fc2ブログ

記事一覧

尾張 大野城跡

①主郭?模擬天守?

あぁ、大河「風林火山」もあと残すところ3話かぁ。
とうとう4次川中島決戦だわ、古典厩さんが死んじゃう。

みなさまこんにちは
平成30年、BSでの再放送を観ながら記事書いてます。
大河はこの作品を皮切りに、男くさい戦国期の作品が減ってきたような気がするなぁ。
姫シリーズは少々もの足らん。

さて今回の記事は、我が家族に両親を含め、5人で愛知県の知多半島へ日帰り旅行をしたついでに立ち寄りました「尾張大野城」です。
この模擬天守(で、いいんやろうか?なんかヘーベルハウルのCMで「ハイ」って返事する建物のキャラそっくりだわ…)が、近くを走っていたら目につきましたので、ふらっと寄ってみました。

R155を走り、「青海山団地西」の交差点を高台に向けて進入、住宅地をうねうね走れば到着しました。
駐車場は無料ですが、なかなか停めにくいスペースで5台くらいしか停められなかったです。


②駐車場看板


駐車場に看板あります。
よく見ると他にも駐車スペースあったんですね。
現在地、から侵入しました。ここの魅力は駐車場から徒歩30秒で城域に取りつく事が出来るトコロかな。


③駐車場から進入


ここまっすぐ入ります。
右側は住宅地。この辺は恐らく、宅地開発で城跡を潰して作られた新興住宅地だと思います。キレイなおうちが多かったです。


④立派


よく一緒に城めぐりをする、愛知在住のエロい友人からは「あまり面白い城跡じゃないよ」と情報頂いており、当初は大草城だけお邪魔しようと思っていました。しかし大草城から車で10分以内、しかもあの陳腐な模擬天守がひょっこりと顔を出していたので、ついつい誘われてきちゃいました。

が、来たら来たで意外と楽しめた。
コレ、多分土塁ですね。
スゲーいい形で残ってます。


⑤平坦地


撮影している方向から進入しました。

右のがさっきの土塁。
平坦地になっており、左が主郭部で切岸やろうかと。上に登るには直進しかありません。


⑥堀跡らしい


さっきの平坦地を撮影した場所から左へ方向転換。切岸が終わるところに空堀跡。(看板に堀と書いてある)
こちらは搦手やったんかな。


⑦虎口だろう


コレ、僕のオカン。まだまだ元気。
元気なうちに色んなところに連れてってやろう。
撮影したいんで早くどいてほしい。
元気なんやからささっと動けよ。


ちなみにここは虎口やろうね。
けっこうガシっと防御出来ていますね。オカンがのぞきこんでいる右側は崖です。左に階段があり、下に広場みたいなものがありました。
こんな鬱蒼としたところの広場を果たして誰が使うのか…


⑧奥に進むと


さ、平坦地から奥へ進むと、土塁が終わりました。本格的にガケです。嫡男が走って、ここのガケの手前30cmで停止しました。
ホンマやめてほしい。ヒヤっとした瞬間です。と同時に、やっぱ小さい子は危険認識が弱いので、こういうところはきちんと見ておかないとと反省しました。


⑨一段下


一段下。
あそこから左が広場になっているようです。
今回は家族で行ったので、散策はそこそこ。
ホンマなら降りて端から端まで散策しないとやけど、まぁこういう城めぐりもあっていいと思う。


⑩土塁に上って


とかいいながら、土塁に登って撮影。
カンペールの靴を履いていたので、登りにくいったらありゃしない。

土塁の向こうはガケ。
これは徹底されてました。
けっこう防御の堅い城郭に見受けます。


⑪奥から登ります


階段を上がるとこんな感じ。

看板の遊具広場ってのがココです。
ブランコ、滑り台、タイヤが半分地面に埋まってるヤツ(アレはどうやって遊ぶもんなんや、いまだにわからん。)

模擬天守が見えてきました。


⑫公園の土塁


見えたけど、そっちにすぐ向かえないのがリア巡ラーの性。
先ほど登ってきた道を振り返ると、やっぱり土塁になってる。
左が登り道。土塁の上から狙い打ちできますね(ドラゴンズのチャンステーマ曲って、今でも「ねーらーいーうーちー」やったかな、中日とヤクルトのゲームはめっきり見なくなったな。。。)


⑬土塁から


土塁から隠れるように遊具を撮影。

賛否ありますが、僕は公園化した城跡が好きなんです。
城郭って、人を効率よく殺して、領土を守るための砦なんですがね。
年月を経て、その人を殺す設備が平和利用されているって、僕はすごくうれしいんです。
「貴重な史跡を…」とか「これだから模擬天守は…」との声ももちろんわかりますが、人の手が入って有効利用されているのは、僕はすごくいいことやと思っています。
これからも平和の象徴として、これら公園化された城跡が地域に方々に愛されますよう。


嫡男、遊具広場スルー


⑭門


門。
手前は土塁かな?段にして防御していたのなら、これまたなかなか防御力高い。


⑮主郭?から下を覗く


もう模擬天守はいいよね。
ってことで主郭から下を見下ろしました。
海が一望できる立地でして(撮っておりませんでして…よくやるの)
この一帯を抑えるにはいい場所なんでしょう。

ごらんのとおり、下は新興住宅地。
この家の方々、覗かれてる感覚にならないんかなぁ。


⑯主郭から平坦地へ降りる


主郭から降りる道。
切岸に道を整備した感じ。
本来は無かったでしょうね。


⑰切岸


別角度から切岸


⑱土塁再び


帰り際に土塁。奥が駐車場で帰路。
主郭切岸が右手にあり、覗かれていた新興住宅地も同様。

という事は、この城が主立って守りたかったのは、左手方向から侵入してくる敵に対してですかね。
奥の駐車場まで、なかなかの坂道を車で登りました。もしかしたら昔はかなり傾斜の強い丘で、駐車場側からの侵入は容易ではなかったので、空堀を一つ作っておけば問題無かった、という位置関係になるのかもです。


⑲虎口やろううかね


帰りに虎口をくぐり、平坦地に向かい撮影。
そーいえば主郭に神社あったわ。一礼だけしてきたなぁ。

でも、よく考えたらお社があった場所、模擬天守よりも少し高いとことにあったで。
もうわからん。。。誰か知ってる人いたら教えて。


虎口?から下を覗く


虎口から崖側を撮影。オカンが覗いてたヤツ。
あの人、こんなとこに興味あるんか?あ、タケノコ探してたんかなぁ。
それなら納得。


尾張 大野城 縄張り図


「大野城跡概要図:高田徹氏作図」@無断転用禁止(常滑市にアップ許可頂きました)
模擬天守に掲示

多分、Ⅰ郭とⅥ郭の間から侵入したんじゃないかな。
これ持って、新興住宅地を散策するのはかなり楽しそう。
でも変な目で見られないように注意必要です。

ルールを守っての城巡り。
これが一番大切ですねー。



○後日談です
常滑市に質問をしてみたら、都市計画課さんがとてもご丁寧に回答を下さりました。
常滑市さん、お忙しい中本当にありがとうございます。

①模擬天守に掲示されていた「大野城跡概要図 作図:高田徹氏」についてですが、いつ調査なされた内容でしょうか?住宅地化しているように見受けたため、もしかしたら遺構はある程度削平されたのではないかと思い、質問しました。
また、現在でも記載通り城跡の散策は可能でしょうか?
→①についてですが、「大野城跡概要図 作図:高田徹氏」につきましては、はっきりとした作図年月は解りませんでした。ただし、合わせて掲示してあります、説明文の内容から推測しますと、平成20年代に入ってからのものと思われます。比較的年代が新しいため、ある程度は地形の変更はあるものの、記載にあるような内容で散策ができるものと考えています。

②北駐車場でなく、西駐車場の億にある駐車場に停車し、そのすぐ近くの看板のそばから公園に入りましたが、この場所は概要図のⅠとⅥの間でしょうか?また、横堀・土塁・虎口・切岸が遺構として残っているように見受けましたが、これらは当時の遺構でしょうか?
→、②についてですが、「遺構」については残念ながら当時のものではないと聞いておりますが、これも正確には解りかねます。
また、公園に入られた場所は、概要図I-VIの場所でおそらく間違いはないかと思います。


おーのー。
遺構ではない可能性があるのか。。。
でも正確には解かりかねるそうなので、僕は遺構だと信じたいですな。
だって、、、記事書き直すんメンドくさいもん、、、
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ソバッソ店長

Author:ソバッソ店長
城跡に行きてえ。城下町に行きてえ、山城に行きてえ。。。
と、日々悶々と過ごしている30'sです。

京都市在住で聚楽第跡の上で生活(ていうても洛外ですがね…)しているので、「平安京→秀吉さんの作り上げた聚楽第→家康が完成させた現代の京都→現代に続く。。。」を日々通勤時やらフォレスターでのドライブやらチャリンコやらで、フラフラと動いております。

●城跡
●城推定地
●縄張り図
●城下町
●遠征先のメシ
○ときどきパン屋
などをアップしていきます。

皆さまの城めぐりライフの、良きお供になることが出来れば幸いです。

最新コメント

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
729位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
141位
アクセスランキングを見る>>

カウンター