fc2ブログ

記事一覧

山城 三宅八幡城跡③ -装備を整え、愉快な仲間たちと倒木リベンジ-

⓪京都府中世城館調査報告書より、転載・複製禁止 縄張り図@三宅八幡城跡
京都府中世城館調査報告書より
転載・複製禁止
縄張り図:三宅八幡城跡




①国際会館駅で集合@三宅八幡城跡
ソバです。
ここは京都市左京区、国際会館駅の付近。
昔々、この辺りで妻氏と同棲時代を過ごしました。懐かしいエリアでございます。

今回は
三宅八幡城跡
御蔭山城跡
八瀬城跡
プラス
岩倉山本氏の城跡群を巡る予定をしておりました。

という事で、国際会館駅にエロカ氏・魔王を召集し、合流待ちしているところでございます。



②朝マック@三宅八幡城跡
朝にパン屋寄ろうと思ったんですが、集合時間は朝7時。開いてないんすよね、流石に。

てな事で、久々に朝マック。
ダイエット本格化した去年の7月以降食べていなかったので、久々に食べるとヤバいっすね。
カラダに悪い味してますわ。でもそれがまた美味いんやなぁ。

本日はカロリーオーバー必死。



③エロカ氏と合流@三宅八幡城跡
エロカ氏と合流。

いつも律儀に、某アプリの城攻めグッズを掲げて遠征されるエロカ氏、マメな人だ。
僕は絶対に続かん。



④三宅八幡宮@三宅八幡城跡
移動

三宅八幡宮
お参りを済ませ、そのまま裏手の山に回ります。



⓪散策ルートその1@三宅八幡城跡
さて散策ルートその1

南側の建物表記が本殿かな。
思いっ切り裏山が城跡。

ここのええところは、登城時間が圧倒的に短い事です。3分で遺構出現です。
ここの悪いところは、遺構が圧倒的に甘い事です。



⑤登城開始、畝状竪堀群@三宅八幡城跡
早速登城開始。

ご覧下さい。
畝状竪堀群と思しきモノが見え…ません。
縄張り図にはうっすら表記されていますが、、、

あぁこの辺に畝状竪堀があったんやな程度に留めおき下さい。



⑥城域B、Ⅰ郭@三宅八幡城跡
この城跡の特徴、城域が大きく2つに分かれているところ。
こっちが前城の城域B。

Ⅰ郭。
平坦ですねぇ。



⑦やや高まり@三宅八幡城跡
前城のⅠかⅡどっちかの、ちょっとした高まり。



⑧やや高まり@三宅八幡城跡
どっちかの高まり。
前城はこんなもんかな。

詳しく知りたいお方は、過去の記事に三宅八幡城跡の①②がありますので、そちらをご覧下さい。



⑨城域B、Ⅱ郭@三宅八幡城跡
城域B、Ⅱ郭。



⑩城域B、Ⅱ郭東側切岸@三宅八幡城跡
城域B、Ⅱ郭の法面

脳内妄想では、うっすら帯郭。



⑪城域B、Ⅱ郭東側切岸。うっすら虎口?@三宅八幡城跡
脳内妄想では、うっすら虎口。

ここは想像力をフルに発揮して登って下さいね。



⑫城域Bと城域Aの接続路@三宅八幡城跡
城域Bと城域Aの接続路。

やっほい
ちょっとだけ、防御設備っぽいね。
サイドを削って土橋チック。



⑬奥が城域B、右側やや高台@三宅八幡城跡
土橋チックを進んで、振り返りました。

奥が城域B
右側にはやや高台。
櫓的な?



さて、前城はここまで。
次の記事では、前回倒木で断念した後城へ侵入を試みます。




ではでは



本社会議終了
腹減った。
これより京都駅へ戻ります。







IMG_20200210_070025_0.jpg
最後にクソ親父の日常

今朝の京都タワー
クソ寒い。
シャレならんかった。

あったかければ「異常や異常や」と、騒ぎ立てるくせに
例年通りに寒ければ、クソとか言っちゃう


人間とは、げに業の深い生き物じゃけん
このセリフ、なんの映画やったやろ?



明日もふぉどふぉどにふぁいとぢゃ





おしまい
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ソバッソ店長

Author:ソバッソ店長
城跡に行きてえ。城下町に行きてえ、山城に行きてえ。。。
と、日々悶々と過ごしている30'sです。

京都市在住で聚楽第跡の上で生活(ていうても洛外ですがね…)しているので、「平安京→秀吉さんの作り上げた聚楽第→家康が完成させた現代の京都→現代に続く。。。」を日々通勤時やらフォレスターでのドライブやらチャリンコやらで、フラフラと動いております。

●城跡
●城推定地
●縄張り図
●城下町
●遠征先のメシ
○ときどきパン屋
などをアップしていきます。

皆さまの城めぐりライフの、良きお供になることが出来れば幸いです。

最新コメント

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1082位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
185位
アクセスランキングを見る>>

カウンター