fc2ブログ

記事一覧

三河 大坪城跡③

①主郭から降りてきた@大坪城跡
降りてみたところから、主郭を見上げる。
案外、高いっすな。

ソバッソです。
平日の連休二日目、インフルエンザ予防接種を打ったので、身体がダルいわ腕が痛いわ、そして長男次男の風邪をもらい、弱っとります。


さて
スズメバチで断念した大堀切から搦手郭にリトライ
②でもラストに書きましたが、ホントすんなりと到達します。




②堀底を通って、搦手大堀切に回る@大坪城跡
堀底を通って、背後に回ります。

左の高台は櫓台とかですかね。



③堀底から見上げる@大坪城跡
堀底から主郭を見上げる。

よいねぇ



④魔王@大坪城跡
堀底と魔王
主郭と櫓台




⑤感動的@大坪城跡
感動的な光景

奥が先ほど断念した搦手郭



やっぱ感動的っすなぁ
コレがあるから山城はやめられん。

週末は、前回企画倒れした丹波遠征だわ。
丹波牛で焼き肉と温泉だわ
ワクワク



⑥大堀切、スロープが二条入っています@大坪城跡
大堀切にきました。

なんかねぇ
土橋みたいなスロープが2条入っていました。
なんなんでしょうね。


そして左の二股に開いた木が、先ほどのオオスズメバチのヤツ
この距離ならきっと大丈夫。



⑦搦手郭@大坪城跡
きっと大丈夫
って言葉、コワイよね。
結構根拠のない発言よね。

でも、あの距離ならきっと大丈夫。

無事に搦手郭に到達成功。
平坦地が痩せて延びていきます。

昔、ここに記事書いた高雄城跡もこんな感じやったな。
まぁ山城によくある背後の備えですわな。




⑧恐らく城域最果ての堀切@大坪城跡
恐らく城域端っこの堀切と思う。
この先は未踏、エロカ氏が行ったが、尾根がダラダラ系って言うてたし、多分ここでおしまい。




⑨キノコ生えとる@大坪城跡
よく見たらキノコはえとる


なにこの男優系キノコ
カリがすげぇな。



⑩多分、だらだらと尾根が続くハズ@大坪城跡
ダラダラー



⑪堀底キノコを撮影中@大坪城跡
マコ姉、カリを撮影中



⑫竪堀に@大坪城跡
カリキノコ堀切からの竪堀



⑬主郭から降りてきた場所に戻ってきた@大坪城跡
主郭下、降りてきた場所に戻ってきました。

結構な角度やったんやねー
降りるときはあんま感じひんかったけど、これは割とケガできる程度の切岸っすな。



⑭竪堀っぽい@大坪城跡
竪堀っぽいヤツ発見

他サイトみてたら、竪堀入ってるって書いてありますな。
ハッキリと視認出来ないのでアレですが。
ここで粘らずに、サッサと大堀切行くが吉です。



⑮最初の郭、モッコリ@大坪城跡
最初の郭、すなわち巨石虎口(仮)を超えた辺りです。

奥が主郭方向
左が、背後の搦手郭に到達できる帯郭
右には、横堀が竪堀と合流して落ちていった、テンションアゲアゲ郭
てか具合です。

とりあえず高台に取り付いて奥へ奥へ行くのが、イチバン全容把握しやすいっすわ。

見やすいし、堀切もスゴイ規模やし、非常に満足度高めの城跡でした。
オススメ。



⑯最初の郭の、右側の郭かな@大坪城跡
さて、帰り道
先の画像右下に、平坦地っぽいのを発見。

一応見とこうかと、ちょっと足を伸ばします。



⑰巨石@大坪城跡
巨石発見



⑱平坦地、と巨石@大坪城跡
巨石を越えると

平坦地と巨石ゴロゴロ
郭でしょうね。

畝状竪堀群のあった方向なんで、もしかしたらこの辺に井戸があって、それを隠して守ってたりしたんかな。

妄想です。
縄張り図はよ。




以上で大坪城跡の遺構紹介はおしまい
オススメできますね。
期待していい城跡です。

散策は真面目に行って一時間くらい。
昇降でだいたい30分弱。
ってところかな。





アカン
身体しんどい
ということで、二階のベッドへ移動。
横になって記事書いてます。



体力よ、もう少し持ってくれ。




ではでは





八坂神社@クソ親父の日常
最後にクソ親父の日常


サイクリング
八坂神社



白川@クソ親父の日常
東山三条
白川

古川町です。
知恩院からチャリで降りてきたら、こんなステキな景観。

京都ってどこ行っても景勝地やな。






アカンしんどい

おしまい
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ソバッソ店長

Author:ソバッソ店長
城跡に行きてえ。城下町に行きてえ、山城に行きてえ。。。
と、日々悶々と過ごしている30'sです。

京都市在住で聚楽第跡の上で生活(ていうても洛外ですがね…)しているので、「平安京→秀吉さんの作り上げた聚楽第→家康が完成させた現代の京都→現代に続く。。。」を日々通勤時やらフォレスターでのドライブやらチャリンコやらで、フラフラと動いております。

●城跡
●城推定地
●縄張り図
●城下町
●遠征先のメシ
○ときどきパン屋
などをアップしていきます。

皆さまの城めぐりライフの、良きお供になることが出来れば幸いです。

最新コメント

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
729位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
141位
アクセスランキングを見る>>

カウンター