fc2ブログ

記事一覧

播磨 善防山城跡③

①明確な平坦地、今までで一番広い@善防山城跡
こんにちは
ソバッソです

ボクの思い入れがある漫才師、プリマ旦那が平成の終わりに改名するとのニュースを見ました。アイツら、ホンマ立派になったなぁと。
「令和喜多みな実」か、漫才師らしいコンビ名でいいと思うよ。陰ながら応援しておきます。

さて城跡記事は最終回、ようやく縄張り図エリアに突入。
明確に段々と郭が並んでいますね。



⓪主格看板、縄張り図その1@善防山城跡
縄張り図に落書きしてみました
先ほどの段々が①です。



②下にもう一段平坦地がある@善防山城跡
細長い郭、その一段下にも郭。
コレが②の辺り



③上が主郭@善防山城跡
段々を乗り越えていきますと、こんな感じ
いよいよ主郭に近付きました。



④主郭部、巨石ゴロゴロ@善防山城跡
主郭部、巨石ゴロゴロ
中央の巨石、なんかヘビの頭みたいっすね。

いい景観ですよ
やっぱ主郭は開けていないと魅力半減だわ。
山中で見渡せない主郭ありますけど、ガッカリしますもん。



⑤主格看板、縄張り図 その2@善防山城跡
縄張り図その②
ここからは③④と攻めていきます。



⑥主格から一段下がる@善防山城跡
主郭から一段下がったところの切岸ですな。③ですわ



⑦主格から東側、出郭的な所へ向かう@善防山城跡
岩盤をうまく取り込んだ切岸。



⑧ここにも巨石@善防山城跡
出郭を目指す
巨石ゴロゴロ



⑨平坦地、更に奥にも出郭@善防山城跡
出郭出す
④の位置

奥にも出郭あるんですが、あぁちょっと遠いなぁ、ほんでココの出郭はなにもなかったので、もういいかなぁっと思って散策をサボりました。
帰宅してから他のサイトで調べ直したら、石垣があそこにあるとの事でした。今更ながら後悔しまくり。

皆様、歩いて行ける場所は頑張って歩いて散策しましょう。
ホント、ガッカリでした…



⑩戻る、岩盤を使った虎口@善防山城跡
そんな後悔の念にかられるとも知らず、主郭に戻ります。
岩盤虎口。
カッコいい。



⑪上が主郭部@善防山城跡
上が主郭。



⑫主格からの眺望、山が連なる@善防山城跡
主郭からの眺望
いいっすねぇ

ココの城郭、山々が連なってるみたいなんです、
ってことは、あちらの山にも城跡があるんかな。



⑬主格から南の郭へ向かう@善防山城跡
さて主郭南西側の郭を探しに行きます。



⑭主格看板、縄張り図 その3@善防山城跡
⑤⑥の方面です。



⑮脇に段郭があるんだが…@善防山城跡
脇に郭があるみたいなんやけど…
ヤブですな。

忘れてた
無無無



⑯土橋っぽく細くなる@善防山城跡
土橋っぽい



無無無



⑰竪堀やと思われる@善防山城跡
竪堀っぽい


無無無無無


基本、堀切系の遺構はないもんやと思って、最初から主郭部の巨石が目当てやと思って散策することをオススメします。
いや、もしかしたら僕のレベルでは発見出来なかった遺構があるのかも知れない。レベルアップして三年後にリトライを検討します。



⑱二郭北側の石垣@善防山城跡
帰路、郭の側面が気になって、ギリギリ一段降りられそうな場所があったので、ちよこっと降りてみた。

あら、石垣じゃねえ?

確かに街道から見える側なので、こんだけ岩盤質な山に築いたんだから、石垣があってもいいよね。
出郭にも街道側に石垣が巡らせてあった事(見てない)から推測すると、華美に魅せておきたかったんかなぁと関連付けられなくもない話ですな。
真意は知らん
だれか先生方にお伺い立てて教えてくれぃ


あぁ
なおのこと
見落とした出郭石垣が悔やまれる。。。
皆さま、散策は計画的に。。。






以上で遺構紹介はおしまいです。



関連記事
スポンサーサイト



コメント

Re: 参考になりました

ハナさんこんにちは
お便りありがとうございます。

憧れのハナさんからお言葉頂けるなんて
嬉しい限りです。

そうですⅣ郭だと思います。
途中まで行ったんですが、あとちょっとが面倒くさくなってしまいまして。。。
廃城巡らー失格です。
帰ってから調べてなんとも残念な見落としが発覚。


マジメに散策せなアカンですね。
励みます。


ちなみに
今週末は京都市京北町方面の城跡に行ってきます。
登り納めかな?
次は秋かな。



ソバ

参考になりました

こんばんは
ハナです

烏帽子ルートで登り大手ルートで
下山しました。
出城って4郭の石垣のことですか?
それは残念(*_*)
東櫓は特になにもなかったです
楽しかったけど久しぶりの山城で
少し疲れました

ハナ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ソバッソ店長

Author:ソバッソ店長
城跡に行きてえ。城下町に行きてえ、山城に行きてえ。。。
と、日々悶々と過ごしている30'sです。

京都市在住で聚楽第跡の上で生活(ていうても洛外ですがね…)しているので、「平安京→秀吉さんの作り上げた聚楽第→家康が完成させた現代の京都→現代に続く。。。」を日々通勤時やらフォレスターでのドライブやらチャリンコやらで、フラフラと動いております。

●城跡
●城推定地
●縄張り図
●城下町
●遠征先のメシ
○ときどきパン屋
などをアップしていきます。

皆さまの城めぐりライフの、良きお供になることが出来れば幸いです。

最新コメント

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
729位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
141位
アクセスランキングを見る>>

カウンター