fc2ブログ

記事一覧

大和 高取城跡③ ~二ノ丸下櫓台~

①大手へ向かう食い違い、に向かわず石垣に沿って右へ@高取城跡
チョコミントアイスがうめぇ

こんばんわ
ソバッソです。
②の記事で書きました通り、妻氏が懐妊しまして、つわりで絶不調のため、僕が若干洗濯したり嫡男を寝かしつけたりしてます。
今日は調子が良かったみたいで、嫡男を寝かしつけてくれました。
おかげで洗濯機を回す間に時間が出来たので、録画したバレーボールを観ながら(厳密には解説を聞きながら)記事を書いております。


今回の記事は、高取城跡③二ノ丸下の櫓台を散策してきました。
この画像を奥に進めば大手門方面なのですが、そこは我々、真っすぐ主郭を目指すようなマトモな城攻めはいたしません。
端っこを丁寧に丁寧に散策して、高取城跡の魅力発信を致します。



⓪壷坂口郭@高取城跡
縄張り図でいうところの、壷坂口郭から細く上に伸びる方向が、先の画像の向きでして、僕たちは右に石垣に沿って進みました。ここは搦手の物見櫓のような役割やったんでしょうか?



②崖の向こうは壷坂口郭@高取城跡
さ、魅力発信します。

おぉ
おぉおぉ
これまた見事なヤブでございますな。
この石垣の向こうが壷坂口郭になっておりまして、右に進めば最初の画像の石垣です。
僕たちは左側へ、つまりヤブの中へ進んでいきました。

ここもヤブ刈ってほしいんやけどね
高取町、いかんせん町やし予算ないんかもね。



③櫓台を目指す@高取城跡
あ、思ったほどヤブってないですね。
奥にどでかい斜面が見えますかね??
アレ、全部石垣です。
いやマジやで。



④地形に沿った、湾曲した石垣@高取城跡
ここは「壷坂口郭」編で紹介した、谷なのか堀切なのか、の場所の真上です。
縄張り図でいうところの、「門」から等高線二本上の曲線になった石垣部です。

見事に曲線に並んでるでしょう?
この石垣は、自然地形の谷筋に沿って作られたのか
はたまた櫓台と壷坂口郭の往来を制限する目的で谷間を延長させたのか
どっちでしょう?

それにしてもスゴイ技術力。



⑤左は二ノ丸@高取城跡
縄張り図の、先ほどのカーブした石垣群から上に位置する場所の石垣です。
つまり画像の石垣をよじ登れば、二ノ丸へたどり着く形になります。

ココの城郭、石垣の上には必ず土塀が乗っかっていたそうです。

明治期の古写真がパンフ記載されています。それをみてイマジネーションを膨らませてみて下さい。
石垣を登り切ったところに、垂直の2mほどの土塀が平行にズラリ

侵入できませんでこんなもん



⑥左はニノ丸、右は櫓台@高取城跡
左が二ノ丸方面で、右下が櫓台です。
ここから櫓台の方へ取り付きます。



⑦櫓台腰郭@高取城跡
櫓台とヘリの間を歩いて、右奥へ向かってます。



⑧櫓台を見上げる@高取城跡
下から見上げた櫓台。
結構な高さあるんですよ。

いやー立派。



⑨櫓台下の段郭@高取城跡
櫓台から下を向いて撮影。
なんか段郭みたいにデコボコしてます。

城域の端っこやから、郭を構えて防御していたと考えてもなんら不思議ではないです。
この遺構を見つけたあたりで、この城跡は石垣だけじゃないってビビビときました。

はぁ、土エッセンスが出てきてウットリ



⑩櫓台暗部かな@高取城跡
コレ、先ほどの段郭どうこうと言うていた場所の内側なんですがね、コレなんでしょね?
暗部なんかなぁとか言うてましたが、詳細は分からんです。

分からんですが、なんか知らんカッコいい。



⑪一段下、腰郭?犬走り?@高取城跡
櫓台石垣の一段下です。
もうすぐに一段下がったり上がったりしちゃうんだからぁ

腰郭になるのか
犬走りになるのか

しかし犬走りって、いいネーミングセンスよね
なんともまぁ締まらないこと



⑫瓦@高取城跡
瓦を発見。
発見ってか…
コイツら、そこら中に無造作に置いてあります。

これが、明治までココに城郭が確かにあった証拠なんだそうです。
当時の瓦やと思うと、なんか、ココに確かに人がいたってのがヒシヒシと伝わってきます。

持って帰ったり、割ったりしたらあきませんよ。



⑬櫓台に取り付く@高取城跡
ホラ、すぐに一段上がったり下がったりするぅ

でもこの櫓台は登りたくなる。

ゴツゴツでカッコいいです。




⑭二ノ丸右側@高取城跡
櫓台の上に登った我々は、一段登った場所から開けた景色でも撮るのかと思いきや、またヤブが気になりました。
櫓台の一番右上に位置し、二ノ丸右上の石垣を眺めています。

この画像で見るだけでも、相当な高さがあることが分かりますが、その下はさらに崖になっており、取り付く事はほぼ不可能ではないかと思います。

んで、縄張り図を見てると、ここの真下あたりに、七つ井戸って場所があるんですよね。
つまり、そういう事ですわきっと。
搦手の監視と、水の手をまもる為との目的で、ここの櫓台が存在しているんではないでしょうか。

そう考えると、ココは本丸の次に守りたかった場所なんでしょうかね。
水がないと籠城できませんからね。



⑮二ノ丸石垣@高取城跡
二ノ丸下、隅部の石垣です。
算木積になってますね。

ってか、このコケ感がたまらん。
って思うでしょ?
いや、もう石垣見過ぎてそんなんどうでもええわってなります。

ウニ丼はちょびっとやから美味い。
石垣もちょびっとやから美しい。



⑯奥を右に曲がれば大手門@高取城跡
元の場所に戻ってきました。

奥を右に曲がれば大手門跡。
この城跡のメインで、観光客がワイワイしている場所になります。



と、これで櫓台の記事は終わり。
洗濯がちょうど出来上がりましたので、今から干してしまって、そのまま寝ます。


ではでは

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ソバッソ店長

Author:ソバッソ店長
城跡に行きてえ。城下町に行きてえ、山城に行きてえ。。。
と、日々悶々と過ごしている30'sです。

京都市在住で聚楽第跡の上で生活(ていうても洛外ですがね…)しているので、「平安京→秀吉さんの作り上げた聚楽第→家康が完成させた現代の京都→現代に続く。。。」を日々通勤時やらフォレスターでのドライブやらチャリンコやらで、フラフラと動いております。

●城跡
●城推定地
●縄張り図
●城下町
●遠征先のメシ
○ときどきパン屋
などをアップしていきます。

皆さまの城めぐりライフの、良きお供になることが出来れば幸いです。

最新コメント

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1082位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
185位
アクセスランキングを見る>>

カウンター