fc2ブログ

記事一覧

山城 三宅八幡城跡①

①台風一過@三宅八幡城跡
ソバッソです。
台風一過、自宅裏庭の木が折れました。

ソバッソです。
でも雨が上がったので、前日出来なかったトレーニングを補うべく、放置してサイクリング。

ソバッソです。
大原の三千院をめざしたのですが、前日に久々ギックリ腰をやっちゃいましたので、途中で腰が痛くなって諦めました。

ソバッソです。
そんなこんなで急遽、城跡に行ってやろうと思い立ち、ホント久々に廃城に行くことにしました。


写真は北山通
パン屋、洋食屋、諸々が並び京都イチおしゃれな通りでございます。
さて目指したのはここからチャリで20分、三宅八幡城跡でございます。



②狐坂@三宅八幡城跡
狐坂
ここも木が折れていますね。

この程度の被害で済んでよかったわ。

ニュース観てたらホント気の毒
ホントつらい
多分募金くらいしかできひんやろうけど、できるだけたんまり入れておきます。

某城アプリの棒つぶやきコーナーで
「祈っています」「自粛します」
SNSでそんなこと言うてるアホがいっぱいおることがいまだに信じられん。
こいつら、いざ直面したら傍観するんやろうな。

伝えたいなら直接伝えに行け
直接伝えへんなら言うな
黙ってやるべきことをやれ


ただただそう思います。



③駅前@三宅八幡城跡
そんなときだからこそ、できることやる。
僕の場合はサイクリング。

ここは叡山電鉄、三宅八幡駅前の交差点です。
目立つ朱色の鳥居、懐かしいなぁ
と言いますのも、10年前くらい、駅裏のアパートに住んでたんですよ。
毎日ココを通っていました。

目的地はここではなかったんですが、ここで腰が痛くなりまして…
チャリしんどいわー
ほな三宅八幡城跡に行こう
急遽目的を変更しました。

街用トレッキング履いててよかった



⓪縄張り図・複製・転載禁止@三宅八幡城跡
京都府中世城館調査報告書より
転載・複製禁止
三宅八幡城跡の縄張り図でございます。
(コレ書くの、すげー久々)

城域がBとAに別れまして、縄張り的にはシンプルな感じですね。
山城賛歌さんには、佐竹氏の支城じゃないかって書いてありましたが、わしゃシラン。
そもそも佐竹氏って常陸の佐竹じゃねえのか。京都にもおったんか。
ってかこの辺は山本氏の領域じゃねえのか…シラン事だらけです。



④三宅八幡、鳥居いっぱい@三宅八幡城跡
そんなこんなごにょごにょ言いながら、やって参りました三宅八幡宮

鳥居がいっぱい
参拝者なら駐車場無料との事



⑤看板@三宅八幡城跡
⑥看板その2@三宅八幡城跡
現地看板

風致地区ですって
家建てるんとか規制すごそう

うちも風致地区なんで、規制だらけでした。
変なところに金使わされたわ。



⑦境内@三宅八幡城跡
境内
雰囲気ありますな



⑧登り口@三宅八幡城跡
右側がお社です。
お参りを済ませたら、ここからお社の裏側へ回ります。



⑨もう登ったら城域@三宅八幡城跡
右端にチラッと写っていますのが、先ほどのお社です。

あとは尾根直登です。
3分で城域に入ります。



⑩甘くなってきているが、高低差はそれなりに分かる@三宅八幡城跡
風化しているんでしょうね
でも、防御設備っぽい雰囲気は出ていますね

あ、でもここは、ゴルフ練習場とか幼稚園とかが隣接しているので、改変されている部分も多いと思いますので、妄想しながら登ることをおススメしますよ。



⑪これは後世かな@三宅八幡城跡
登り始めて2分、右側に横堀状の塹壕が入っていますが、斜面の甘さに対してハッキリと掘られていますので、後世の造成と思われます。



⑫段々が若干分かる@三宅八幡城跡
さていよいよ縄張り図のエリアへ

城域BのⅡ郭に入る手前の段々ですね。
腰郭みたいな感じなんかな?



⑬城域B・Ⅱ郭@三宅八幡城跡
城域BのⅡ郭に到達

こんなキレイに平坦地なんですね。
なんか意外。



⑭城域B・Ⅱ郭、奥は多分幼稚園方面@三宅八幡城跡
あの白くなっている辺りが、幼稚園がある方向
つまりこっちは崖です。

左から登ってくる形かな。



⑮奥が城域B・Ⅰ郭@三宅八幡城跡
奥が城域BのⅠ郭です。

僕は撮影側に進んでⅢ郭を目指します。



⑯城域B・Ⅲ郭を目指す@三宅八幡城跡
奥がⅢ郭

この辺、ヤバいっすよ
クソデカい蜘蛛が大量に巣を作っております。

風が良く抜けるから、虫が通りやすいんでしょうね。
ってことはダニは少なそうですが、何回クモの巣に引っかかったことか。


あと、八瀬というか左京区の山にはクマいますんでね。
奇跡的に鈴をカバンに入れたままにしててよかったわ。



⑰城域B・Ⅲ郭の南端、なんじゃコレ@三宅八幡城跡
なんじゃこれ

城域Bの南端、Ⅲ郭でございます。

なんじゃこれ



⑱散策ルート①@三宅八幡城跡
さて散策ルート①

ここまで10分
縄張り図なしでここまで来ましたが、散策難易度は低いです。
急峻でもないので、さくさくっと来れます。

ただクモがウザい。


登城ルートのご紹介はここまで
次は城域Aを目指してガンガン行きますよ


ではでは







区民運動会@クソ親父の日常
最後にクソ親父の日常


10月は区民運動会
小学校区の運動会です。町内がチームになって参加するんです。
メンドイんですが、走る人がおらんので走らなあかんのです。

今年は長男(4歳)が初めて競技に参加
ただルールを理解しておらず、周りが走り出してもあそこでモジモジと立ち尽くしておりました。

お菓子もらえるでって言うたら、ゴールというよりお菓子めがけて走り出しました。
まぁ、泣き叫んで終わりのコとかもいる中で、マイペースにしとるから良しとしときましょう。



競技説明看板が縄張り図に見える@クソ親父の日常
僕が参加したムカデ競争
コースの解説が掲げてありました。

なんだろう
縄張り図にしか見えん。






おしまい
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ソバッソ店長

Author:ソバッソ店長
城跡に行きてえ。城下町に行きてえ、山城に行きてえ。。。
と、日々悶々と過ごしている30'sです。

京都市在住で聚楽第跡の上で生活(ていうても洛外ですがね…)しているので、「平安京→秀吉さんの作り上げた聚楽第→家康が完成させた現代の京都→現代に続く。。。」を日々通勤時やらフォレスターでのドライブやらチャリンコやらで、フラフラと動いております。

●城跡
●城推定地
●縄張り図
●城下町
●遠征先のメシ
○ときどきパン屋
などをアップしていきます。

皆さまの城めぐりライフの、良きお供になることが出来れば幸いです。

最新コメント

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
729位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
141位
アクセスランキングを見る>>

カウンター