fc2ブログ

記事一覧

播磨 谷城跡(永良城跡)②

①主郭方面を目指す@谷城跡
オイラはメグラー
ゆかいなメグラー
オイラが通ればハチが襲うぜー

ソバッソです。
シーズンだったんだろうね
クマバチが大量発生している帯郭からコンニチハです。

谷城跡②です
こっから城域散策の開始。


ここの帯郭の下段に、もう一つ郭があるんです。
どうやらその入口辺りに石垣があったようなのですが…
上記のとおり、ハチがブンブン舞っていましたので、おとなしいクマバチですがやはり羽音は怖いので散策はあきらめました。
おーちゃんねるの人がいてくれたら、話は変わったんでしょうが…その場合、城散策ではなくなる可能性が高いですな。



⓪散策ルート@谷城跡
さて散策ルートその2

主郭→2→3と一気に散策しまっせ
というのも、このへん、そんなに遺構遺構していないんです。
高さ優位で防御していた感じでしたわ。



②眺望はここが一番いい、でもハチだらけ@谷城跡
先ほどの帯郭下段、そこそこの規模の平坦地
でもハチだらけ

この入口部分に石垣があったみたい



③主郭@谷城跡
主郭

さくっと侵入できました
搦手からやったしなんかな?



④山間いの平野部、播磨っぽい@谷城跡
播磨っぽい眺望

山間の川沿いに広がる平野部
とにかくロケーションがいい
やっぱ山城はコレがいいっすよね。



⑤主郭から2郭方面を見る@谷城跡
主郭から2郭方面を見る



⑥主郭切岸@谷城跡
主郭の切岸

甘い


そういえば
昔、甘ーーーいってネタをスピードワゴンさんがやってはりましたけど、最近テレビでご披露されませんね
ハンバーグに並んで好きなんすけどね。

スピードワゴンって打ったら、ジョジョが読みたくなりました。
大人買いしたろかな。



⑦2郭から3郭を見る@谷城跡
2郭から3郭を見ました。

一段下がっているのが分かりますかね。
高さ優位で防御していますね。



⑧3郭を見下ろす、あれは虎口か?@谷城跡
3郭を見下ろす

あれは虎口なのか?
おやおや、今までの防御設備とは、急に雰囲気が変わった感じですな。
テンションが上がってまいりましたぞ。



⑨たまらんので駆け降りる@谷城跡
たまらんので駆け下りました。
2郭切岸
それなりの角度です。

でもたまらんのです
辛抱ならんのです。

ならんものはならんのです。



⑩3郭@谷城跡
3郭に来ました。

アレ?さっきのポッコリ開口部は?



⑪さっき駆け降りた切岸@谷城跡
とりあえず駆け下りた切岸を別アングルで

なかなかキレてる切岸ですな。
そこを走り抜ける37歳と35歳
まだまだ元気



⑫奥の高台が2郭、いい崖感@谷城跡
3郭を少し進んで振り返りました。
奥が2郭

こう見ると、ガケ感が出ていますね。
あそこから城兵に狙撃されながら登れって言われたら、命令したヤツを恨みますね。

ところで、虎口かな?って言うてたヤツは?
あ、ありますね。右にポコっとなった部分ですね。

でもあそこ開いたら、今僕が撮影している場所はデッドゾーンになるんじゃないかと。
だとしたら、あそこは虎口ではないんじゃあないだろうか。



⑬うーん、これは後世かな。右上が3郭@谷城跡
その虎口?様の開口部を降りてみました。
帯郭?なのかなぁ
右上は確かに3郭なので、迎撃できなくはないですが…
なんともいえん感じ。

僕は後世の造成派。



⑭堀切にかかる腐った木橋@谷城跡
その道を進むと、こんな腐った木橋が出てきます。
コレ、堀切にかかった橋ですね。

信用していいのか…迷いますよね。
とりあえず、僕らは無事でした。
次は知らん…



⑮大堀切@谷城跡
ここが一番エグイ堀切
大堀切です。

コレをわき目に見ながら、橋を渡ってゆうゆうさっきの道から3郭に到達できるんやから、やっぱあれは虎口やないと思うわ。
3郭の端っこのどこかに、別の虎口があったんでしょう。

きっと


しかし
大堀切もあまりかっこよく見られないね。
ちとがっかりしていましたが、堀切を越えると




⑯おや、ポコポコしてるね@谷城跡
おや
ここはエキサイトバイクのコースですか?
といわんばかりに、立派なコブが出現


テンションはここでマックスを迎えます。




②の遺構紹介はここまで
それでは③でお会いしましょう
ではでは






○弟の30年前
最後にクソ親父の日常

弟が結婚することになりました。
7月からガチダイエット中でして、そのためにブログ作成が進んでいなかったんです。

ほんで昔の写真を曲に乗せて紹介していく、例のアレに使う写真を探しに実家に帰って来てたみたい。
昔の懐かしいのが、弟からlineで来ました。

ちっちぇえなぁ
そしてウチの親はアタマおかしいで
こんな写真をよく撮ったもんや。

昭和でよかったな
令和ならこれは虐待事例です



○僕の30年前
30年前の僕も発見したらしく、送られてきました。
懐かしい

あれ、なんか見覚えある。。。



○長男、30年前の僕にクリソツすぎて
ウチの長男

なんと30年前のぼくそっくり
ってか、ほんとパーマンのクローンレベル

これで、僕の子どもやと確実に証明ができるわ。

長男よ、お前はきっとモテモテ人生を送れるぞ。
ゲフンっゲフンっ




おしまい
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ソバッソ店長

Author:ソバッソ店長
城跡に行きてえ。城下町に行きてえ、山城に行きてえ。。。
と、日々悶々と過ごしている30'sです。

京都市在住で聚楽第跡の上で生活(ていうても洛外ですがね…)しているので、「平安京→秀吉さんの作り上げた聚楽第→家康が完成させた現代の京都→現代に続く。。。」を日々通勤時やらフォレスターでのドライブやらチャリンコやらで、フラフラと動いております。

●城跡
●城推定地
●縄張り図
●城下町
●遠征先のメシ
○ときどきパン屋
などをアップしていきます。

皆さまの城めぐりライフの、良きお供になることが出来れば幸いです。

最新コメント

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1082位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
185位
アクセスランキングを見る>>

カウンター