fc2ブログ

記事一覧

山城 静原城跡⑥ -南城は戦う遺構満載、やる気マックスだわ-

①大堀切を越えた大土塁からⅣ郭へ@静原城跡
大堀切を越え、大土塁をも越え、やって参りました南城

さてガチの殺戮兵器、ガシガシ散策していきましょう。



⓪散策ルートその4@静原城跡
散策ルートその4

とにかく南城、くまなく散策して参ります。

昔、散策した折は、長男を背負子してたもんで、あまりちゃんと見てないんですよね。
だから今回、かなり楽しみでした。



②Ⅳ郭切岸@静原城跡
Ⅳ郭切岸
3mくらいかな。

昔はきっと垂直落下式切岸やったんでしょうね。
経年劣化。



③ⅣからⅤの西端を見下ろす@静原城跡
ⅣからⅤの西端を見下ろす



④Ⅴ郭東側、石垣発見@静原城跡
Ⅴ郭東端に降りてみた

石垣発見。



⑤当然集まる@静原城跡
当然集まる。

やっぱ、石垣っていいねぇ
問答無用で防御設備やもん。



⑥周辺にも石材ゴロゴロ@静原城跡
その周辺にも石材ゴロゴロ

井戸?
凹み部分もありました。



⑦当然集まる@静原城跡
当然集まる。



⑧Ⅴ郭中央、内桝方みたいな虎口@静原城跡
Ⅴ郭中央、内桝方みたいな虎口かな。

玄関っぽい感じ。



⑨ちゃんと階段になってるのがまたニクい@静原城跡
そしてちゃんと階段になってる。

ウエルカム感満載。



⑩Ⅵ郭に降りてみた@静原城跡
Ⅵ郭に降りてみた。

切岸、エグイね。
経年劣化でこの角度。

当時は鉄壁やったやろうね。



⑪Ⅵ郭南西下段の郭を目指す。どこや?@静原城跡
Ⅵ郭、南西下段の郭を目指す。

どこにあるんや?



⑫Ⅵ郭南西下段の郭、案外広い@静原城跡
さっきの斜面をとりあえず降りた。
発見。

Ⅵ郭南西下段の郭
案外広い。



⑬画面中央にうっすら竪堀…@静原城跡
画面中央にうっすらと竪堀

分かる?
僕には分からん。



⑭Ⅵ郭に戻る、東端@静原城跡
登ってⅥ郭に戻る。

東端切岸

ここもエグイ。



⑮Ⅵ郭東端のスロープ土塁@静原城跡
Ⅵ郭東端のスロープ土塁。

思ったより太い。
2mくらいの幅がありそう。



⑯から降りて来たうえポン@静原城跡
から降りてきた、うえぽん。

あれ?さっきまでヤツと一緒に行動してたのに、いつの間に上に登ってたんや。



⑰Ⅶ郭から見上げたスロープ土塁、折れた動線が萌える@静原城跡
Ⅶ郭から見上げたスロープ土塁

折れた動線が萌えます。


この南城は技巧的。
どうも北城との時差を感じます。

明智期に拡張整備されたと考えても、なんら不思議ではないですね。



⑱本日のメイン、Ⅶ郭東端の石垣@静原城跡
わぁお
わぁあお
わぁぁあお!!!!

コレコレ!
これが見たかったんですよー
すげえなぁ。
立派な野面積みの石垣、よくぞ崩れずに残っててくれた。


いいっすねぇー
石垣いいっすねぇー



⑲当然集まる@静原城跡
そして当然集まる。

いやここはいいわー
しかし、僕たちの背後は実はガケです。
各々、足場をしっかり確保して撮影に臨みます。


しかしカッコいい。


うん?
ここで少し疑問。
なぜ東側ばかりに石垣、スロープ土塁、ほんでこの石垣が並んでるんやろう。

ね?
なんか理由あるんでしょうね。
東側に敵がいたんですかね。

江文峠から侵入してきたヤツらに、ガツンと石垣を見せたんやろうか。
誰か教えてください。


ではでは







⑦手をつなぐ二人
最後にクソ親父の日常


アホウプロジェクト、社長の娘と手をつなぐ長男。
賢くなったモンだわ。
ホント成長が楽しみ。

そして社長令嬢
その手、離すでないぞ。



⑧セイウチショー
セイウチショー

けっこうカワイイの。
触ると、濡れたカーペットみたい。



⑨カメ
カメ

案外、こんな馴染みあるヤツがカワイかったりする。


水族館、たのしー




おしまい
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ソバッソ店長

Author:ソバッソ店長
城跡に行きてえ。城下町に行きてえ、山城に行きてえ。。。
と、日々悶々と過ごしている30'sです。

京都市在住で聚楽第跡の上で生活(ていうても洛外ですがね…)しているので、「平安京→秀吉さんの作り上げた聚楽第→家康が完成させた現代の京都→現代に続く。。。」を日々通勤時やらフォレスターでのドライブやらチャリンコやらで、フラフラと動いております。

●城跡
●城推定地
●縄張り図
●城下町
●遠征先のメシ
○ときどきパン屋
などをアップしていきます。

皆さまの城めぐりライフの、良きお供になることが出来れば幸いです。

最新コメント

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
729位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
141位
アクセスランキングを見る>>

カウンター