fc2ブログ

記事一覧

丹波 栗(一尾ケ)城跡③ -ヤブを越えた先には、素晴らしい切岸、、、が一瞬。後はヤブ…-

①Ⅰ郭東側下段の郭を目指して突っ込む@栗(一尾ケ)城跡
今日はツレ氏宅にて鍋、
ホルモン鍋を食べまくり。

マールブランシュのケーキを食べて、モノポリーでバトル。そんな年末行事。

現在17時、腹パンパンで晩メシなんか食べられんです。
子どもも大人も落ち着いてきたので、コーヒーブレイク中。この穏やかな時間に記事作成。



それでは
ラスト、主郭の裏手に回りまして、東端の防御設備を探しに行きました。



②散策ルートその3@栗(一尾ケ)城跡
散策ルートその3

獣臭のする主郭南東側を目指します。



③突っ込む@栗(一尾ケ)城跡
もう竹藪

いけそうなところが行けるところです。
突っ込むのみです。



④到達、立派な切岸@栗(一尾ケ)城跡
到達

立派な切岸。
右上が主郭



⑤立派な切岸、そして竹藪@栗(一尾ケ)城跡
立派な切岸。

とりあえず、クマには出会いませんでした。

いや、京都府北部はフツーにいますからねぇ。
豪雪地帯やからねぇ。


しかし素晴らしい切岸。



⑥Ⅰ郭東端の堀切、分からん@栗(一尾ケ)城跡
と、感動していましたが…
東端に到達。
堀切があると思われる方角を見下ろす。

見えない



⑦Ⅰ郭北東端の竪堀群、分からん@栗(一尾ケ)城跡
東端の竪堀群があると思われる方角を見下ろす。

見えない



⑧横堀に戻ってきた@栗(一尾ケ)城跡
速攻帰る

横堀に戻ってきた
倒木で抜けられないので、斜面から無理やりⅠ郭に戻る。



⑨直登してⅠ郭に戻る@栗(一尾ケ)城跡
戻ってきた



⑩厳しい…そして獣臭がスゴイ@栗(一尾ケ)城跡
こんな感じ。

厳しい。
そして獣臭い。



⑪Ⅵ郭まで帰ってきた@栗(一尾ケ)城跡
さてそろそろ16時、ぼちぼちヤバいので、急ぎ足で下山。

Ⅵ郭まで戻ってきました。



⑫Ⅵ郭西側の薄い土塁@栗(一尾ケ)城跡
やや

Ⅵ郭の西側に薄い土塁発見。



⑬Ⅵ郭東下段@栗(一尾ケ)城跡
Ⅵ郭東側下段の郭群

散策していないけど、郭がいっぱいでした。



⑭郭群、明確に段々@栗(一尾ケ)城跡
こんな感じで段々と平坦地がいっぱいありました。

ヤバいね
暗いね



⑮西側大竪堀に戻ってきた@栗(一尾ケ)城跡
西側の大竪堀に戻ってきた。



⑯竪堀を下る@栗(一尾ケ)城跡
帰りは時間ないので、竪堀をひたすら滑り降りていきました。



⑰Ⅷ郭、帰ってきた@栗(一尾ケ)城跡
滑っても3分かかる
やっぱデカいわこの竪堀。

Ⅷ郭に戻って参りました。

日没には間に合いました。
でも気をつけなきゃ、いろいろと危ないんすよねー

みなさんもホント気を付けてね。
ゆとりを持った行動を。
(お前が言うなって、書いてて思いましわ。)


あっ
散策時間の目安は、大体3時間半です。
デカいわ。



⑱近所の飼い猫と遊ぶ@栗(一尾ケ)城跡
駐車場へ戻って参りました。

猫、まだおる。

ご近所さんのお話では、人なつっこすぎて車に乗り込んでしまうんだとか。


エロカ氏のタオルで遊ぶ猫。



⑲ニイやんの死亡したクツでも遊ぶ@栗(一尾ケ)城跡
ニイやん
この靴でさっきのヤブに突っ込んだのかって思うと、コイツはマジでつわものって感心。


そしてぶっ壊れたクツで
猫が遊ぶ。



⑳位田城跡@栗(一尾ケ)城跡
綾部駅に送り、そこで解散。

僕とエロカ氏は栄亭さんの前にある、栄湯さんにて温泉へ。
一応変な虫がついてへんかチェック。
いいお湯でした。

あの山、位田城跡。
いかにも城山って感じ。

でもこの夕暮れに写っていると、ホテルカリフォルニアのジャケみたい。


また来ます綾部市さん。



以上、綾部市三部作
これにて完結。



次は播磨かなぁ
年末、うえぽんが動けるみたいなんで、久々にヤツと散策してくるかも。


では皆様
それまでパンの記事でお楽しみ下さい。

ではでは





㉑京都市内に帰ってきた、シメのラーメン@栗(一尾ケ)城跡
最後にクソ親父の日常
京都市内に戻って参りました。

エロカ氏を駅に送る前に、ラーメン屋で晩メシ。
エロカ氏、付き合ってくれてありがとー

彼も、次に合うときは立派なパパさんか。
センセ、臨月はお城行ったらアカンで。マジで。
ご夫婦がよくても、親御さんがアカンて。マジで。


子育て、落ち着いたらまたお城いきやしょう。
って、年明け早々に行こうって言われそうでちょっと不安…




おしまい


子育て、楽しみなよー
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ソバッソ店長

Author:ソバッソ店長
城跡に行きてえ。城下町に行きてえ、山城に行きてえ。。。
と、日々悶々と過ごしている30'sです。

京都市在住で聚楽第跡の上で生活(ていうても洛外ですがね…)しているので、「平安京→秀吉さんの作り上げた聚楽第→家康が完成させた現代の京都→現代に続く。。。」を日々通勤時やらフォレスターでのドライブやらチャリンコやらで、フラフラと動いております。

●城跡
●城推定地
●縄張り図
●城下町
●遠征先のメシ
○ときどきパン屋
などをアップしていきます。

皆さまの城めぐりライフの、良きお供になることが出来れば幸いです。

最新コメント

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
729位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
141位
アクセスランキングを見る>>

カウンター