fc2ブログ

記事一覧

播磨 中道子山城跡③

①主郭虎口、石垣遺構@中道子山城跡
主郭への虎口
米倉の手前です。

蝉しぐれ 古城ふぉにゃらら ふぉにゃららら
いい一句ですねぇ

こんばんわソバッソです
さて各郭をライトに散策していきましょう。
はやく冬枯れしてほしいなぁ



⓪散策ルートその3@中道子山城跡散策ルートその3
各郭をヤブってない場所だけ見て帰ろうと思っていましたが
3郭で竪堀を発見してしまい、ついテンションが上がってヘリを散策してしまいました。

ダニはおらんがクモの巣がすげえの
ヤブ部は、ほんと一歩歩いたらクモの巣に引っかかるって感じでした。



②米倉、土塁完備のレオパレス部屋@中道子山城跡
虎口内に侵入

米倉
フサフサ
でも土塁に囲まれたレオパレス物件

コの字型ソファが展示されたニトリの売り場に見えます。



③越えれば主郭@中道子山城跡
主郭手前にもやんわり虎口
この城跡には、食い違いとか横矢とかが見られません。中世城郭での発達途上にあったんでしょうか。



④主郭、ベンチがニクいがフサフサで入る気ならん@中道子山城跡
主郭

フサフサ

ベンチあるけと、とてもじゃないがあそこまで行く勇気がない

右奥に土塁あるらしい
未踏です。



⑤米倉前の土塁、分厚い@中道子山城跡
主郭から戻ってきました

米倉前の土塁
ブ厚いですね。


⑥中央部へ@中道子山城跡
中央部に戻ってきました。
位置関係は忘れましたが、この辺りにトイレがあります。
もよおしていたので、小だけしましたが、クモの巣を振り払い、かなり勇気を振り絞った記憶があります。



⑦横堀なのか土橋なのか、何なのか@中道子山城跡
横堀なのか
土橋なのか

はたまな何なのか



⑧石仏がひたすら並ぶ@中道子山城跡
先ほどの何かを渡り、中央部から3郭に向かって進みます。
左の高台が中央最頂部



⑨奥が3郭@中道子山城跡
奥が3郭

石仏がずらっと並んでおります。



⑩北側下段に平坦地、井戸郭と思われる@中道子山城跡
先ほどの画像の右側、つまり北側
下段にうっすら平坦地が見えます。

多分井戸郭



⑪3郭@中道子山城跡
3郭



⑫3郭の横堀@中道子山城跡
横堀の表記があったので、ちょっと奥まで散策
横堀はほぼヤブ



⑬横堀から派生した竪堀@中道子山城跡
でもそこから派生した竪堀は、比較的見られました。

竪堀を見つけたら、やっぱテンションあがりますね。



⑭竪堀の北側、下段に平坦地@中道子山城跡
さらに竪堀の隣、下段を見ると平坦地が見えます。

やっぱりこの景色が好きなんだよねぇ
高さ優位、下段を進んできた敵兵をここで迎撃

いいねぇ
テンション上がりましたわ。



⑮下段と繋がる腰郭、段々@中道子山城跡
ということで3郭は端っこまで散策

下段と接続できる部分に、腰郭でしょうね、段々が視認できます。



⑯3郭から一瞬だけ中央部へ登った@中道子山城跡
さて3郭から、中央最頂部に登れる開口部を発見



⑰中央最頂部の郭@中道子山城跡
一応確認

滞在時間5秒



⑱搦手門に降りることにした@中道子山城跡
3郭からの腰郭を見たあたりから、もうテンションが上がってしまいまして
勇気を出して搦手門の方へ降りることにしました。

いや下見したら、結構茂っていたからイヤやなぁ
って思っていたんです。
でも多少の被弾やむなしと腹をくくり、クモの巣を払いながら前進



⑲搦手門、石垣遺構でⅬ型に折れる@中道子山城跡
するとどうでしょう
なんと立派な石垣遺構の出現

しかもこの城跡に来て、初めてみた折れ曲がった動線
ここは強固な防御設備でございます。

そして石垣は有無を言わさずにかっこいい。
勇気を出して突っ込んでよかった。



⑳門の正面は切岸、右に進ませられて3郭にアクセス
搦手門から3郭を見上げる
切岸がバッチリ
右に進まされて、3郭まで上から迎撃されます。

いや来てよかった
またまたテンションが上がってきました

ラストはもう一度勇気を出して、堀切を探しに行きます。


ではでは






MVIMG_20190610_181443_3.jpg
最後にクソ親父の日常

最近、僕がギターを弾いていると、次男がすごく喜ぶことに気づきました。
弦の音がお気に入りらしいです。

ほんで弾いていたら、長男も興味を持って触りに来ました。



MVIMG_20190707_183545_14.jpg
お前が弾くんかい

最近なんでも「おれが、おれが」と、自分でやりたがる長男
ゆっくりやけど成長してますね。



MVIMG_20190728_183010_4.jpg
2歳の誕生日に買った三輪車
僕のダイエットがてら、乗せておしてやってるんです。

「おれがおれが」が始まったので、押すなってことかと思ったら
ところがどっこい
自分で漕ぐんじゃなくて、まさかの自分で押す方でした。

頑張って町内一周してご満悦でしたわ。





おしまい。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ソバッソ店長

Author:ソバッソ店長
城跡に行きてえ。城下町に行きてえ、山城に行きてえ。。。
と、日々悶々と過ごしている30'sです。

京都市在住で聚楽第跡の上で生活(ていうても洛外ですがね…)しているので、「平安京→秀吉さんの作り上げた聚楽第→家康が完成させた現代の京都→現代に続く。。。」を日々通勤時やらフォレスターでのドライブやらチャリンコやらで、フラフラと動いております。

●城跡
●城推定地
●縄張り図
●城下町
●遠征先のメシ
○ときどきパン屋
などをアップしていきます。

皆さまの城めぐりライフの、良きお供になることが出来れば幸いです。

最新コメント

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
729位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
141位
アクセスランキングを見る>>

カウンター