fc2ブログ

記事一覧

播磨 小谷城跡③

①西ノ丸の横堀、兼帯郭@小谷城跡
今日のわたしはキゲンがいいー
それはあんたとは関係ないー
あたーらしいー服きーてーるーからー

暑い
オトコの夏は、黙って上半身裸じゃい

こんばんわソバッソです
あついっすねぇ
いや確かにキゲンいいからブログ書いてるんやけどな
服は着ていません。
なんのアピールなんかアレですが。


さて本題に戻りましょう
小谷城跡はラスト記事、西ノ丸の西端目指してせこせこ歩きます。
この画像は南側の横堀兼帯郭です。
奥の方が虎口っぽい場所で、下からの登りに対して迎撃態勢をとっております。



②散策ルート@小谷城跡
ほいいつもの散策ルートです。
西ノ丸をチョコチョコ歩いていきます。



③食い違い@小谷城跡
帯郭を西へ進むとブチ当たります食い違い。
ここの面白いのは、食い違いの両脇は竪堀状に落ちているところ。
やっとこさ竪堀を登りきったと思ったら、上でボトルネックに行動範囲を狭められて上からズドン



④コブコブしとる、2段にコブコブ@小谷城跡
竪堀状に落ちている部分
間に段郭なんかな
若干コブコブ



⑤ここ一番好き、虎口と横堀の合流地点@小谷城跡
ここ一番好きな場所
食い違いを下から撮影。

上からはズドン
左右側面からもズドン

つまりズドンですな


⑥西の登り口につながるんかな@小谷城跡
竪堀状に落ちている場所その2
西の尾根につながるんでしょうか?



⑦西ノ丸を見上げる@小谷城跡
西ノ丸を見上げる

登ります。



⑧西ノ丸堀切@小谷城跡
西ノ丸に侵入
竪堀



⑨奥が西端@小谷城跡
あれ?
なんか散策ルートの順番と違う
まぁ気にせずいきましょう

落語を面白く聞くためには、聞き手側の想像力も必要なんです。
だからテレビのバラエティに出てくるテロップに頼って笑っていたら想像力は乏しくなるんです。
だから僕の記事を読むときも、しっかり想像力を働かせてください。
そして話3/4程度の信頼度で参考にしてください。


たったぶん
奥が西ノ丸の西端です。。。
ぐだぐだしてすみません。。。



⑩怪しげな木橋を越えれば、若井峠へ@小谷城跡
西ノ丸西端に向かう土橋ならぬ木橋

たまにこういうのありますけど、信用していいのか躊躇しますよね。
H31.4現在、信用して大丈夫でしたよ



⑩土橋付堀切@小谷城跡
さきほどの木橋から見上げた西ノ丸ピーク
土橋ですな
脇は竪堀になっています。



⑪西ノ丸北側、畝上竪堀群…@小谷城跡
西ノ丸の北側法面
竪堀が4条ほど表記されていましたが、発見できません。
侵入しようかと考えましたが、案外傾斜がキツイので諦めました。



⑫戻ってきた@小谷城跡
西ノ丸と主郭部の大堀切に戻ってきました。
やっぱいい切れ方してますね。

これで散策はおしまい。
あとは無事に下山するのみです。



⑬下山、直登したら堀切の辺りに出ると思われる@小谷城跡
下山
多分、さっきの大堀切がこの辺に降りてくる感じやと思う。
直登も面白いんやけど、こんなに整備された道があるのに使わない手はないですよ。

何より変な目で見られますので。



⑭帰ってきた@小谷城跡
お帰りなさい
家に帰るまでが城跡散策です。
無事に帰らないと、今後絶対に行かせてくれないやろうからね。



⑮公民館にあった看板、中央遊歩道から登城@小谷城跡
公民館まで戻りました。
散策ルートが3か所ありますな。
それぞれ、あの東端西端に出てくる感じやったんでしょうね。
山の裏側の北側からはきっと侵入できないほどの崖で、そこに竪堀群を敷いたんで、北から登るヤツは死ににいくようなもんやったでしょうね。

まぁどこから登っても、大概厳しい防御やったけどな。



という事で、じゃない方の小谷城跡の遺構紹介はこれでおしまい
じゃなくても、かなりキッチリした城跡でした。

やっぱ山城遺構はいいっすねぇ
残るところはキッチリ残りますもんねぇ
来月の丹波攻めが楽しみだわー
6月なんで今シーズンラストですな。



ではでは


⑯記念撮影
最後にクソ親父の日常

アンパンマンミュージアム
今年から写真が4人になりました。
うちの玄関に3枚並んでいますが、長男の成長っぷりと僕と妻氏の劣化が見て取れて、なかなか秀逸です。



⑰誕生日プレゼント
アンパンマンミュージアムを満喫し、今度はナガシマアウトレットへ
長男の誕生日プレゼントを探しに来ました。

こいつクソ高いのほしいとかいいやがった
でも、おねだりしたのが初めてやったんです。
ハッキリと「コレつけてみたい」って、自己主張したんです。
そら買うしかないっしょ
僕、バブリーですから。ウソです。



⑱ライダーに変身した長男
早速ライダーに変身して大喜び
なんか、ちゃんとポージングもしとります。

仮面ライダー サラダパン





さて次は飛ばした諏訪原城跡の記事を書きましょうかね
いやーでもなぁ
この前行った丹波遠征のヤツも気になるんすよねぇ

どっちにせよ
また気が向くのはいつになるかしらね。



ではでは
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ソバッソ店長

Author:ソバッソ店長
城跡に行きてえ。城下町に行きてえ、山城に行きてえ。。。
と、日々悶々と過ごしている30'sです。

京都市在住で聚楽第跡の上で生活(ていうても洛外ですがね…)しているので、「平安京→秀吉さんの作り上げた聚楽第→家康が完成させた現代の京都→現代に続く。。。」を日々通勤時やらフォレスターでのドライブやらチャリンコやらで、フラフラと動いております。

●城跡
●城推定地
●縄張り図
●城下町
●遠征先のメシ
○ときどきパン屋
などをアップしていきます。

皆さまの城めぐりライフの、良きお供になることが出来れば幸いです。

最新コメント

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1082位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
185位
アクセスランキングを見る>>

カウンター