fc2ブログ

記事一覧

丹波 中村城跡① -今宮城跡、島城跡と連動してたんかな?砦的な?-

①中村城跡@城跡行きてぇ
ここは京都府南丹市美山町
自然が豊かで僕が大好きな街でございます。

そしてここは静原公民館
そしてさらに、チノパンのエロカ氏が一緒

僕たちが公民館にいるということは、
そうです。
廃城巡りでございます!!!

やっと県外移動自粛が解除になった6月7日でございます。
電光石火で妻氏の調略、有給取得、宿の確保


お互いに動きが迅速でよいですな。



②中村城跡@城跡行きてぇ
今回登るのはコチラ
中村城跡。

すぐ南にある島城跡(後で登りました)と、北にある今宮城跡(2月にうえぽんと登った)との間に位置し
恐らく両城跡の支城として機能したことが推測されるのが、この中村城跡でございます。
といっても詳細不明らしいですが。



③中村城跡@城跡行きてぇ
準備中

ヤバイ、楽しみ過ぎる。
ホンマにがっつりした廃城は久しぶり。

もう朝から廃テンションです。
そうそう
僕たちはだいたい朝5時出発。
そして解散が16時くらい。
これが廃テンション。



④中村城跡@城跡行きてぇ
完了。

背後の山がソレ


そして右端に見える鉄塔辺りが、島城跡(後で登った)。

エロカ氏撮影。エロ氏、使ったよ、ありがとう。
しかし写真で見ると、けっこう痩せたなぁ。



⑤中村城跡@城跡行きてぇ
静原。

ぃやあ
やっぱ山はいいねぇ。



⑥国土地理院:中村城跡@城跡行きてぇ
国土地理院

こんな感じで入っていきます。



⑦中村城跡@城跡行きてぇ
ではさっそく取りつきましょう。



⑧中村城跡@城跡行きてぇ
久々にがっつりと廃な感じ。

アスファルトに草が生えているのを見て、正直少し物怖じしました。
久々ってこわいね。



⑨中村城跡@城跡行きてぇ
入口

もう怖すぎて怖すぎて
ガクブルでした。



⑩中村城跡@城跡行きてぇ
ガクブル中。
二人で「いやーどうしようかね」
とか、マジで言うてましたもん。

6月、ダニにもクマにも気をつけねばなりません。



⑪中村城跡@城跡行きてぇ
とかいいながら

意を決して入ってしまえば、あとはどうでもござれ。
レットイットビーですわ何とかなる。



⑫中村城跡@城跡行きてぇ
ぁあ
山だわ

当然なんですがね。
免疫低下しとるから。


ちなみに
僕は直登派
エロ氏は右の谷筋派

どちらからアクセスするか議論中。



⑬中村城跡@城跡行きてぇ
とりあえず、楽に行けそうなほうから行ってみよう。
エロカ氏案でトライ。



⑭中村城跡@城跡行きてぇ
右側が城山になります。



⑮中村城跡@城跡行きてぇ
谷筋って、水の手になっていることが多くて、ヒルとかダニがいそうでイヤなんすよね。

10分弱登ります。



⑯中村城跡@城跡行きてぇ
おや、虎口っぽいね。

平坦地っぽい感じが出てきましたな。
ワクワク。
廃テンションがMAX。



⑰中村城跡@城跡行きてぇ
登ってきた谷筋。

そして虎口っぽいところ。



⑱中村城跡@城跡行きてぇ
平坦地が出現。

おぉ
平坦地だ。


久々やから、改めて思う。
平坦地を見てこんなに興奮するって
なんてマイノリティ。



⑲中村城跡@城跡行きてぇ
うーん

そして両翼は高台。
さぁ果たしてここは城域なんでしょうか。



⑳中村城跡@城跡行きてぇ
エロ氏も大興奮。

やっぱ廃城はええねぇ。




といったところで①のアクセスはおしまい。
では②でお会いしましょう。
(コレ書くの久々。パン屋記事は1店舗1記事なので、正直書くの大変なんだ・・・廃城は引っ張れるんだよねぇ。。。えへへ)







IMG_20200613_005450.jpg
最後にクソ親父の日常

3月から始まった自粛中の楽しみ、ドラゴンボール

とうとうZに突入。
玉乗り仕込みたい。





おしまい
関連記事
スポンサーサイト



コメント

Re: No title

しんこうさん
こんばんわ
いつもお便りありがとうございます。励みになります。

そうですキャノンです。
長男が生まれたときに奮発して買ったんです。
「子どもの成長を撮りたいんですが、どれがおススメですか?」
「だったらキャノンですね」
で、キャノンを買いました。

確かに人の顔はとてもキレイにキャラ映えして映せるように思います。


でも今は廃城メイン
ニコンにすれば良かった・・・
そう思いながらキャノンで頑張っています。
メーカーにも向き不向きありますからね。
あ、でも案外それなりに撮れているとは思っていますので、
当面キャノンでいきます。


僕は尾根があったらすぐに登りたくなるんですよね。
谷を見下ろして迎撃している形になってないかな?ってつい探したくなるんです
同行のエロカ氏は、そんな僕を冷静に諭してくれるんで助かっています。
一人のときはだいたい直登です。


てか、500文字縛りとかあったんですね。。。

No title

(前回のコメントの続きです)

山城をどう上るか。僕は谷筋から入って、早めに尾根に取り付く派ですね。最初から尾根から入る方もおられて、この話題だけでも、ビール一缶いけそうです。昔、山登りしてましたが、主に登山道を登られる登山が目的の方よりも、城巡りしてからのほうが断然登山スキルが上がりましたね。道なき道を歩くので、下手すると遭難します。特に一人は危険ですよね。ソバッソさんはお友達とご一緒なので安心しました。この中村城のあるところは山深そうだし。

では、続編楽しみにしております。

それでは、失礼いたします。

No title

ソバッソさん

毎度お邪魔しております。
長崎は梅雨入りしてしまい、しばらくは城めぐりはお休みです(既にコロナで長期休業中ですけど)
個人的に興味のあるエッセンスが詰まっていて、色々とニヤニヤしながら拝見させて頂きました。

最初の写真、すっかり山装備なんですが、タオルで大体、わかる方は、何が目的かわかる、良い装備ですね。声かけやすいですよね。
カメラはキャノンですね。僕はニコンです。城巡りアプリの写真を見てると、メーカで個性が出てて面白い。キャノンは色鮮やかに写りますが、ニコンはそのまま、みたいな感じ、地味というか頑固というか。

今回は泊まりでいかれたんですかね。城巡りあとの宿でのビールと温泉がサイコーではないかと、勝手に想像。気の知れたお友達との城めぐりは尚良しですね。

(コメントは500文字までらしいので、次のコメントに続きます)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ソバッソ店長

Author:ソバッソ店長
城跡に行きてえ。城下町に行きてえ、山城に行きてえ。。。
と、日々悶々と過ごしている30'sです。

京都市在住で聚楽第跡の上で生活(ていうても洛外ですがね…)しているので、「平安京→秀吉さんの作り上げた聚楽第→家康が完成させた現代の京都→現代に続く。。。」を日々通勤時やらフォレスターでのドライブやらチャリンコやらで、フラフラと動いております。

●城跡
●城推定地
●縄張り図
●城下町
●遠征先のメシ
○ときどきパン屋
などをアップしていきます。

皆さまの城めぐりライフの、良きお供になることが出来れば幸いです。

最新コメント

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1082位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
185位
アクセスランキングを見る>>

カウンター