fc2ブログ

記事一覧

山城 三宅八幡城跡②

⓪散策ルート②@三宅八幡城跡
ソバッソです

一回記事書いたのに…
保存できひんで消えてしまった…
同じテンションで書けへんで…

しかしそこは気合を入れなおして
散策ルート②です。
城域Aを目指しました。

が…
バツになっているでしょ
令和1年10月現在、台風19号の影響で倒木が発生し、コレ以上先へ進むことを断念しました。



①城域Aを目指す@三宅八幡城跡
とりあえず行けたところまで遺構紹介していきます。

城域B、Ⅱ郭からこんにちわ
城域A方面へ進みます。



②城域BのⅠ郭かな@三宅八幡城跡
多分、城域BのⅠ郭
やと思います。



③城域BⅠ郭に登ってみた@三宅八幡城跡
登ってみました。

平坦地がキレイ
しかしここにもクモの巣がいっぱいです。
枝常備して下さい。



④城域Aへの動線、土橋?@三宅八幡城跡
先ほどの郭から奥へ進むと、

あー
なんか怪しいなぁ
いやな予感するなぁ

城域Aへの動線です。
若干ボトルネックになっているので、土橋?なんとも言えんです。



⑤城域Aに侵入、倒木あり@三宅八幡城跡
先ほどの土橋?を越えて、城域Aへ侵入しました。

あー
倒木が…



⑥法面は崖@三宅八幡城跡
法面は崖ですね。

ここは進めません
なので、奥に行くには先ほどの倒木を乗り越えなければなりません。

乗り越えましょう
乗り越えてやりましょうぞ。



⑦登れたら多分、城域AのⅡ郭@三宅八幡城跡
乗り越えてみました。

さらなる倒木が行く手を阻みます。
左奥に、ゴルフ練習場が出てきました。
ネットが張り出しておりまして、左からは回れません。



⑧登れへんねん、倒木で断念@三宅八幡城跡
うーん

右も崖なので…
この折り重なる倒木を越えていくには…
装備が軽装過ぎる…

ということで、ここを越えたら城域AのⅡ郭やと思いますが、ここで散策を断念しました。
主郭背後の大堀切も見たかったんですが…
山城賛歌さんは土橋と竪堀もセットで見えると書いてはったんで、楽しみだったんですが…
まぁ、また来れますよ。



⑨諦めて帰る@三宅八幡城跡
ということで諦めて戻ります。

①で紹介した横堀様の塹壕に入ってみました。
結果、すぐに進めなくなります。
水の音が大きく聞こえていたので、どっかにつながるんやと思いますが



⑩噴水、コッチからは登れません@三宅八幡城跡
下山

噴水がありますね。
多分、あそこにつながったんやと思いますが、神域なので侵入禁止と看板が出ていました。


さて遺構紹介はここまで
久々に書くとしんどい。
腰が痛い。

グチグチ言うなら書くなよ
いいえ書きますとも



⑪国際会館、なんかのイベント@三宅八幡城跡
帰り道

国際会館
すごい人だかり



⑫なにやら任天堂のイベントみたい@三宅八幡城跡
どうやら任天堂がイベントをしていたみたい

さすが世界の任天堂
京都が誇る任天堂

ついでにはばたけワコール
もひとつおまけにオムロン

ソバッソは京都の企業を応援します。
(とか書いといたら、なんかもらえへんかな)




さて、次は月末の丹波遠征
久々にみんな集まるんかな
魔王、横浜やけど台風被害は大丈夫やったんやろうか…

魔力、残ってるといいんやけど…




あ、オムロンは御室に会社がありました
だからオムロンって社名なんやろうね。







妻氏お手製のスペアリブ@クソ親父の日常
最後にクソ親父の日常

妻氏お手製のスペアリブ
くそ美味い

なんか
年々料理が上手になっていかはる。
妻氏の作るメシがある我が家は、本当にいい家です。
妻子と姫路に帰省して4日、はよ帰ってきてほしいわ。

パンとインスタントラーメンしか食べてへん



この食べ方、ちっさい時憧れたよねぇ@クソ親父の日常

長男(4歳)
ギャートルズ喰い
これ、子どものとき憧れましたねぇ

さぁジャンジャン食べて大きく育てよ。




はよ帰ってきてね
クソ親父、案外寂しいんやで。


おしまい
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ソバッソ店長

Author:ソバッソ店長
城跡に行きてえ。城下町に行きてえ、山城に行きてえ。。。
と、日々悶々と過ごしている30'sです。

京都市在住で聚楽第跡の上で生活(ていうても洛外ですがね…)しているので、「平安京→秀吉さんの作り上げた聚楽第→家康が完成させた現代の京都→現代に続く。。。」を日々通勤時やらフォレスターでのドライブやらチャリンコやらで、フラフラと動いております。

●城跡
●城推定地
●縄張り図
●城下町
●遠征先のメシ
○ときどきパン屋
などをアップしていきます。

皆さまの城めぐりライフの、良きお供になることが出来れば幸いです。

最新コメント

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1082位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
185位
アクセスランキングを見る>>

カウンター