fc2ブログ

記事一覧

近江 宇佐山城跡① -織田さん、京への最後の砦。ガチガチの防御が生々しい- @城跡行きてぇ 滋賀県大津市

①近江 宇佐山城跡@城跡行きてぇ:滋賀県大津市
年末だからーあぁー
僕らの街にー
今年も雪がふるー

今週は寒いらしいっすね。
この山中越えの峠道も、もしかしたら凍結or積雪するかもですねぇ。
コワイコワイ。いやだいやだ。


ここは琵琶湖霊園
ペットの墓地らしいですが、詳しくは知りません。

ソバです。
今回は本業の廃城巡り。
いや、もはやパン屋めぐらーが本業かもしれない。

滋賀県の大津市
京都市左京区の北白川から、「田ノ谷峠」なる、いわゆる山中越えっていう峠道を走ること30分
滋賀県側に入ると、琵琶湖の絶景ポイントにさしかかるワケなんです。



⓪国土地理院 広域
国土地理院より引用加筆

今回の廃城はコチラ
宇佐山城跡でございます。

峠道が黄色いライン
こちら、昔の道だと思うのですが、
この北側には壺笠山城跡という、浅井・朝倉連合軍の拠点があるんです。
そうなんです。信長包囲網のあの時代、京都へ進軍していた織田軍の補給路を絶つために、
この辺の街道を迎撃しようとして、抗争を広げていたらしいんです。


黄色だと、壺笠山城跡からの影響をうけるので、宇佐山の南側に、京都への街道を回しちゃったってんだから
そら一大プロジェクトなんですよ。
ってか、ここ取られたら、後は浜大津~逢坂山~山科村~三条大橋
このルートしか京都への道がなくなるんですよね。

かなり大事なんですよこの城跡。



②近江 宇佐山城跡@城跡行きてぇ:滋賀県大津市
バス亭。

峠道やけど、アクセスしやすいかな。
僕らはクルマでアクセスしたけど。
駐車スペースは・・・
自己責任で。。。



③近江 宇佐山城跡@城跡行きてぇ:滋賀県大津市
この辺をあんな感じで入ります。

自己責任で。。。



④近江 宇佐山城跡@城跡行きてぇ:滋賀県大津市
多分、NHKの私有地を通る恰好になると思うので、、、
道中は掲載を差し控えます。

見下すと多分あの辺がペット霊園。



⑤近江 宇佐山城跡@城跡行きてぇ:滋賀県大津市
山頂に機材やらを運ぶモノレールでしょう。

コレはコレでテンションあがる。



⑥近江 宇佐山城跡@城跡行きてぇ:滋賀県大津市
それを通り過ぎると、こんな感じの斜面に。
突き当りに尾根があるので、あとはそこをガシガシ登る感じです。

ちなみに道はしっかりしてるので、ラクショーっす。



⑦近江 宇佐山城跡@城跡行きてぇ:滋賀県大津市
城跡北西側の尾根。

高田徹さんの書かれた縄張り図だと、この辺に段郭が表記されています。


僕も実際に入りましたが、きっとそうだと思います。
この下、つまり画像左上は谷筋で、壺笠山城跡方面の当時封鎖された峠道に繋がります。
なので浅井・朝倉連合軍が峠から来る場合は、この尾根に取りつくでしょう。

だから防御は必須ですね。



⓪国土地理院 拡大
国土地理院より引用加筆

さっきのを拡大。

今回は公式な縄張り図が用意できていなかったので、
パン師匠が用意して下さった書物の縄張り図を参考に散策。
なので著作権があるから、縄張り図はアップしていません。

まぁでも、等高線でだいたい分かるから、
国土地理院だけで十分散策できますよ。
ココはわかりやすい。



⑧近江 宇佐山城跡@城跡行きてぇ:滋賀県大津市
あ、そうそう
この日、いつもお世話になっているパン師匠と、初めて廃城巡り。
普段はパンの情報交換がメインなんですが、この方もれっきとした廃城めぐらー
そしてかなりイケるクチ。

お世話になってまーーーす
また行きやしょうね。


本題に戻りましょう。
Ⅲ郭西の切岸
往時はもっと鋭角だったんでしょう。

けっこう、戦闘力を感じます。



⑨近江 宇佐山城跡@城跡行きてぇ:滋賀県大津市
虎口でしょうね。

左がⅢ郭。
右がⅠ郭。

平虎口ですが、ヤル気マンマンですね。



⑩近江 宇佐山城跡@城跡行きてぇ:滋賀県大津市
Ⅲ郭切岸



⑪近江 宇佐山城跡@城跡行きてぇ:滋賀県大津市
さっきの虎口。
別アングル




⑫近江 宇佐山城跡@城跡行きてぇ:滋賀県大津市
進入。

広い広い堀切。
堀底道?


左がⅢ郭
右がⅠ郭


今、両方からタコ殴りにされているんでしょう


⑬近江 宇佐山城跡@城跡行きてぇ:滋賀県大津市
ん?

どこの写真やろう・・・

でも、コブっとしてますな。



⑭近江 宇佐山城跡@城跡行きてぇ:滋賀県大津市
この道を進めば、宇佐八幡宮からの登山道に入るらしい。

この道は搦手なんかな?
竪堀でⅡ郭帯郭からアクセスできるようになっており、ガッチリ守ってる感じもあります。



⑮近江 宇佐山城跡@城跡行きてぇ:滋賀県大津市
多分、Ⅰ-Ⅲ間の竪堀



⑯近江 宇佐山城跡@城跡行きてぇ:滋賀県大津市
さて有名な石垣を探しに行きましょう。

右にある階段を登れば、もう一気にⅠ郭。
でもそこは僕
そんなズルをせずに、しっかり横矢を体感しながら進むワケです。



⑰近江 宇佐山城跡@城跡行きてぇ:滋賀県大津市
法面



⑱近江 宇佐山城跡@城跡行きてぇ:滋賀県大津市
Ⅰ郭北東下段の帯郭

ここは塹壕っぽく若干掘れているようで、武者隠し的な役割になっていたらしい。

薄いっすね。。。



⑲近江 宇佐山城跡@城跡行きてぇ:滋賀県大津市
とかっていうてたら!!!!

出た出た!!!

一気に存在感のある石垣遺構が出現!!!


やっぱ山中に残る野面の石垣
問答無用でカッコいいんだわ。

宇佐八幡宮から登ってきたヤツを、視覚的にアピールできる位置に配備したらしい。
しかもそこに横矢をかけられるようになってるし。

やっぱカッコいい防御設備は、防御がカタイ。




てな感じでございます。
①はここまで

次も横矢をくらいながら散策。
まだまだ遺構がたっぷり。



では②でお会いしましょう。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ソバッソ店長

Author:ソバッソ店長
城跡に行きてえ。城下町に行きてえ、山城に行きてえ。。。
と、日々悶々と過ごしている30'sです。

京都市在住で聚楽第跡の上で生活(ていうても洛外ですがね…)しているので、「平安京→秀吉さんの作り上げた聚楽第→家康が完成させた現代の京都→現代に続く。。。」を日々通勤時やらフォレスターでのドライブやらチャリンコやらで、フラフラと動いております。

●城跡
●城推定地
●縄張り図
●城下町
●遠征先のメシ
○ときどきパン屋
などをアップしていきます。

皆さまの城めぐりライフの、良きお供になることが出来れば幸いです。

最新コメント

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1082位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
185位
アクセスランキングを見る>>

カウンター