fc2ブログ

記事一覧

丹後 新座嶋山城跡② -- @城跡いきてぇ

①新座嶋山城跡@城跡いきてぇ
石垣ですな。
それもけっこうズラっと。
右奥は修復されてるっぽいキレイなモンですが、正面のはけっこう古そう。


ソバです。
上は主郭。
だとすると結構な切岸になっている訳です。

思ったよりも城跡チックな2段目に、ライトな気持ちで来ていたもんで興奮してきたのがこの辺り。
ではここから廃城を愛でていきましょう。



⓪散策ルート2@新座嶋山城跡
散策ルート

帯郭?らしきルートに沿って進み、主郭の神社へと上がります。
帯郭やと思いたいですね。



②座嶋山城跡@城跡いきてぇ
奥の階段を使って主郭に行くんでしょうね。
この上は土塁表記のエリアなので、きっと横矢かけながら防御する感じなのでしょうね。



③新座嶋山城跡@城跡いきてぇ
この崩れた感じが逆にイイ

こういった整備された廃城では、
キレイな石垣は胡散臭い。



④新座嶋山城跡@城跡いきてぇ
帯郭チックな道を進む。



⑤新座嶋山城跡@城跡いきてぇ
帯郭チック

右上には土塁



⑥新座嶋山城跡@城跡いきてぇ
石垣。

これはキレイなので胡散臭い。
崩れないよう補強したんじゃないかな。



⑦新座嶋山城跡@城跡いきてぇ
歩いてきた道が見える。

木々がなきゃ視界良好でしょうな。



⑧新座嶋山城跡@城跡いきてぇ
おやっ

ここにきて折れた道っぽいのを発見。

果たして何でしょうね。

多分やけど、北北東の狭い郭への道。



⑨新座嶋山城跡@城跡いきてぇ
最初に渡った橋。

あのニーチャン、まだあそこで釣りしとる。
全然連れてへんやん。



⑩新座嶋山城跡@城跡いきてぇ
最初に見た階段に出た。



⑪新座嶋山城跡@城跡いきてぇ
登る。

お社発見。
一段下にはお地蔵さん。

ここは二段に郭化していたとしても不思議ではないですね。
だって橋を見下ろす場所ですから。



⑫新座嶋山城跡@城跡いきてぇ
主郭

キレイ。



⑬新座嶋山城跡@城跡いきてぇ
弁財天



⑭新座嶋山城跡@城跡いきてぇ
ややっ

土塁ですな。
しっかりとした土塁ですな。
こんなんあると思ってへんかったので、もう大興奮ですよ。

いやーきて良かった。


あ、しかも、右の方に開口部がある。



⑮新座嶋山城跡@城跡いきてぇ
えっ
キレイな平虎口?

こんなハッキリ残るもんなのかね?
と思ったんですが、縄張り図には開口部表記はされていないんです。

てことは後世なのかな。
この辺は謎です。
ご自身で確かめてみて下さい。



⑯新座嶋山城跡@城跡いきてぇ
先ほどの開口部から土塁を撮る。

スマホでもけっこうキレイに撮れる。


てかアレっすね
分厚いね。



⑰新座嶋山城跡@城跡いきてぇ
L字型。

システムキッチンならぬシステム土塁。
使い勝手いいんかな。

立派立派。



⑱新座嶋山城跡@城跡いきてぇ
橋に降りる階段へ戻る。

ここの開口部は後世でしょうね。



⑲新座嶋山城跡@城跡いきてぇ
あ、もう一段郭っぽい場所を発見。

この辺はわからんですなぁ。
現地で散策してみて下さい。



⑳新座嶋山城跡@城跡いきてぇ
てな具合に、ライトな気分で来た割には、しっかりと防御ラインが見えた廃城でしたので、
なかなかお腹いっぱいになりました。
丹後、一色さん対織田さんや、一色家中でのお家騒動もあったので、結構合戦してるはずなんですよね。
だから発達した城跡が多いみたい。

なんたって丹後守護。
若狭武田氏ともやり合った仲ですので、それはそれはなんてったって名家。
そんな小泉今日子、じゃないわ
丹後一色氏のお城、新座山城跡のご紹介でした。



ではでは




この後、ワカメの佃煮を食べ
温泉に入り、道の駅で動物と戯れ、家路に就く。



案外満喫してるぅーーー




おしまい
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ソバッソ店長

Author:ソバッソ店長
城跡に行きてえ。城下町に行きてえ、山城に行きてえ。。。
と、日々悶々と過ごしている30'sです。

京都市在住で聚楽第跡の上で生活(ていうても洛外ですがね…)しているので、「平安京→秀吉さんの作り上げた聚楽第→家康が完成させた現代の京都→現代に続く。。。」を日々通勤時やらフォレスターでのドライブやらチャリンコやらで、フラフラと動いております。

●城跡
●城推定地
●縄張り図
●城下町
●遠征先のメシ
○ときどきパン屋
などをアップしていきます。

皆さまの城めぐりライフの、良きお供になることが出来れば幸いです。

最新コメント

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
729位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
141位
アクセスランキングを見る>>

カウンター