赤色立体図
これ、実はパンフに載っています。
こんなマニアックな情報を載せちゃう高取町さん、一体何が狙いなんだろう。。。
しかしこの図にテンション上がった我々一行。
まんまと高取町さんの思惑(?)にハマり、散策に行きました。



②どこやろう…ニノ門跡かなぁ@高取城跡
まずは二ノ門の遺構を載せますね。
多分二ノ門の石垣だと思いますが…



③ニノ門虎口@高取城跡
ニノ門虎口です。
登って撮影しました。すぐ登る。。。

右奥が山城には珍しい水堀跡です。



④ニノ門水堀@高取城跡
結構な水量でしょ?
こんなんが山の中にあるんすね。スゴイわ。

そして撮影場所はニノ丸虎口を少し過ぎた場所になりますが、当時は足元まで水が来ていたようです。
撮影側が崖なんですが、おそらく自然にそこに排水していたのではないか?と考えてます。

って事は、先ほどの虎口からは水を渡らないといけないんすね。



⑤水堀の石垣@高取城跡
水堀の石垣
主郭側に向いた方向です。

出ましたここも石垣。
まぁ、ここは玄関みたいな場所ですからね。
そら豪快に石垣で組んであったら、敵も「えーっこんなとこ攻めるんイヤやで」ってなりますね。

豪華な門構えの大豪邸に、キャッチボールしてたボールが入ってしまって、ピンポン押して取らせてもらうん、気が引けますよね。
絶対怖いオッサン出てくるって思うよね。
いやぁ嫡男、、マジでやんなよ。
想像しただけでいややわ。



⑥左は水堀、土の通路部分は後世か@高取城跡
コレはいい写真だ。
撮影場所から先の虎口まで、木橋が架かっていたと想像して下さい。

左側は水堀
右側は崖

右側には排水したであろう跡がある…ハズ…
見てないんすよ。
次見てきます。



⑦猿石。左を下れば一升坂、右は横垣郭へ@高取城跡
コレは有名な猿石です
近所の明日香村からも同じもの見つかったらしいですね。

誰がなんも目的で作ったんでしょうね

左に下れば大手道、黒門跡、つまり城下町まで行けます。
が、まだまだ道のりは遠い。


そしてワークマン¥2,800-のウインドブレーカーを着た林業のオジサン(本業は違うよ、大手会社人事部)が指しています通り、右奥に進みます。



⑧横垣郭への接続路。右高台は郭と切岸@高取城跡
ここからはミミズみたいに左に伸びた場所ですね
ちなみに高台の上は平坦地、先ほどの水堀の場所から登ればこの上に取り付きます。
取り付きますがオススメしません

降りられる場所が見当たらなかったので、やめておいた方が無難かと。
多分ヤブやし



⑨切岸。グレートウォール@高取城跡
コレも好きな写真
グレートウォール

切岸の高さを出すんって、難しいんすよね。
単純やけど、やっぱ高さって強いすね。あんな上に敵がいたら倒せへんもんね。



⑩10分くらい平坦地を歩く@高取城跡
このままダラダラ平坦地が続きます。
10分くらいかな。



⑪横垣郭の入り口(城域側から)@高取城跡
おお

おおおお

とうとうおかしな場所へきてしまった。
このヤブを抜ければ、横垣郭の入り口です。

足元をご覧ください
笹がたくさんあるのお分かりですかね
竹が茂っています。
滑りやすいです。
そして、タケノコを掘ったであろう穴ぼこが、そこらかしこにありまして、散策の際は捻挫に気を付けて下さい。

こういうときはハイカットのトレッキングシューズがうれしいですね。
僕のコロンビアのシューズ、とうとう4年目に突入しました。
そして最近は、通勤時にも履いています。雨でも対応できるので。
すり減ってきたから、来シーズンに向けて新調しようかと…



⑫下の郭を狙い撃ち@高取城跡
下の通路を狙い撃てます。

しかし、この下の通路は当時からのものなんかな?
あまりにも平坦で歩きやすくなってるねんな。

ハイキング道として整備されたものかな?



⑬こんなところにまで石垣@高取城跡
横垣郭内のどこかです。
石垣出てきましたね。

この辺は、どういった設備なんやろう。
赤色立体図をみていると、横垣郭から左側が、段々段々と細い郭が無数に並んでいるように見えなくもないです。
段々畑みたいに見えるわ。

一番上は居館スペースとかで…
以降下は農業スペース?
確かに段々と同じ方向に谷筋は入っているので、水の手はあったのかもしれませんね。

まぁ、推測の域を出ませんので、真相を知りたいお方は然るべき機関へどうぞ。



⑭掻き分けて進みます@高取城跡
ホンマにこんなとこ掻き分けて進んだんやな
写真見て引くってなかなかやで



⑮ハイテクでしょ@高取城跡
僕たちはようやくここにきました。

林業のオジサン持参のiPadを駆使して現在地確認中。
えげつない場所まできたなぁ。



⑯広い平坦地@高取城跡
平坦地に出てきました
ようやく横垣郭の主要部です。



⑰右は崖、左は崩落したのかな?@高取城跡
平坦地のてっぺんへ
右側が崖、赤色地図の東側と思います。

左側が、5m程度ボコンとへこんでいるんです。
最初は土橋かなぁとも思ったんですが、ここに土橋を作るメリットが見えないので否定。
オジサンは、崩落しただけでは?つまり本来は今立っている場所から左に平坦地が広がっていたんではないか?との見解。

オジサン、それ採用。



⑱この看板見たときはどん引きだったわ@高取城跡
どこでしょう?

ご興味ある方は、記事④に出てくるハイキング看板で照合してみてね



⑲二ノ門付近の看板@高取城跡
とか言うて
次の画像で説明できたやん

画像の現在地から、上に尾根筋を進んだ先が広く平坦になってますよね?
これが横垣郭。
そして恐ろしい事に、この郭からさらに尾根伝いに平坦地が方々に伸びています。
一体どこまで散策すれば、この城郭の踏破をする事が出来るのだろうか



⑳矢場門に戻る。明るくなった。@高取城跡
なんて引きながら、矢場門グレートウォール郭に戻ってきました。
完全に日が登りましたね。

そういえば、ここまで散策して3時間弱。
いまだ主郭には辿り着きません。。。


おしまい。


次あたりかなぁ
そろそろ主郭かなぁ


ではでは

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ソバッソ店長

Author:ソバッソ店長
城跡に行きてえ。城下町に行きてえ、山城に行きてえ。。。
と、日々悶々と過ごしている30'sです。

京都市在住で聚楽第跡の上で生活(ていうても洛外ですがね…)しているので、「平安京→秀吉さんの作り上げた聚楽第→家康が完成させた現代の京都→現代に続く。。。」を日々通勤時やらフォレスターでのドライブやらチャリンコやらで、フラフラと動いております。

●城跡
●城推定地
●縄張り図
●城下町
●遠征先のメシ
○ときどきパン屋
などをアップしていきます。

皆さまの城めぐりライフの、良きお供になることが出来れば幸いです。

最新コメント

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
729位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
141位
アクセスランキングを見る>>

カウンター