fc2ブログ

記事一覧

丹波 須知城跡②

①25分登ったかな、ようやく城域っぽい@須知城跡
ソバッソです
どうも

あぁ6月も忙しいなぁ
忙しいのと正月に事故られたフォレスターの修理で、代車に乗っているモンで、しばらく遠出ができておりません。
毎週末、左京区の子どもの楽園に遊びに行ってる気がする。
父の日のプレゼントも買わなアカン
今日は職員にリハビリ研修せんならん
帰ったら深夜食堂を観なアカン
忙しい忙しい

そうそう
最近、リキッドコーヒーにミルクを入れてカフェオレにして、ブログ書く用に買ったイスに座って飲みながら深夜食堂を観てるんですが、週に2回くらい近所のドラッグストアに買いに行くんです。
21時くらいに行くと、レジにカワイイお姉さんがいるんすよ。そのお姉さんに会いたいがためにコーヒー飲んでる気がする。



話の枕が長くなり過ぎましたな
須知城跡その2です
ここからは明確遺構モリモリ
30分の登りが報われます。



②散策ルートその1@須知城跡
ようやく縄張り図が役立つエリアに参りました。

シンプルなつくりですね。

僕たちは右側から、つまり東側から侵入する形となっています。

大手はどうやら西側
僕たちが滝から見上げたえげつない崖の上、直登するせーへんのくだりの辺りが画像の中央部、等高線が入り組んだ辺りにつながるのでしょうか。
だとすると、①で紹介した館跡のような高台があった辺りの奥に、もしかしたら大手道があったのかもしれませんね。



③ええ感じの切岸、上がⅤ郭かな@須知城跡
さて真面目に散策しましょうか

城郭東側、防御のメインは切岸でブロック
切岸を見たら、高さと傾斜角度ってシンプルに強いって思います。



④岩盤@須知城跡
岩盤を取り込んだ切岸
石材はたくさん取れたんでしょうね。



⑤石材なんかな@須知城跡
石がゴロゴロ



⑥切岸かな@須知城跡
切岸

中世城郭って感じ
いいっす
好き。



⑦岩盤の切岸@須知城跡
また岩盤
いいねぇ



⑧Ⅳ郭から先を見ています。段々としています@須知城跡
Ⅳ郭

この高さ、下から来たヤツ、そらやられますわ。



⑨Ⅳ郭の西側@須知城跡
Ⅳ郭西端
若干土塁

たとえ甘い残り方であっても、防御機能がイメージできれば、脳内で膨張させることができます。
僕もずいぶん心眼が鍛えられたモンです。

何城くらい巡ったんやろう…



⑩散策ルートその2@須知城跡
散策ルートその2

堀切が出てきますが…
それよりも主郭石垣のインパクトがすげえので、センセは見事に素通り。



⑪Ⅳ郭西北端、岩盤の切岸かな@須知城跡
Ⅳ郭西北端、岩盤切岸

かっけぇ


⑫甘いあまーい堀切土橋に目もくれず進む@須知城跡
堀切と土橋
いや確かに甘いんですがね
でも割とわかりやすかったんですよ

センセは目もくれずに、奥を目指して進みます。
取り合えず撮影。



⑬ヤバいやつ見えてる@須知城跡
あっ
センセにはコレが見えていたんだな。

堀切土橋の上に立って、竪堀がどれくらいあるか探そうと思っていたら、もう立派な石垣しか目に入りません。
そら一目散にココを目指すわ。

一気に疲れが吹っ飛びます。
やっぱり石垣は最強の防御壁だわ。



⑭ヤバい石垣、角が張り出してる@須知城跡
30分も山を登ったその先に、500年も前のこんな人工壁がひっそりと残っているんですもん
そら興奮しますよ。
廃城好きじゃなくても、シンプルにすごいですもんね。

角の張り出し感がいい
コレ、どうやら織豊期以前の造成っぽいんですって



⑮南を向いて愛でる、やっぱり張り出してる@須知城跡
南を向いて愛でます。
張り出していますね。
ちょっとシャクレに見えてきた。


あのシャクレの部分が、織豊期以前の石垣造成時の特徴なんですって。
南端から縦に積んで、それをどんどん手前側に延ばして、シャクレ部分で折り返して更に積んでいったので、あのように角が立ってしまうそうですよ。
(京都府中世城館跡調査報告書に載っていた文面を、だいぶ咀嚼して書きました。間違えてたらすんません)



⑯主郭石垣の北側@須知城跡
主郭部石垣の北側
こちらからⅠ郭に取りつけます。

いい野面積みです。
野面積みの石垣って、技術が発達していない時期やけど、必死のパッチで命や勢力を守るために作りましたでー
っていう必死感が伝わってくるような感じがして、とてもいいです。
近世城郭のキレイな高石垣もスゴイんですよ
スゴイんですけど、あの石垣はもはや抑止力なんで、切迫感が伝わらないんですよね。

でも30分登らなあかんのはマイナスポイントです。
整備してあと10分短縮できる道を作っておくれ。
うそ、整備されていないが為のこの荒廃感
これがいいんです。



⑰虎ロープ、気を付けてね@須知城跡
1郭北側
虎ロープで規制されています

落ちてけがして侵入禁止とかにさせないでくださいね



⑱主郭東端、先ほどの石垣が土塁の下にたっぷり@須知城跡
主郭東端、土塁がうっすら
あの下には先ほど愛でた石垣



②の遺構紹介はコレでおしまい
ラストは大手と思われるエリアをご紹介します。


ではでは






MVIMG_20190519_130232_8.jpg
最後にクソ親父の日常

東近江市
ヘムスロイドの杜
クラフト市

後輩のミクちゃんが出店している場所にようやく到達



MVIMG_20190519_130659_9.jpg
信楽焼きの職人さん
キレイな実用性のある食器から、コレは悪ふざけですよね?っていうモノまで作っています。


うむ
仕事も恋も、趣味も何事も
悪ふざけができる余裕がないとダメってことだ。


明日からも余裕を持ったクソ親父スタイルで働こう






ではでは

関連記事
スポンサーサイト



コメント

Re: 登城失敗者

安井さま
こんばんは
初めましてソバッソと申します。
コメントありがとうございます。特に宣伝もしてないブログですが、良く辿り着かれましたね。。。素直に嬉しいです。


さて須知城跡ですが、明石側からであれば整備されているそうなので角度に負けずにひたすら登れば、虎ロープが出てきてそれを頼りにもう一登りすればゴールです。
私の使った琴滝の搦手ルートは、整備されておらず案内板も滝の所以外は無かったので、合っているのかココロが折れそうになりながら登ったモンです。


ただ、城跡に辿り着けたら圧巻ですよ。
ぜひリトライして見て下さいね。

丹波は激戦区
非常に有料物件(城跡)だらけですので、ワタシもまたお邪魔させて頂きますね。




ソバ

登城失敗者

私たちは数年前この城を登りかけたのですが途中であまりの斜面でギブアップしてしまいました。
実はこの街で生まれ育ったにも関わらず登城したことがなく、一度はこの目で見てみたく挑戦したのでしたが… 登城口は明石からでした。
いつかもう一度トライしたく思っております。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ソバッソ店長

Author:ソバッソ店長
城跡に行きてえ。城下町に行きてえ、山城に行きてえ。。。
と、日々悶々と過ごしている30'sです。

京都市在住で聚楽第跡の上で生活(ていうても洛外ですがね…)しているので、「平安京→秀吉さんの作り上げた聚楽第→家康が完成させた現代の京都→現代に続く。。。」を日々通勤時やらフォレスターでのドライブやらチャリンコやらで、フラフラと動いております。

●城跡
●城推定地
●縄張り図
●城下町
●遠征先のメシ
○ときどきパン屋
などをアップしていきます。

皆さまの城めぐりライフの、良きお供になることが出来れば幸いです。

最新コメント

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1082位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
185位
アクセスランキングを見る>>

カウンター