fc2ブログ

記事一覧

山城 御蔭山城跡 -御蔭神社の裏山には、こじんまりしたパラダイス-

⓪京都府中世城館調査報告書より、転載・複製禁止 縄張り図@御蔭山城跡
京都府中世城館調査報告書、転載・複製禁止
縄張り図:御蔭山城跡



①鯖街道から@御蔭山城跡
エロカ氏と魔王という、愉快な仲間たちを引き連れた、京都市の愛されない廃城散策第二弾。
ここは三宅八幡城跡からクルマで5分の八瀬という場所です。

昔の鯖街道っていう、福井・滋賀を通る峠道におります。
八瀬遊園っていうて、昭和には遊園地があったなぁ。ウチのオジイ(故人)に、一回連れて行ってもらった記憶があるわ。オジイ、脳出血して脳血管性認知症になって、でも身体がタフ過ぎて93歳まで生きました。介護に当たった両親・叔父家族はホント大変やったでしょうな。
小学生を勝手に遊ばせて、オジイは昼間から酒飲んでへべれけ。古き良き昭和時代。



②高野川を渡る@御蔭山城跡
さてそんな昭和に想いを馳せながら、これまた昭和遺産ともいえる「瑠璃光院(紅葉で有名なところ)」を目指します。
高野川を渡る。



③現在地、三宅八幡から一駅@御蔭山城跡
看板発見

ここはケーブルカー八瀬駅。
比叡山に向かうケーブル乗り場です。昔、妻氏と乗った記憶があります。
ほんでもっと昔、幼稚園のころかな、遠足で乗った記憶がある。

先ほどの三宅八幡から叡山電鉄で一駅
ほんと近くです。



④この階段を進むらしい@御蔭山城跡
グーグルマップを開くと、瑠璃光院のすぐ近くまで、クルマで入れるとの案内が出ましたので、そのまま奥へ進もうとしましたが、、、
階段になりました。
おかしいねぇ



⑤実は車道@御蔭山城跡
ところがどっこい
実はこれ、車道なんです。
クルマ、進入できます。

ただし私有地で関係者以外立ち入り禁止と書いてあります。
いや、何をもって関係者?ツッコミ所満載。



⑥叡山電鉄、八瀬駅@御蔭山城跡
叡山電鉄、八瀬駅。
なんかオシャレな駅。

河川敷でバーベキューをした記憶もある



⑦橋脚跡@御蔭山城跡
なんかの橋脚跡

何かは知らん
ボーっと生きてるから。



⑧滝?@御蔭山城跡
瑠璃光院を目指して奥へ進みます。

滝?



⑨瑠璃光院@御蔭山城跡
瑠璃光院

由緒は古く、平安時代以前みたいからあったらしいけど、建物は昭和に再建されたらしい。



⑩コインパーキングあります@御蔭山城跡
あっ
コインパーキング発見

ここまでクルマで来れます。
僕はあの階段に心を折られ、少し離れたしかるところに駐車しました。
高野川から徒歩10分、ここまで入りたいですね。

しかし3ナンバーのフォレスター、あの道幅大丈夫やったんやろうか。



⑪ようやく御蔭神社、鯖街道からここまで10分@御蔭山城跡
そんなこんなの道中
10分の楽しいひと時
やっぱ初めていく城跡は、アクセスからみんなで調べるのが楽しい。

ようやく御蔭神社の入口にたどり着きました。



⑫この上っぽい@御蔭山城跡
この上っぽい。

僕は直登する気マンマン。



⑬現地看板、多分本殿の右側の濃い緑部分、てかそこは史跡指定範囲外じゃん@御蔭山城跡
現地看板
多分、本殿の右側の緑が濃い部分が城跡

あれ?
城跡部分が史跡指定範囲外じゃん。

京都市…
ホンマ廃城への愛が感じられん…



⑭参拝路@御蔭山城跡
参拝路
エロカ氏が看板をちゃんと見ていたので、この参拝路から迂回して城跡へのアクセスをすることにしました。

一人やったら絶対直登してたわ。
エロカ氏サンクス
きっと僕は脳みそまで筋肉と脂肪なんだわ。
看板あったのに、写真も撮ったのに、ちゃんと見ない。
説明書を読まずにプラモデル組み立てたクチですハイ。



⑮だだっ広い@御蔭山城跡
だだっ広い。

広ぴい



⑯参道@御蔭山城跡
参道発見。



⑰急に神妙な@御蔭山城跡
おっ
急に神妙になりましたな。

本日二つ目の神社
ココロが洗われますな。



直登して神社を経由せずにアクセスしようとしてたヤツのいうセリフではないっすね。


ちっうるせーな
反省してまーす




クスリ、アカンで。





ではでは





IMG_20200211_153433_1.jpg
最後にクソ親父の日常

人生初ワークマン



IMG_20200211_153950_0.jpg
長靴的なヤツを購入。

これで雨でも通勤がへっちゃら


さて明日からも稼ぐで。





おしまい
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ソバッソ店長

Author:ソバッソ店長
城跡に行きてえ。城下町に行きてえ、山城に行きてえ。。。
と、日々悶々と過ごしている30'sです。

京都市在住で聚楽第跡の上で生活(ていうても洛外ですがね…)しているので、「平安京→秀吉さんの作り上げた聚楽第→家康が完成させた現代の京都→現代に続く。。。」を日々通勤時やらフォレスターでのドライブやらチャリンコやらで、フラフラと動いております。

●城跡
●城推定地
●縄張り図
●城下町
●遠征先のメシ
○ときどきパン屋
などをアップしていきます。

皆さまの城めぐりライフの、良きお供になることが出来れば幸いです。

最新コメント

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1082位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
185位
アクセスランキングを見る>>

カウンター