fc2ブログ

記事一覧

播磨 仁位山城跡① -上月城の戦いでの付城。車で上まで行けるよ。- @兵庫県佐用町:城跡行きてぇ

⓪現地看板縄張り図@仁位山城跡
現地看板より@仁位山城跡縄張り図

おびただしい数の竪堀ですな。
ワクワクすっぞ



①播磨仁位山城跡@城跡行きてぇ:兵庫県佐用町
ソバです。
13日の晩、トコハベーカリーさんの記事に記載通り、
妻氏を拾ったその足で姫路へ帰省しました。


そして翌日。ここは福崎町。
から高速道路に乗って、ちょっとひとっ走り
佐用町まで足を延ばしてきます。



②播磨仁位山城跡@城跡行きてぇ:兵庫県佐用町
朝6時出発。
7時到着。
まだ朝もやがかかっております。

上月三差路って交差点。



③播磨仁位山城跡@城跡行きてぇ:兵庫県佐用町
ここは上月駅。懐かしの無人駅です。

どうもトイレに行きたくなりまして、コンビニを探せど見つからず。
インター付近にあったけどあそこまで戻るのもアレやったので、駅で借りました。
トイレットペーパーが残り僅かだったので、ヒヤヒヤでした。



④播磨仁位山城跡@城跡行きてぇ:兵庫県佐用町
駅に、今回目当ての仁井山城跡の縄張り図が設置してありました。
しかもありがたいことに駐車場の位置や付近の道路まで載ってる。
うれしいねぇ。
やっぱ縄張り図は麓で入手したいですよね。



⑤播磨仁位山城跡@城跡行きてぇ:兵庫県佐用町
上月観光マップ。

蛍が見られるみたいですよ。
自然豊かな証拠です。

そして何より、一番有名なのは、あの悲話が伝わる上月城跡でしょう。
私も去年登りました。
http://sobasso1739.blog.fc2.com/blog-entry-74.html

岡山県と兵庫県の境
そう、境の地は合戦に巻き込まれやすく、激戦区となること必死なんですよ。



⑥国土地理院引用、播磨仁位山城跡@城跡行きてぇ:兵庫県佐用町
国土地理院より引用
四角で囲ったのが今回のお城
仁位山城跡です。

その西向い、川を挟んだその先が上月城跡でして
どうやら、上月城の戦いで使用された付城の跡らしいのです。
この距離感、ヒリヒリしますね。

敵方の付城だとしたら、もう完全包囲状態でしょ。

この他にも、この周囲には多数の付城が巡らされているそうです。



この文章を書いているときに、「仁井山城跡」と今まで打ってきたが、「仁位山城跡」の間違いだったことに気づく。
以降、見つけ次第修正をしていきますが、もしかしらたし忘れている所があるかもです。
隠れミッキー的な感じやと思っておいてください。



⑦播磨仁位山城跡@城跡行きてぇ:兵庫県佐用町
あー画像タイトルからすべて間違えて打ってるわ。
しまった。直すとこいっぱいで、記事が手抜きになりそう。

各々
想像力豊かにヨロシク


あの場所を曲がれば行けるよ。
グーグルマップで「見土路公園」もしくは「仁位公民館」を設定したみつけられます。



⑧播磨仁位山城跡@城跡行きてぇ:兵庫県佐用町
この害獣フェンスを越えればOK

実はこの城跡、クルマで城域までアクセス出来るんです。
テレビ塔設置のために、竪堀群を破壊して横に道を通してあるので、
残念な整備なのですが、おかげで登りに汗をかかず体力温存ができるという
夏にはとてもありがたい城跡なのです。



⑨播磨仁位山城跡@城跡行きてぇ:兵庫県佐用町
ということで、ゲートを開けて車ごと侵入。

いざ。



⑩播磨仁位山城跡@城跡行きてぇ:兵庫県佐用町
こんな感じ。
あの橋を越えたら、あとは砂利道になります。
離合は2か所くらいできるけど、もし対向車が来たらちょっと面倒。
まぁほぼ来ないでしょうけど。

あと、枯れ枝や雑草、上から垂れた松の枝が車のボディに当たります。
必ず当たります。
傷がつく覚悟で登ってね。

いざいざ



⑪播磨仁位山城跡@城跡行きてぇ:兵庫県佐用町
いざいざいざ

5分くらい車で走ったら着くよ。



⑫播磨仁位山城跡@城跡行きてぇ:兵庫県佐用町
おぉ

5分くらい走って、そろそろ駐車場っぽいところが出てきそうな予感がしたら
なんと側面に竪堀が出てきた。

これ車中から撮影。
ドライブスルー竪堀だわ。

きっと僕のドラレコには、同じセリフが入っている事でしょう。
いや驚くよねフツー。



⑬播磨仁位山城跡@城跡行きてぇ:兵庫県佐用町
ドライブスルー竪堀を越え、Ⅲ郭手前の駐車場っぽい空きスペースへ。

着替えてクツ履いて、なんやかんやしていると、、、
クルマに取りつくアブ、、、
それも一匹だけじゃなく、相当数が飛び回っております。

もう出るのやめよかな。
そう本気で思わせましたが、あの竪堀を上から見下ろしたい。
その一心でココロを震わせ、意を決して車外へ飛び出しました。



⑭播磨仁位山城跡@城跡行きてぇ:兵庫県佐用町
蚊。
蚊。。
蚊。。。

蚊の大群
ムヒスプレー(医薬品)を振りたくり、完全武装で奥の主郭部方面へと足を進めます。
竪堀群は撮影側ですが、まずはしっかり主郭をつぶしておかないとね。



⑮播磨仁位山城跡@城跡行きてぇ:兵庫県佐用町
おぉ
なにやら端っこは少しこんもりしてる印象。

期待値が高まります。



⑯播磨仁位山城跡@城跡行きてぇ:兵庫県佐用町
ダンダン?
どうなんでしょうね?

縄張り図にも表記ありますが、正直どこからの攻撃に対する段々なのか、イマイチ読めません。



⑰播磨仁位山城跡@城跡行きてぇ:兵庫県佐用町
そしてこれが主郭?
かな?

あとで竪堀ゾーンにも行きましたが、ここが最もキレイに削平されていた場所になります。
この部隊の長がいた場所なのかもしれませんね。
ただその割には防御が少ないようにも思えますが。

この辺が付城のわかりにくいところ。
攻撃目的の設備で、急ごしらえしてる事もあるので。



⑱播磨仁位山城跡@城跡行きてぇ:兵庫県佐用町
そしてここから先はご覧の通り、
徐々に雑木林化していきます。
北端の堀切まで到達できないと思ったので、そうそうに引き返してきました。

この辺はエロ氏、また冬にでも行きましょう。
佐用町、クマも出るので一人はちょっと心配だわ。



⑲播磨仁位山城跡@城跡行きてぇ:兵庫県佐用町
ということで、クルマを停めた方面へ戻ります。

右側が南側。
南側が一段上がっています。
竪堀群も南に向いていますので、南側の斜面に対しての備えだったのでしょうね。

ちなみにこの城跡から尾根伝い東へ2キロ
高倉山城跡という、ここも付城とされる城跡へアクセスできます。
寺跡や旧高倉山城を取り込んで接収したとみられているそうなので、
上月城を包囲迎撃する為であれば、南側のみ強化すればよかったのでしょうかね。



⑳播磨仁位山城跡@城跡行きてぇ:兵庫県佐用町
散策ルートその1

東の矢印が林道。
西のPが駐車したところ。

堀切は果たしてどの程度の規模だったのでしょう。
あまり期待していませんが、冬にリベンジすることがあれば、行ってみましょうかね・・・・
高倉山城跡はとても気になる。
尾根伝いといえど、夏山の2キロは正直つらいので、今回はさくっと諦めました。


では②は城域の北側を散策してみます。



ではでは






IMG_20200815_110249_0.jpg
最後にクソ親父の日常


姫路に帰省
姪っ子とプール。

水風船の楽しいヤツを、頑張って口でふくらまそうとする長男。
いいぞその努力、無駄にはきっとならん。


なんでも思いついた事やってしまえ。
どんどん経験をつんで下さいな。




おしまい
関連記事
スポンサーサイト



コメント

Re: No title

椎名さんこんばんは
ちょうど返信コメントを読ませて頂いていたところでした。

今日まで妻氏実家でゴロゴロ。
晩飯食べたら、自宅の京都に帰ります。

アブ画像だけで済んだから良かったですね。
でかいマダニついたら、それアップしますね。
もっと吐けますよ。

ソバ

No title

ソバさんこんにちは。
アブを見て胃液まで吐きました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ソバッソ店長

Author:ソバッソ店長
城跡に行きてえ。城下町に行きてえ、山城に行きてえ。。。
と、日々悶々と過ごしている30'sです。

京都市在住で聚楽第跡の上で生活(ていうても洛外ですがね…)しているので、「平安京→秀吉さんの作り上げた聚楽第→家康が完成させた現代の京都→現代に続く。。。」を日々通勤時やらフォレスターでのドライブやらチャリンコやらで、フラフラと動いております。

●城跡
●城推定地
●縄張り図
●城下町
●遠征先のメシ
○ときどきパン屋
などをアップしていきます。

皆さまの城めぐりライフの、良きお供になることが出来れば幸いです。

最新コメント

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1082位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
185位
アクセスランキングを見る>>

カウンター