fc2ブログ

記事一覧

播磨 長水城跡② -遺構が一瞬出てきたかと思えば、まだまだ登ります-

①あと20分登ります@長水城跡
新年明けましておめでとうございます。ソバッソです。

12月31日生まれの僕、人知れず36歳になりました。
何にもかわんねぇー
36歳も廃城とパン屋巡りするぜ。

さて長水城跡②
ひたすら登るぜ。
明確な遺構の一つや二つ出てきてくれたら頑張れるんやけどなぁ。



②岩盤たっぷり@長水城跡
岩盤がたっぷり。

ってか、登り道にずっと石材っぽい石がゴロゴロしてますよね。
あれは上の方にあった石垣とかではないんやろうか。



③道っぽいけどこっちには行っていない@長水城跡
登っていると、左側に道っぽいのが出てきました。

こっちには進んでいません。
なんかあるんかな。



④斜面がきつくなってきた@長水城跡
そこを超えると斜面がだいぶイカツくなってきた。

ってか青空が少し見えてきた。



⑤物見っぽい場所@長水城跡
登り始めて35分、初めて平坦地を見ました

岩盤の上が平坦になっています。
物見とかですかね。



⑥実は鋭角に落ちている@長水城跡
岩盤の上まで、恐る恐る進みました。

おー怖っ



⑦そして段々@長水城跡
見上げると段々。

そしてうえぽんの足元付近には、なにやら石垣ぽいのがあります。



⑧そしてそして石積だろうか@長水城跡
それがコレ

当時のモンかどうかはわからん。


でも、ちょっと元気出たのは確かです。



⑨そこから5分くらい、門でもあったかな?@長水城跡
先ほどの平坦地から5分登ると、今度はまた平坦地が出てきた。
そして岩盤で虎口っぽくなっています。

門でもあったんかな。



⑩この城に来て初めての横スクロール@長水城跡
この先危ないの看板

ようやく道っぽく、そして横に平行移動ができるようになりました。



⑪崩落しています@長水城跡
崩落しとります。

薄いっすよ



⑫看板がみえてきた@長水城跡
うおまぶしい

ようやくトップに出てきたみたいですな。



⑬尾根に到達@長水城跡
いやまだかい。

でもどんどん近づいてきている実感。



⑭反対側は他の登り道に繋がるんやろね@長水城跡
反対側から登れる道につながるんかな。



⑮そろそろ縄張り図表記のエリア@長水城跡
ようやく縄張り図表記のエリアに到達したようですね。

50分は厳しいわー
ここ登れるんやったら、白旗城跡も登れそうやな。
あそこも1時間登らなあかんらしいから、気が引けるんよね。



⑯えっ、その道、、、登ってきたのに…
振り返ったら

えっ
その道、登ってきたんすけど…

ってか帰りもさっきの道を使わなしゃあないので、禁止って書いてあるけど、さっきの道で帰りますね。
ってか、下山禁止やったら登山も禁止せな…



⑰とにかく進みます。ここまで50分@長水城跡
とにかく進みます。

虎口なんかな。



⑱竪堀でてきた@長水城跡
わぁお

ようやく出てきたー
竪堀だわね。

元気出てきた。
50分登ったんですから、そらそれ相応のモン見て帰らな気が済まんですよ。

この先もワクワクですな



⑲奥に虎口・手前に石垣・右上は切岸@長水城跡
いいのありますやん。

郭に侵入して振り返りました。
奥に虎口、手前には埋もれかけた石垣、右には切岸ですね。

ようやく城域に達したって感じ。
こっからはワクワクの石垣パラタイス。



ではでは
しかし50分はしんどい。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ソバッソ店長

Author:ソバッソ店長
城跡に行きてえ。城下町に行きてえ、山城に行きてえ。。。
と、日々悶々と過ごしている30'sです。

京都市在住で聚楽第跡の上で生活(ていうても洛外ですがね…)しているので、「平安京→秀吉さんの作り上げた聚楽第→家康が完成させた現代の京都→現代に続く。。。」を日々通勤時やらフォレスターでのドライブやらチャリンコやらで、フラフラと動いております。

●城跡
●城推定地
●縄張り図
●城下町
●遠征先のメシ
○ときどきパン屋
などをアップしていきます。

皆さまの城めぐりライフの、良きお供になることが出来れば幸いです。

最新コメント

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1082位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
185位
アクセスランキングを見る>>

カウンター