fc2ブログ

記事一覧

丹波 高津城跡③

①Ⅳ郭からⅡ郭を目指す@高津城跡
最新のコールマンのランタンが、ブルートゥースで音楽流せるんだって?
そんなんコールマンじゃねえぜ。
なんて思いながら、買いもしないキャンプギアを調べております。

ソバッソですどうもどうも
「三ツ星キャンプ」は面白い番組だなぁ
見ているだけで充分キャンプに行った気分になれるわ。
実際は虫がイヤやから、多分寝られへんから行かへん。

でもバーベキューはやります。
楽しいんすよねぇ。


さて遺構はⅢからⅠを目指して進みます。
ⅢからⅣへの道だと思いますが、落差がすごい。



②散策ルートその3@高津城跡
京都府中世城館調査報告書、転載・複製禁止

Ⅰ郭から南端の堀切まで散策します。



②多分、Ⅱ郭からⅢ郭を見上げたんやと思う@高津城跡
Ⅱ郭に降りてみた
振り返ってⅢ郭

この城跡は郭間の落差がすごいんです。
やはり高さがあるってことは、防御の基本ですね。



③じゃあこれはどこやろう…@高津城跡
うーん
ここはどこやろうな

Ⅱ郭のどこか端っこっぽいけど。



④Ⅰ郭切岸@高津城跡
Ⅰ郭切岸に到達。

Ⅰ郭は2段になっており、周囲をぐるり一周できます。
帯郭になるんかな。



⑤南端の堀切表記部分を見下ろす@高津城跡
どういいルートを通ったか、記憶があいまいですが、
南端の堀切部分を上から見下ろした画像やとおもいます。



⑥Ⅰ郭西側、腰郭かな@高津城跡
Ⅰ郭西側の腰郭

西南の離れた郭から、ここに戻ってきます。
④で紹介しています。



⑦上がⅠ郭上段かな@高津城跡
Ⅰ郭上段

なので、多分先に帯郭を一周したんやろうと思います。

もう1か月前のことなんやなぁ
果たしてどこまで正確な情報を出せていることやら…



⑧Ⅰ郭下段かな@高津城跡
Ⅰ郭下段かな。



⑩西側の出郭方面に降りる道っぽい@高津城跡
Ⅰ郭の下段西側

上でも触れた出郭から直答すると、ここに戻ります。



⑨1郭切岸を降りる@高津城跡
Ⅰ郭下段、南側切岸を直下します。
黒い部分が広いので、広範囲で崖に仕上げてありますよ表記されている場所ですね。



⑪結局南端の切岸を降りる@高津城跡
南端の切岸を直下

かなりの斜面です。
でも注意してなんとか降りていきます。



⑫ソリッドな土橋@高津城跡
城域の最南端

細い土橋というか一騎掛けというか
とにかく向こうの尾根からの侵入は、ここでかなり阻害できますね。

右側はガケ
左側は甘いけど竪堀状

人が一人通れるギリギリの幅ですね。



⑬からの甘い竪堀@高津城跡
左側の甘い竪堀

やっぱり竪堀はあまり楽しめないなぁ
しかしこのソリッドな土橋
なかなかパンクな土橋遺構ですな。

今まで見た中で、一番細いかも知れん。



さて記事はこれでおしまい
ラスト④では南西の出郭を紹介して、麓のコンビニでダニ退治です。

ではでは





⑭宝ヶ池、子どもの楽園
最後にクソ親父の日常


京都市左京区、宝ヶ池にあります「子どもの楽園」
夏場は水を流してくれていますので、水遊びができます。


駐車場代は一日500円
お得です。
でも、朝イチか昼下がりに行かないと、メッチャ混みます。

入れたら一日中遊べます。
大人は2時間で限界迎えますけどね。
子どもってすごいよね、疲れへんのかな。



⑮苦手やったブランコができるようになってる
ブランコ

揺れが怖かった長男
いつの間にか怖さを克服しとりました。

子どもってホンマ成長早いわ。
気付いたらすごく大人になっています。



⑯この切岸を一人で登れるようになった
この切岸を一人で登れるようになりました。
これは将来が楽しみですな。

いつか一緒にヤブレンジャーできる日がくるといい、ような
アホみたいにはしゃいでる父親の姿を見せたくないような
複雑な気持ち。





おしまい
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ソバッソ店長

Author:ソバッソ店長
城跡に行きてえ。城下町に行きてえ、山城に行きてえ。。。
と、日々悶々と過ごしている30'sです。

京都市在住で聚楽第跡の上で生活(ていうても洛外ですがね…)しているので、「平安京→秀吉さんの作り上げた聚楽第→家康が完成させた現代の京都→現代に続く。。。」を日々通勤時やらフォレスターでのドライブやらチャリンコやらで、フラフラと動いております。

●城跡
●城推定地
●縄張り図
●城下町
●遠征先のメシ
○ときどきパン屋
などをアップしていきます。

皆さまの城めぐりライフの、良きお供になることが出来れば幸いです。

最新コメント

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
729位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
141位
アクセスランキングを見る>>

カウンター