fc2ブログ

記事一覧

おこめやさん -創業大正2年。ガチのお米やさんが作る、ガチの玄米粉パン。- @京都市パン屋巡り:京都市右京区

①おこめやさん@京都市パン屋巡り:京都市右京区
ソバです。

ミナミナさんから移動、サンドイッチで腹ごしらえをしてから
2軒目のパン屋さんを探します。

ここは七条通
昔ながらの旧街道のままって感じ。



②おこめやさん@京都市パン屋巡り:京都市右京区
葛野大路通を西へ渡ると、、、

ほほえみ通り
なる商店街に入ります。
ここを北へ進んだところに、今回お目当てのパン屋さんがあるらしいんですが



③おこめやさん@京都市パン屋巡り:京都市右京区
おやおや・・・

西京極駅。。。
通り過ぎたね。。。

戻りましょうねーー
果たしてどこにあったんでしょうか。



④おこめやさん@京都市パン屋巡り:京都市右京区
え??

ここ??


あのガラス戸か?



⑤おこめやさん@京都市パン屋巡り:京都市右京区
そうなんです

その名もベーカリーおこめやさん

大正二年創業
コメ騒動のあの時期に、お米屋さんされてらしたんでしょうか。



⑥おこめやさん@京都市パン屋巡り:京都市右京区
ピスタチオ?

なにやら、いろいろ気になる。



⑦おこめやさん@京都市パン屋巡り:京都市右京区
店内の画像使用は、レジの奥さんでは判断しかねるとのことなので、
撮影は差し控えました。

外観のみ使用させて頂きますね。



⑧おこめやさん@京都市パン屋巡り:京都市右京区
こういうのいいっすよねー



⑨おこめやさん@京都市パン屋巡り:京都市右京区
購入。

あ、ピスタチオ買い忘れた、、、



⑩おこめやさん@京都市パン屋巡り:京都市右京区
帰宅。

チビチビ飲みます美山牛乳


こんだけ宣伝しといたんやから、
何か見返りないかなーー。



⑪おこめやさん@京都市パン屋巡り:京都市右京区
3点購入。



⑫おこめやさん@京都市パン屋巡り:京都市右京区
タマゴ

コッペパンが、玄米粉なんですって。
モチっとしつつ、香ばしい薫りがクセになる。
そしてボリュームあるように見えて、コムギよりもライトな食感。


ペロリですよ。



⑬おこめやさん@京都市パン屋巡り:京都市右京区
カツサンド

けっこうな見た目。
でもね
これもペロリなんですよ。



⑭おこめやさん@京都市パン屋巡り:京都市右京区
ピーナッツクリーム。

みて下さい。この中身。
注文したら入れて下さるんですが、鬼のように入ってるんすよ。


でも
でも
ペロリ。

玄米コッペがいいんでしょうね。



⑮おこめやさん@京都市パン屋巡り:京都市右京区
40ポイントで玄米2キロw



⑯おこめやさん@京都市パン屋巡り:京都市右京区
場所はコチラ

葛野大路通
読めますか?



⑰おこめやさん@京都市パン屋巡り:京都市右京区
げんまい粉っぺ

っていうんですね。
さっきペロリしたやつ。


いやー美味かったっすわ。
ミナミナさんのパンを頂いた後でも、ペロリですわ。


だから太るんやなぁ。



⑱おこめやさん@京都市パン屋巡り:京都市右京区
3点で800円。


ちょっとお値段はしますが、値打ちありです。
げんまい粉っぺは是非一度お試しいただきたいっすね。


あとはげんまい食パンもありましたので、こちらも香ばし系なんかなって。
試してみたいっす。



⑲
ソバの休日

パンを食べながら
ようつべでヒロシさんのキャンプ動画を観ながら寝る


ひとり
キャンプ(動画)で
食って(パン)
寝る




休日
ダラダラバンザイ




ではでは







⑳
最後にクソ親父の日常


晩メシ
ギョーザ
50個

全部無くなりました。
僕が30個くらい食べたかな。

ギョーザって、満腹中枢を刺激する以前にパクパクいっちゃうんで、
気付いた頃には腹パンパンなってるんすよね。



でもね
これくらいの量なら


ペロリですよ。
シックスパックは夢のまた夢



夢幻のーーーー如くなりけりーーーー



敦盛
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ソバッソ店長

Author:ソバッソ店長
城跡に行きてえ。城下町に行きてえ、山城に行きてえ。。。
と、日々悶々と過ごしている30'sです。

京都市在住で聚楽第跡の上で生活(ていうても洛外ですがね…)しているので、「平安京→秀吉さんの作り上げた聚楽第→家康が完成させた現代の京都→現代に続く。。。」を日々通勤時やらフォレスターでのドライブやらチャリンコやらで、フラフラと動いております。

●城跡
●城推定地
●縄張り図
●城下町
●遠征先のメシ
○ときどきパン屋
などをアップしていきます。

皆さまの城めぐりライフの、良きお供になることが出来れば幸いです。

最新コメント

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1082位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
185位
アクセスランキングを見る>>

カウンター