fc2ブログ

記事一覧

丹後 宇谷城跡① -登り10分、散策1時間、IC近くの優良物件でございます- @京都府舞鶴市 城跡行きてぇ

①丹後 宇谷城跡@城跡行きてぇ
ソバです。

あぁ
やっと本業?の城跡ブログを書くことができた。。。
いつの間にかパン屋記事が150件に迫っとる。。。


久々のエロカ氏
6月から会ってへんから、4か月ぶりか。
最近、僕らが一緒に動くときは、
彼が京都市のホテルに泊まり、朝イチで僕が迎えに行き
そのまま丹波・丹後方面の廃城へ向かいます。
今回もそのクチ。



②丹後 宇谷城跡@城跡行きてぇ
エロカ氏撮影
画像提供ありがとう。

京都縦貫
ここは舞鶴大江インター付近。
今回、僕らは舞鶴市の由良川沿いに点在する廃城を散策しに動きました。
京都市から一時間半かな、便利になったもんですわ。



③丹後 宇谷城跡@城跡行きてぇ
宇谷



④丹後 宇谷城跡@城跡行きてぇ
今回、第一発目はコチラ
宇谷城跡でございます。

宇谷会館を目標に設定
あちらの位置に駐車させていただきました。

そしてその裏山が、今回の城山です。



⑤縄張り図 京都府中世城館跡調査報告書より 転載・複製禁止 @城跡行きてぇ
宇谷城跡 縄張り図
京都府中世城館跡調査報告書より
転載・複製禁止


竪堀と横堀がなんでしょう
ありえへん交わり方してますね
丹波、丹後の竪堀文化はホント面白いね。

ムダに作り過ぎるというか
迎撃プランが不明瞭な程に竪堀を作るというか
装飾性が高いんでしょうかね。



⑥丹後 宇谷城跡@城跡行きてぇ
今回はゲストが一名

兵庫からやってきました、イギやんです。

以前、一緒に兵庫県丹波市の朝日城跡を一緒に登った方です。
http://sobasso1739.blog.fc2.com/blog-entry-376.html



⑦丹後 宇谷城跡@城跡行きてぇ
ガムテープ多量に使いがち

イギやんのダニ対策。
足元についても、あのガムテープで滑って落ちるって寸法だそうです。
「おぉー賢い」
なんてこのときはいうていましたが、
下山後に、あのガムテープにしっかりダニがついていたっていう話です。

ダニ対策は、スプレーちゃんと振って
できるだけツルツル生地の服を着て
下山後、可及的速やかにダニチェック
コレが一番の対策です。



⑧丹後 宇谷城跡@城跡行きてぇ
国土地理院より引用

場所はコチラ



⑨丹後 宇谷城跡@城跡行きてぇ
では登りましょう。

某アプリに書いてあったクチコミの登り口がコチラ



⑩丹後 宇谷城跡@城跡行きてぇ
祠への道なんかな
しっかり登れるように整備されています。



⑪丹後 宇谷城跡@城跡行きてぇ
が、、、


こんな感じでビニールテープでグルグル規制

いやー
この状態で入るのははばかられるっしょ。
てことで引き返します。



⑫丹後 宇谷城跡@城跡行きてぇ
引き返したら、朝7時やのに地元にお住まいのお若いチャリダーさんお二人に出会いました。
お声かけさせていただきましたところ、登り口を教えて頂きました。
チャリダーさん、ホントご親切にありがとうございました。

防火用水の貯水プールかな?
の付近から、こちらの狭い斜面に取りつき、後は斜面に従って登っていきます。

思いっきり民家というか私有地の脇なんで、知らなかったら登りニクイっすよね。



⑬丹後 宇谷城跡@城跡行きてぇ
振り返るとこんな感じ。

入りにくいっすよね。



⑭丹後 宇谷城跡@城跡行きてぇ
麓から10分弱登る。



⑮丹後 宇谷城跡@城跡行きてぇ

雰囲気出てきましたね。

多分あの高台が郭になってんでしょう。
物見的なアレかな。



⑯丹後 宇谷城跡@城跡行きてぇ
平坦地が出現

城域に突入ですな。



⑰丹後 宇谷城跡@城跡行きてぇ
散策ルート

城山の南東尾根から登ってきた形になって
平坦地に現在おるワケですな。



⑱丹後 宇谷城跡@城跡行きてぇ
竪堀

なんでしょうね。



⑲丹後 宇谷城跡@城跡行きてぇ
多分、大手がここの激斜面を九十九折れてくるんでしょう。



⑳丹後 宇谷城跡@城跡行きてぇ
あっっっ

奥に見えるのは、、、

紛れもなく堀切ってますね。


もうワクワクしかないで。
ささ、見に行こう見に行こう


えっ?
次の記事で紹介するだって?
殺生な、そんな殺生なぁ




てなことで引っ張ります。


②でお会いしましょう
ではでは
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ソバッソ店長

Author:ソバッソ店長
城跡に行きてえ。城下町に行きてえ、山城に行きてえ。。。
と、日々悶々と過ごしている30'sです。

京都市在住で聚楽第跡の上で生活(ていうても洛外ですがね…)しているので、「平安京→秀吉さんの作り上げた聚楽第→家康が完成させた現代の京都→現代に続く。。。」を日々通勤時やらフォレスターでのドライブやらチャリンコやらで、フラフラと動いております。

●城跡
●城推定地
●縄張り図
●城下町
●遠征先のメシ
○ときどきパン屋
などをアップしていきます。

皆さまの城めぐりライフの、良きお供になることが出来れば幸いです。

最新コメント

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
729位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
141位
アクセスランキングを見る>>

カウンター