fc2ブログ

記事一覧

丹波 井尻城跡(中郭)

①西尾根から東へ降りていく@井尻城跡(中郭)
暑い
暑すぎる
ようやく西日本が梅雨入りしたかと思えばその矢先
なんだこの暑さは
ムシムシやないか。
やってられん。アイスコーヒーとかき氷が進む進む

ソバッソですどうもどうも
月末業務を乗り切り、新しい月に突入。
先月は後輩PTちゃんの体調不良で大変やったけど、人員不足にもなんとか慣れてきた今日この頃
慣れたらアカンけどな。ちゃんと補充の手配はしているから、もーちょい頑張ってやみんな。


さて画像は井尻城跡、北郭から西の尾根を伝い中郭に侵入するところです。
ほらやっぱりこの尾根を取られたら、背後ががら空きになっちゃうよね。
なんだか不思議な城跡です。



⓪京都府中世城館跡発掘調査報告書、転載禁止@井尻城跡
京都府中世城館跡調査報告書より
散策ルートその2かな
いっぱいコピペし過ぎてわからん。

西の尾根から悠々と到達できるんです。
等高線2本やから、落差10mくらいあるけど、この幅なら傾斜はそこまできつくないです。



②散策ルート、西尾根から東へ降りていく@井尻城跡(中郭)
中郭のみ抽出
こんな感じで散策

10分もありゃ見て回れます。



③土塁出てくる①西尾根から東へ降りていく@井尻城跡(中郭)
中郭、西端の土塁です
ここから城域。



④土塁越えたらなかなかの堀切①西尾根から東へ降りていく@井尻城跡(中郭)
越えたら結構なサイズの堀切

やっぱり丹波クオリティ



⑤南側の麓まで延びる竪堀?後世の道?①西尾根から東へ降りていく@井尻城跡(中郭)
竪堀のように落ちていく凹みを発見
余呉図コレクションでは竪堀として表記されていましたが、若干違うような印象も受ける。

奥の掘立小屋みたいなんが、確か突き当たりやったと思う。
なんせ記事書いてるんが7月やからな。
2か月前の、ましてや山中の風景なんか忘れてるにきまってるやろ。



⑥平坦地、どこの郭かは覚えてへん①西尾根から東へ降りていく@井尻城跡(中郭)
平坦地
どこかはわからん
中郭のどこかやわ。



⑦南側の竪堀っぽいヤツ①西尾根から東へ降りていく@井尻城跡(中郭)
南側に、法面に沿って入っている堀っぽい凹み
ここを奥に進んで登りました。

多分7城目ってこともあったとは思うが、ケツがけっこう痛かったのは記憶しています。
だからそれなりの斜面やったんやと思う。



⑧上まで登るとこんな感じ①西尾根から東へ降りていく@井尻城跡(中郭)
上まで登るとこんな感じ。
なんか防御設備っぽいでしょ?

竪堀なんかなって思いましたが、詳細はなんともです。
やっぱり謎なんですわな、この城跡。



⑨西尾根に戻ってきた①西尾根から東へ降りていく@井尻城跡(中郭)
西尾根に戻ってきました。

中郭散策を終え、ラストの南郭へと向かいます。


1日7つは飽きるね。
4つ散策して温泉と地方のグルメでシメ
これが一番楽しい。



⑩荒れてきた…@井尻城跡(中郭)
荒れてきました。

ここから南郭は、少し離れます。
5分くらい尾根を進まないといかんです。

でも僕たちは早く散策して、下山してメシを食べたい一心
一つ手前の尾根筋に降りてしまい、南郭をロストしてしまいました。
えへへ



⑪南城を目指す①西尾根から東へ降りていく@井尻城跡(中郭)
さぁて
来週のサザエさんは?

エロカです
早くメシが食べたくて、さっさと散策して帰ろうなんて、城跡に敬意を払わない言葉を口にしてしまいました。
そんなお城愛のないヤツには、天罰がくだるものです。

「エロカ、一本手前の尾根を下り道に迷う」
「ソバッソ、切岸を直下する」
「いつもの二人、でも結局マジメに最後まで散策しちゃう」

の3本です。
じゃんっけんっぽんっ
ウフフフ



寝かしつけを終え
妻氏が起きてきた

家政婦のミタの時間だわ。
ではでは。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ソバッソ店長

Author:ソバッソ店長
城跡に行きてえ。城下町に行きてえ、山城に行きてえ。。。
と、日々悶々と過ごしている30'sです。

京都市在住で聚楽第跡の上で生活(ていうても洛外ですがね…)しているので、「平安京→秀吉さんの作り上げた聚楽第→家康が完成させた現代の京都→現代に続く。。。」を日々通勤時やらフォレスターでのドライブやらチャリンコやらで、フラフラと動いております。

●城跡
●城推定地
●縄張り図
●城下町
●遠征先のメシ
○ときどきパン屋
などをアップしていきます。

皆さまの城めぐりライフの、良きお供になることが出来れば幸いです。

最新コメント

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1082位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
185位
アクセスランキングを見る>>

カウンター