fc2ブログ

記事一覧

播磨 長水城跡④ -登り時間、散策時間、下山時間全て50分-

①岩盤ブチヌキ系堀切@長水城跡
ケータイで撮影した岩盤ブチヌキ系堀切
ピクセル3は補正上手やねえ。
こうなったら、一眼レフもっていかんでもよさそうやなぁ…
でも畝状竪堀なんて甘い遺構は、やっぱり一眼レフ。


ソバッソです。
ここからは居住区に残る石垣を見て、それから下山します。



②散策ルートその3@長水城跡
散策ルートその3
姫の郭にも堀切遺構があるらしいのですが、どうにも居住区を抜けないと到達できなそうなので、あちらの散策は諦めました。
北東側の郭群を、見ても大丈夫そうな範囲で見学させてもらいました。

ってか、めっちゃ生活臭ありますよ。



③Ⅱ郭トップ@長水城跡
Ⅱ郭トップ

逆光でも腹出てるの分かる。
うえぽん、ホンマやせなアカンでこれ。



④Ⅱ郭@長水城跡
Ⅱ郭。

電柱、やっぱ邪魔。
仕方ないけどね。



⑤戻ってきた。やっぱり孕んでる@長水城跡
主郭石垣に戻ってきた。

下段部分の孕み方がエグイ。



⑥主郭東側郭群へ@長水城跡
北東側の郭群。
この辺はたぶん遺構部分の石垣。
建物がある部分は、布積みになっていたので恐らく積み直し。



⑦石垣、けっこう崩れそう@長水城跡
野面。

結構な崩れそうぐあい。
地震とかあったらヤバいと思う。


さ、立ち入れそうなところは大方見ました。
がんばん岩盤ブチヌキ系堀切がハイライトかな。

では下山します。
ここから50分。。。



⑧50分かけて下山@長水城跡
下山。

登るときは必至のパッチで気付かなかったけど、この石たち、石垣遺構の崩れたやつぽいですね。
登り道の電柱を横切る辺りに、実は段々と石積み群のようなエリアがありました。
大手から登ったのだとしたら、大手道を側面から迎撃できる形になっていたとしてもおかしくはないかなぁ。
この辺は妄想、ココロの眼で探してください。


とにかく登り50分
下り50分
散策時間も50分

コスパは最強に悪い城跡です。





⑨昼メシ、伊沢の里さん。温泉施設も併設@長水城跡
昼メシ

伊沢の里さん。
温泉施設もあるらしいです。



⑩衝撃、長水城跡の登り口がマッピングされてる…@長水城跡
入口のメニュー表を見て、振り返ったら発見しました。
長水城跡への登り口が明確に記載されていました。

僕たちは登山口C
大手らしいけど、キツイっすわ。
あーでもよく考えたら、南に街道があって、主郭部の石垣も確かに南側を剥いて設備されていましたね。
ってことは、街道側から見えるよう意識されていたことになりますね。

せっかくキレイに積んであるんですから、そらみんなに見てもらいたいっすよね。



あっ
登山口Dは30分で登れるんや…
絶対にこっちからの方がいい。。。



⑪気を取り直して…@長水城跡
気を取り直して、メシを食べます。



⑫レストランいさわ@長水城跡
レストランいさわさん



⑬疲れすぎた。コーラが美味い@長水城跡
定食を頼むとドリンクバーがついています。

疲れた身体に、キンキンに冷えたコーラがしゅみます。



⑭親子丼&ボタン鍋焼うどん@長水城跡
親子丼

ボタン鍋焼うどん

頼みすぎました。
欲張りすぎました。
でも、抜群に美味かった。両方とも地産の食材を使ってらっしゃいます。二つで2500円ですから、かなりお値打ち。
おススメです。



⑮なにやらパンフ発見@長水城跡
パンフ発見。

播磨の山城は、ホント愛されていますね。
兵庫は赤松氏と黒田氏、そして現姫路城を築城された池田氏を本当に大切に扱ってらっしゃるのが伝わる。



⑯西播磨の城跡マッピング@長水城跡
西播磨の城跡マッピング。

コレに載ってるのが半分以上、赤松氏が絡んでるってのがまたスゴイね。
赤松円心は強かったんですね。



⑰QRコードを読めば縄張り図出てくるのか、、、と思いきや音読で城跡紹介@長水城跡
各城跡にQRコードが載っています。
読み込めば、各城跡の縄張り図が出てくるのかと、うえぽんとワクワクしながらQRアプリ立ち上げ、、、

なんと
流れるラジオの音声

山崎整の、西播磨の山城ー



ご興味ある方は…
探してみて下さい…

でも、赤松氏の沿革はすごく勉強になりました。
あと、新田義貞がたびたび紹介されます。

赤松氏の勉強、絶対楽しいわ。



お腹いっぱいで、次はすぐ近くの笹の丸城跡へと向かいます。





おしまい。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ソバッソ店長

Author:ソバッソ店長
城跡に行きてえ。城下町に行きてえ、山城に行きてえ。。。
と、日々悶々と過ごしている30'sです。

京都市在住で聚楽第跡の上で生活(ていうても洛外ですがね…)しているので、「平安京→秀吉さんの作り上げた聚楽第→家康が完成させた現代の京都→現代に続く。。。」を日々通勤時やらフォレスターでのドライブやらチャリンコやらで、フラフラと動いております。

●城跡
●城推定地
●縄張り図
●城下町
●遠征先のメシ
○ときどきパン屋
などをアップしていきます。

皆さまの城めぐりライフの、良きお供になることが出来れば幸いです。

最新コメント

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
729位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
141位
アクセスランキングを見る>>

カウンター