fc2ブログ

記事一覧

播磨 瀬加山城跡③


今年は初めて梅干し漬けに挑戦
こういう、旬のものを作って食べるって、ほんといいもんなんだなぁ
とか言うてますけど、僕がやったんて、シソを洗ったり選定した程度やから、ほとんど妻氏作やけど。



MVIMG_20190621_225153_3.jpg
漬かるの楽しみ

美味くできたら、来年はもっとたっぷり漬けましょうね
ねぇ妻氏
頼むよー


こんばんわソバッソです
オレか?
オレはただ食うだけ。
雲のジュウザのごとく、自由気ままな男でございます。



①畝状竪堀群@瀬加山城跡
さて記事もいよいよラスト
畝上竪堀群から搦手大堀切、最後に下から竪堀群を眺めて終了でございます。

パソコンでは、キレイに畝上竪堀群が映っておりますが、ケータイではどうでしょう?
この記事の少し前に書いた、僕がダニに来襲された将監城跡で、畝上竪堀だらけの景色を見ましたが、あれは異常。
多分、この城跡の畝上竪堀群が通常レベルの設備なんやと思います。
なので、キレイに畝上竪堀群が残っている城跡に初めてきましたわ。

いい感じに残っています。



②散策ルートその3@瀬加山城跡
散策ルートその3

最初にルートの解説しちゃったね。



③畝の間@瀬加山城跡
畝上竪堀
ウネとウネの間

ウネウネしています。
でも、竪堀はやっぱり埋まりやすいよね。
キレイに残っている部類ですが、ダイナミズムは期待しないでください

それが通常の畝上竪堀群



④Ⅰ郭北側の大堀切@瀬加山城跡
ウネウネを抜けまして、主郭北側の堀切に来ました。
左が主郭、土塁があったところです。



⑤竪堀になって落ちていく@瀬加山城跡
ここも竪堀になっています。


山城賛歌さんじゃなくても、けっこういい城跡なので興奮しちゃいます。
十分楽しめますよ。



⑥竪堀に侵入して大堀切を見上げる@瀬加山城跡
竪堀に入って、下から大堀切を愛でる。


いや純粋にカッコいいわ。



⑦Ⅰ郭西側の通路@瀬加山城跡
大堀切から畝上竪堀群と反対方向に回り込みました。

こっちには竪堀群ありません

多分の推測ですが、この道は後付けで、切岸になって登れなかったんやと思うんですね。
登られてもいいようにしておくなら、こちらにも同様に竪堀群を入れておきたいですもん。



⑧からⅠ郭を見上げる@瀬加山城跡
Ⅰ郭を見上げております。



⑨ⅡとⅠ郭の堀切に戻ってきた@瀬加山城跡
石段のあったⅡとⅠ間の堀切に、裏側から戻ってきました。

逆光でいい感じに撮れています。



⑩帰り道、下から畝状竪堀群を探す@瀬加山城跡
帰路

下から竪堀群を探しに行こうかとの事で、だいたいのエリアに侵入してみました。



⑪うーん…畝状竪堀群?@瀬加山城跡
うーん
畝上竪堀群かな?



⑫うーん…畝状竪堀群っぽい@瀬加山城跡
うーん

畝上竪堀群っぽいねぇ



⑬畝状竪堀群…結局うーんって感じ@瀬加山城跡
結局

下から見てもうーんって感じだったので、うーんうーんと言いながら下山しました。


畝上竪堀、上から見るか下から見るか
斜め上からが一番わかりやすい。



⑭畝状竪堀群の下にあった腰郭の方がグッときた@瀬加山城跡
畝上竪堀群の下にあった腰郭と思しきエリア

平坦地が何段かボコボコしています。
ここを突破して、その先に畝上竪堀群
攻め手は絶望しかないですね。

ここの設備だけで充分死ねます

非常に硬い城跡です。



道はしっかり整備されていますし、なにかのついでにライトな気分で登っても、十分に楽しめますよ
下山時間も含めてだいたい90分程度で散策できます。

播磨はいい城跡がいっぱい。
早く冬枯れしないかなぁ

篠脇城跡に行きたい。




ではでは






MVIMG_20190630_183929_9.jpg
最後にクソ親父の日常

休日
気が向いたら圧力鍋を使って、たまに料理します



MVIMG_20190630_194440_10.jpg
トマトをほり込みまくったポトフ

圧力鍋、らくちんに簡単に美味いもんが作れます
ダッチオーブンもしかり
あ、でもダッチは手入れがめんどくさい。
シーズニングしたりせなアカンからなぁ
って書いてたら、5月に使ってから8月まで一回も使ってない事を思い出した。


カビてへんやろなぁ…
シーズニングしなおさなアカンねんなぁ…
取り出すのすらめんどくさいわ…





おしまい
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ソバッソ店長

Author:ソバッソ店長
城跡に行きてえ。城下町に行きてえ、山城に行きてえ。。。
と、日々悶々と過ごしている30'sです。

京都市在住で聚楽第跡の上で生活(ていうても洛外ですがね…)しているので、「平安京→秀吉さんの作り上げた聚楽第→家康が完成させた現代の京都→現代に続く。。。」を日々通勤時やらフォレスターでのドライブやらチャリンコやらで、フラフラと動いております。

●城跡
●城推定地
●縄張り図
●城下町
●遠征先のメシ
○ときどきパン屋
などをアップしていきます。

皆さまの城めぐりライフの、良きお供になることが出来れば幸いです。

最新コメント

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
729位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
141位
アクセスランキングを見る>>

カウンター