fc2ブログ

記事一覧

三河 槇本城跡① -エグい切岸直登で城域へ、あれ?登り口間違えた?-

①登った場所@槇本城跡
フォトアップだけして、その後記事を書くの放置していた当城跡、ずっと心残りでした。心残りでしたがなかなか腰が上がらず、ついに年越してしまいました。
あぁ日の目を浴びない城跡を、さらに日の目を浴びない状況に追い込んでしまった…

でも、記事書いたら余計に日の目を浴びなくなる可能性も無きにしもあらずのような気もしないでもない



結局どやねん

こんにちはソバッソです。
昨年11月に登った廃城、槇本城跡にございます。
本社での会議が終わり、帰りのJR車内にて作成中。
あんま覚えてへん。覚えてるのはヤブがすごくて魔王がひっつき虫だらけになって進んでた事くらい。



②この斜面を進む@槇本城跡
先ほどの画像にある建物横に、空き地&登れそうな道がセットされています。
ここを登りました、が、うーんこれはよくわからんのですが、僕たちは恐らく登り口を間違えていると思う。
ここからでも、何とかかんとか辿り着けますが、ホンマ険しい崖をよじ登らねばならんてす。



⓪縄張り図:愛知県中世城館跡調査報告書Ⅱ、転載・複製禁止@槇本城跡
縄張り図、愛知県中世城館調整報告書より
転載・複製禁止



③こんなん出てきた@槇本城跡
ご参考になるかわかりませんが…

僕たちの登城ルートをご紹介。
この記事ラストに、道筋を記した資料をつけておきます。

先ほどの道筋らしきものを進むと、こんな石碑が出てきます。



④合ってんのかな…@槇本城跡
合ってんのかな?

2mくらいの崖を登る。



⑤崖を登る感じ@槇本城跡
薄い足場を越え、
そしてまた崖を登る。



⑥魔王のケツ@槇本城跡
さらに薄い足場を越え、崖を登る。

魔王のケツ



⑦僕の靴にダニついてたんで、みんなもチェック@槇本城跡
崖、ややヤブリ気味。

を登り、ひとまず服と靴チェック。
僕のにダニっぽいのついてたんで、みんなも一応チェック。

ようやく平坦地に出てこれた。

郭とも言えるし、植林用の整地とも言えるし。
切岸やとしたら、残り方があまりにも鋭角なので、後世に手入れした後者っぽいけど。



⑧ガケ感がスゴイ@槇本城跡
右に進む。

正面はガケ感がスゴイ。



⑨コレは切岸なのか?@槇本城跡
登った場所を振り返る。

コレは切岸なのか…
違うのか?



⑩とりあえず進めそうな緩い斜面へ@槇本城跡
とりあえず向かって右側には進めそうだったので、進めそうな緩い斜面方向に足を向けます。



⑪竪堀っぽい@槇本城跡
竪堀っぽいような
なんだろうわからんが塹壕みたいなんが出てきました。

登り道っぽい気もする。
とりあえず楽なんで、この道を登ります。



⑫馬出っぽい@槇本城跡
縄張り図には馬出遺構ありと表記あるので、ここかな?馬出っぽい場所。
ただこの辺り、現在地が分からず迷子になっていたので、正直なんとも。



⑬堀切っぽい@槇本城跡
おっ

これは堀切っぽいね。



⑭上は平坦地っぽい@槇本城跡
おや
なんか高台が出てきた。

上は平坦地っぽいね。



⑮キノコ見つけたっぽい@槇本城跡
おや
マコねぇキノコ見つけたっぽいね。


そうやったそうやった
久々に画像見て思い出したわ。
キノコ撮りまくっとったね。


マコねぇ元気かな。



⑯コレは切岸ですねぇ@槇本城跡
おぉー

これは切岸っぽい
っていうか完全に人工物ですやん。
切岸っしょ。



⑰Ⅱ郭になるんかな@槇本城跡
ようやく現在地を把握できた。

多分Ⅱ郭になるんかな。



⑱切岸撮影中@槇本城跡
しかしいい角度の切岸ですねー

明確な遺構発見にテンションアップ。
みんな撮影。


恐らく僕らの背後には竪堀が入っているハズなんですが、あまりのヤブさに視認できず。
ほんで切岸に集中。



⑲奥に土塁があるけどヤブってて躊躇@槇本城跡
主郭に登ろうと奥に回ると

ややっ
立派な土塁があるではないか。
立派立派。

でもヤブってるのでみんな躊躇。
さてどうしたもんか。
11月とはいえ、まだまだ暖かかったので、ダニおったらイヤやなー。

土塁を前にじだんだ。




⑳散策ルート1@槇本城跡
ほい
今回の散策ルートは恐らくこんな感じ。
でも僕ら迷子になったので、やや自信なさげ。


東側に一つ出郭がありますね。
撮影してないけど、多分あそこは一回登ったんですよ。だから、多分、合ってると思うんやけど…


まぁ現地行って確認してきて下さい。



しどろもどろしながら②でもお会いしましょう。
ではでは
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ソバッソ店長

Author:ソバッソ店長
城跡に行きてえ。城下町に行きてえ、山城に行きてえ。。。
と、日々悶々と過ごしている30'sです。

京都市在住で聚楽第跡の上で生活(ていうても洛外ですがね…)しているので、「平安京→秀吉さんの作り上げた聚楽第→家康が完成させた現代の京都→現代に続く。。。」を日々通勤時やらフォレスターでのドライブやらチャリンコやらで、フラフラと動いております。

●城跡
●城推定地
●縄張り図
●城下町
●遠征先のメシ
○ときどきパン屋
などをアップしていきます。

皆さまの城めぐりライフの、良きお供になることが出来れば幸いです。

最新コメント

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1082位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
185位
アクセスランキングを見る>>

カウンター