fc2ブログ

記事一覧

山城 峰ケ堂城跡(法華山城)① -唐櫃越えを抑えた新興住宅地の裏山です。

①京都府中世城館調査報告書:転載・複製禁止@峰ケ堂城跡
京都府中世城館調査報告書:転載・複製禁止

峰ケ堂城跡(法華山城)



②峰ケ堂城跡@城跡行きてぇ
ソバです。こんばんわ

この日は5月29日
晴天。カンカン照り。
京都市は緊急事態宣言の解除がなされ、不要不急の外出自粛がいったんは取り下げられました。

ので速攻廃城巡りへゴー。
6月1日までは府外に出てはいけませんので、
同じ京都市内の城跡に行くことにしました。

現在11時
お昼前に急に思い立ってしまい
思い立ったら止まれないのさ。
てなことで、チャリでフラフラとサイクリング開始。


嵐山でございます。



③峰ケ堂城跡@城跡行きてぇ
渡月橋

観光客が全然おらん
ガラガラだわ。

そして僕はそこよりも、青い四角の嵐山城跡がきになるのです。
(場所、合ってるかな?ドキドキ)



④峰ケ堂城跡@城跡行きてぇ
あっつい

鈴虫寺。
某城アプリの城ともさんの鈴虫さん、元気かな。
ふと思い出した。



⑤峰ケ堂城跡@城跡行きてぇ
現地看板

このまま道が苔寺で有名な西芳寺さんのほうに延びていますね。
これが恐らく唐櫃越えという旧峠道。

この道に対する抑えとして作られたのが、この峰ケ堂城跡のようです。



⑥峰ケ堂城跡@城跡行きてぇ
山田別れ

ココがなんかの分岐点になってんのかな。
あんまよく知らんねん。



⑦峰ケ堂城跡@城跡行きてぇ
そのまま千代原口を抜け、五条通へ。

樫原盆山
という名の交差点。
ひたすら山手に向かって登ります。

ここからはかなり大変。
京都大学桂キャンパスに目標設定。



⑧峰ケ堂城跡@城跡行きてぇ
途中のゴミ箱


なんか昭和な感じ。
昔って、こんなメッセージの入ったゴミ箱いっぱいあったよな。
人の薫りがする。

懐かしいな。



⑨峰ケ堂城跡@城跡行きてぇ
さて京大桂キャンパスを越えると、桂坂という新興住宅地に出てきます。

もうね
オシャレなオウチばっかり。



⑩峰ケ堂城跡@城跡行きてぇ
新興住宅地。

どこのおウチもだいたいお庭かテラスがあって、バーベキューしてはりそうな感じでした。
実際、一軒やってはりましたわ。



⑪峰ケ堂城跡@城跡行きてぇ
峰ケ堂第三児童公園



⑫峰ケ堂城跡@城跡行きてぇ
クマ目撃情報

京都市やもんね
山裾はいるもんね。

昔、高校生んとき、嵐山駅にクマ出たって大騒ぎになったことあったわ。
近所の高校やったもんで、帰りのチャリはガクブルでしたわ。



⑬峰ケ堂城跡@城跡行きてぇ
看板
東海自然歩道。

苔寺(西芳寺)から抜けてくるルートが書いてある。
ん?
唐櫃越えは、コレじゃないのか・・・
もうちょい上側なんかな。

イマイチ、ルートがよくわからんな。



⑭峰ケ堂城跡@城跡行きてぇ
とりあえず
コレが東海自然歩道。

今回は、チャリで登ってくるのでヘトヘトなので、散策していません。
てか城跡散策どころじゃねえわ、しんどい。



⑮峰ケ堂城跡@城跡行きてぇ
テナターナー
てなこーとー

てなことで
あ、すみません
特に意味はないんです。
たまに思いついたことをそのまま書きたくなることがあるんです。

発作やと思って下さい。


テナターナーで
城跡へのアプローチポイントのみ下見してこようかと。
縄張り図と現在地を照らし合わせながら、どこが一番近い(ラク)か模索します。



⑯峰ケ堂城跡@城跡行きてぇ
Oh what's love got to do
got to do with it

ティナターナーを口ずさんでいた
訳では決してありません。
ありませんが書いてしまった手前、
口ずさんでいた風に書いてみました。



やややっ
この細いこんもり
どうやら山のほうに延びておりますな。
ここからアクセスできんやろうか。

ティナターナーをうたいながら、僕は疲れた体にムチを打ち、この先が城跡か否かを調べにいくことにしました。



⑰峰ケ堂城跡@城跡行きてぇ
ここがガードレールの切れ目。

入れます。
入っていいかは分からんけど。

とりあえず、②ではここから登ってきたのを載せます。



⑱峰ケ堂城跡@城跡行きてぇ
国土地理院

黒線が唐櫃越え
青線囲いが城域っぽいところ。



⑲京都府中世城館調査報告書:転載・複製禁止
散策ルート

どうやら僕が侵入したのはⅣ郭
一気に主郭まで登って
Ⅱ郭がヤブって断念します。

次の記事では、久々に城跡っぽい写真ばっかりになります。
どうぞよろしく。


パンから廃城へ

パン屋のほうが、絶対需要あるよね。。。
自分でもわかってる。
だいたい、廃城散策ブログになぜパン屋を乗っけるか。
分かってる。



でも、それでいい。
見たい人が見ればいい。

そう強がってみた。
ティナターナーのそんな曲があれば、いいオチになったんだが。。。






ではでは
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ソバッソ店長

Author:ソバッソ店長
城跡に行きてえ。城下町に行きてえ、山城に行きてえ。。。
と、日々悶々と過ごしている30'sです。

京都市在住で聚楽第跡の上で生活(ていうても洛外ですがね…)しているので、「平安京→秀吉さんの作り上げた聚楽第→家康が完成させた現代の京都→現代に続く。。。」を日々通勤時やらフォレスターでのドライブやらチャリンコやらで、フラフラと動いております。

●城跡
●城推定地
●縄張り図
●城下町
●遠征先のメシ
○ときどきパン屋
などをアップしていきます。

皆さまの城めぐりライフの、良きお供になることが出来れば幸いです。

最新コメント

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1082位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
185位
アクセスランキングを見る>>

カウンター