fc2ブログ

記事一覧

山城 嵐山城跡② -トレイル33を分岐して20分で城跡へ-

㉒トレイルからハズレて10分歩くと岩盤を登るエリアあり@嵐山城跡
いやーいい遺構を見ると、こんなにもテンションが上がるもんなのかというほど、今アゲアゲです。
しんこうさん、ありがとうございます。
僕、元気でました。

さて僕も気合入れて記事を書きましょう。
っていいながら、年末に録りためたテレビ番組から、「ジモンの絶景料理」を横目に、集中せずに書いてしまっております。
平にご容赦。

ぼくの記事はこのようにして雑に作成されていきます。


ここ、目印の岩盤。
これを登って奥に進んで下さい。

こんなん情報なしに出てきたら、すげー不安ですよね。
大丈夫、合っていますよ。



⓪縄張り図:京都府中世城館調査報告書より、転載・複製禁止@嵐山城跡
縄張り図

京都府中世城館調査報告書より、転載・複製禁止


今、まだ青線にも到達していません。


㉓けっこう岩盤@嵐山城跡
見上げる。
結構な岩盤質。

石材には事欠かないでしょうね。


よく考えたら、ここ、もしかしたら城域に入ってたんかな。
縄張り図に載らない物見岩的な感じ?

室町期の城郭らしいので、とりあえず高いとこに作ってはったんかな。



㉔岩盤を越えて10分ほど歩く@嵐山城跡
岩盤を越えて、まだ10分ほど歩きます。
大丈夫、合っていますよ。

やせ尾根に出てきました。
両側が法面になったの、ここが初めてやわ。


一騎がけとでもいいましょうか。



㉕ところどころ景色が開ける@嵐山城跡
ところどころに景観が楽しめる場所あり。

だいぶ登ったな。



㉖奥に高い山が見えてきた@嵐山城跡
奥の方に高い山が見えてきた。
何かはシラン。



㉗ちょっと土橋っぽい@嵐山城跡
ちょっと土橋っぽいといえば土橋っぽい。

やっぱ、あの岩盤辺りから城域やったんかな。



㉘石標が5本刺さってる@嵐山城跡
やってきましたやってきました
5本程度の石標が刺さった場所です。

もうね、城跡に到達できるのか本当に不安でした。
ようやく縄張り図表記のエリアに出てきました。


そろそろウ●コさんしたい。



㉙登り始めから50分、ようやく城跡入口に到着@嵐山城跡
登り始めて50分、ようやく城跡の入口に到達しました。

ありがたやありがたや。
手作りの案内板が、僕に元気と勇気を与えてくれます。



㉚手作り看板@嵐山城跡
メガネじゃないよ、案内看板だよ。



⓪散策ルート@嵐山城跡
気を取り直して

散策ルートでございます。
結論から言いますと、台風による倒木がひどくて、正直散策はままなりませんでした。

先ほどの石標があったのが、右下の青線のスタートライン。
だからあの平坦地が、もうすでに郭になっていたんでしょうね。



①登城開始、やや食い違い@嵐山城跡
散策開始。

やや食い違ってる感じなんかな。
右上は郭っぽいので、横矢掛けられる作りなんかな。
室町期の城郭のわりに、なかなか防御感のある縄張りですな。



②Ⅶ郭、倒木がスゴイ@嵐山城跡
Ⅶ郭、倒木がスゴイ。

ここが夜景ファンにはたまらん場所みたい。
夜景ファン、今は行かん方がええぞー。



③Ⅶ郭、南側竪堀には侵入断念@嵐山城跡
わぁお
倒木だわ。
残念。

周囲にも同様に倒木があるので、南郭の竪堀散策は断念。



④Ⅶ郭からの眺望@嵐山城跡
ロケーションは抜群。

もうここ見られただけで、もう満足です。


てか、しっかり朝ですね。




②の記事はここまで。
とりあえずこの①②を読みながら登ってもらえれば、恐らく迷わずに到達できると思います。



京都市の城跡は、行政からも愛されてへんなぁ。
播磨とは大違いだわ。




ではみなさま
③でお会いしましょう
ではでは







IMG_20200101_133704_1.jpg
最後にクソ親父の元旦

太秦映画村
ライダーショーを初観覧。


いやいってみてびっくり
めちゃくちゃクオリティ高いの。
フツーに感激したわ。

かなり臨場感、緊迫感もあって、長男が途中で怖くて泣きそうになっていました。



IMG_jpg.jpg
ライダー01に握手してもらう長男。

この直前まで、
怖かった家帰りたい
と泣きわめいていました

げんきんなもんです
ライダーはいつの時代も子どもの味方。

ありがとうライダー。




おしまい。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ソバッソ店長

Author:ソバッソ店長
城跡に行きてえ。城下町に行きてえ、山城に行きてえ。。。
と、日々悶々と過ごしている30'sです。

京都市在住で聚楽第跡の上で生活(ていうても洛外ですがね…)しているので、「平安京→秀吉さんの作り上げた聚楽第→家康が完成させた現代の京都→現代に続く。。。」を日々通勤時やらフォレスターでのドライブやらチャリンコやらで、フラフラと動いております。

●城跡
●城推定地
●縄張り図
●城下町
●遠征先のメシ
○ときどきパン屋
などをアップしていきます。

皆さまの城めぐりライフの、良きお供になることが出来れば幸いです。

最新コメント

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
729位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
141位
アクセスランキングを見る>>

カウンター