fc2ブログ

記事一覧

讃岐 引田城跡③

どこやろ

皆さまこんばんわ

「風林火山」の謀略、桶狭間を流しながら書いてます。
テッテレテー、テレレッテレテーレー
いやぁ神大河。
しかしこの回で義元ロスなんだよなぁ。谷原隼人さんの義元さん、メッチャかっこいい。

さて引田城跡もいよいよ最後の記事、東ノ丸から再開
多分、ここが接続路やと思うんやけど。


東の丸付近看板


ハイ看板


東の丸


いい石垣ですな。遠巻きですが東の丸です。
これくらいの高さの石垣で防御してた城って、下に帯曲輪が通ってて二段三段構えに防御してるところが多いので、僕は好きです。高石垣も魅力的なんですがね。


東廓接続路


東の丸への接続路


東の丸へ


登れば東の丸へ
画像が無え…すみません…


化粧池付近


さて気を取り直して化粧池へ向かいましょう。。。(たまに忘れちゃうんですよね)
東の丸から戻る接続路はこんな感じです。
往路はこんな印象なかったのに、いざ戻ってくるとエラい茂ってたんやなって気づく。
イヤー、夢中になるって怖いね。


下がれば化粧池


土嚢で一部固められ、虎口のようにパコっとへこんだ個所が一か所あります。ココが化粧池への道です。
分かりにくいですので、頑張って散策して下さい。


化粧池へ



シダってます。
マジでココであってるの?と不安になる場所です。
そして下がる際は足元注意。池だけに湿地です。ぬかるんでます。


化粧池石垣


化粧池石垣です。
撮影した場所は池の中です。若干乾いている足場があったので、そこから撮影。グルリと石垣で囲われています。
が、撮影は結構難しいです。暗いのと足場悪いのでブレるわピント合わんわ。
マニュアル撮影はひと苦労でした。


天守台へ


さて石垣を愛でたら戻りましょう。
ここからそのまま本丸へ接続できます。
それがココ。シダの間に道があります。(30cm程の足場)


天守台へ2


上から見るとこんな感じ


天守台へ3


ハイ
もう少しよ。開けてくるときの感覚、なんとも表現しがたい。
ワクワクしますよね。


天守台だなこや


天守へ到着。
海が一望。いい景色ですな。全部の設備がぐるりできるのは魅力。
天守台付近にベンチが一脚、上にはなぜかノートが置いてあり、何かを書きこめるようになってます。
ここでゴール。
あとはスタートした本丸石垣に戻り、下山です。


大手跡?


最後にコレ
多分、大手路。
イバラが茂っているため、ズボンはズタズタにやられます。


大手跡?2


うーん
伝わるかなぁ。

この城跡の感想は、防御設備はさほど発見出来なかったので、あまりオススメではないです。
でも石垣フェチの方で、野面が好きって方は一見の価値ありやと思いますよ。

ではではまた次回。
あー義元さま、お討ち死に…
おけ・は・ざ・ま・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ソバッソ店長

Author:ソバッソ店長
城跡に行きてえ。城下町に行きてえ、山城に行きてえ。。。
と、日々悶々と過ごしている30'sです。

京都市在住で聚楽第跡の上で生活(ていうても洛外ですがね…)しているので、「平安京→秀吉さんの作り上げた聚楽第→家康が完成させた現代の京都→現代に続く。。。」を日々通勤時やらフォレスターでのドライブやらチャリンコやらで、フラフラと動いております。

●城跡
●城推定地
●縄張り図
●城下町
●遠征先のメシ
○ときどきパン屋
などをアップしていきます。

皆さまの城めぐりライフの、良きお供になることが出来れば幸いです。

最新コメント

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
729位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
141位
アクセスランキングを見る>>

カウンター