fc2ブログ

記事一覧

摂津 端谷城跡③

①この土塁、竹ヤブにつき@端谷城跡
こんにちはソバッソです。
無事に昇給し、一年間の努力を会社に評価して頂きました。
ありがたやありがたや
その金額を遠征に回したいところですが、次男の予防接種費用で昇給分が全てペイされてしまいました。

嗚呼サラリーマン


さて端谷城跡もいよいよ佳境
ってか、あとはヤブなんで、キャッキャ言いながら見て回れるエリアは②の記事までなんすよね。
ここからは、城跡の全容を知りたい知識欲高めのお方か、もしくは冒険好きなお方にのみオススメします。

ズタズタですよ。




⓪看板縄張り図、堀ツアー@端谷城跡
さて現地看板の縄張りチェック
上の方に黒線引っ張ったところを、左から右側に回り込む形で、ヤブ化した土塁を歩きます。
そして帰りは堀底へ降りて、右から左へ堀底道を戻ってきました。



②竹ヤブ、覚悟して下さい@端谷城跡
ご覧のとおり竹藪です。ご覚悟下さい。
中央のぽっこりが土塁です。右が堀底、左はガケ。



③平坦地@端谷城跡
土塁の左側、一段下がったところに平坦地を発見。
看板に記載ないけど、郭やと思います。



④平坦地、こっちのが分かりやすいか@端谷城跡
こっちはもう一段下がった平坦地。
確か段々になっていたハズ。

でも奥の方が白くなっていますよね、ガケですよあそこは。



⑤土塁の西端@端谷城跡
さて話を土塁上に戻しましょう
スタートの土塁と同じような写真ですが、かなり奥まで進んできました。
ずっとこんなヤブなんです。

ここが右端まで、回り込めるだけ回り込んだ位置です。
写真に撮るの忘れてたんですが、一番最初の堀と土塁セットが、ここから視認できるっぽいんです。

つまりホントぐるりと主郭と二郭を囲っているような格好なんですよね。
ほぼ独立。
ここは攻めさせられたくないですな。




⑥少し戻り、堀底にアプローチしてみた@端谷城跡
さてヤブ土塁に飽きてきたので、堀底に降りられそうなところから入ってみました。
奥に主郭が見えていますが、それなりに後悔します。


いや、楽しいんやけどね。



⑦とりあえず竹ヤブ@端谷城跡
とりあえず竹やぶ

期待せず突き進んで下さい。



⑧堀底からコンニチハ、左が主郭櫓台@端谷城跡
期待せずに突き進むと、左上に希望の光が出てきます。

主郭と堀底の高低差が露見する瞬間です。
主郭がマジでカッコよく見えますよ。

あれを見るためだけに、堀底へ降りるのも一興
でも降りたら身動き取れずに発狂



⑨戻ってきました。フレディ並のこんもり@端谷城跡
そんなこんなしていると、元のフレディ郭(彼の股間のように飛び出た、の意)に戻ってきました。

しかし飛び出ていますな。



⑩主郭を見上げる@端谷城跡
フレディから主郭を見上げる。

どこの城跡もそうなんですが、カッコいい遺構って高低差スゴいですよね。ここから見上げる主郭は、サイコーに良かったっす。



⑪あのフレディは、何を守っていたんだろう@端谷城跡
フレディによってみました。
寄ると、こんもりした感じが立体化します。

ん?
土塁なんかな?
堀底の仕切り?

うーん
記憶が薄くなってて、
思い出せん。


まぁ、現地行くかネットで調べてみてよ。
こっそり教えてね。



⑫みんな戻ってきた@端谷城跡
先行していましたが、みなも戻ってきました。
ヤブに足を取られて進めなかったみたい。

それくらい、いい感じにヤブでした。
でも楽しさはありますよ。
高望みせずにせめてみてもいいと思いますよ。




⑬満福寺の鬼瓦@端谷城跡
帰り道

満福寺裏に置いてあった鬼瓦さんにご挨拶。
さよならー
また二年後くらいに遊びにきますねー




遺構フォトはこれでおしまいでございます。





IMG_20190227_180318_1.jpg
最後に、クソ親父の日常

年始に、姫路でクルマに割り込まれて事故りました。
どう考えても向こう側が悪いのに、それを証明できないとのことで、泣き寝入りしなくてはいけないことになりました。
悔しいので、ドライブレコーダー取り付け中。
コレでどこに行くにも安心して出掛けられるぜ、5万したけどな。昇給した分を上回っとるがな。


さて帰宅した折に、どんな映像が録画されているのかチェック
な、なんと
あいみょんを熱唱するわが美声と共に流れる地元の風景…
こんな恥ずかしいデータ…提出できひんで…




ではでは
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ソバッソ店長

Author:ソバッソ店長
城跡に行きてえ。城下町に行きてえ、山城に行きてえ。。。
と、日々悶々と過ごしている30'sです。

京都市在住で聚楽第跡の上で生活(ていうても洛外ですがね…)しているので、「平安京→秀吉さんの作り上げた聚楽第→家康が完成させた現代の京都→現代に続く。。。」を日々通勤時やらフォレスターでのドライブやらチャリンコやらで、フラフラと動いております。

●城跡
●城推定地
●縄張り図
●城下町
●遠征先のメシ
○ときどきパン屋
などをアップしていきます。

皆さまの城めぐりライフの、良きお供になることが出来れば幸いです。

最新コメント

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
729位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
141位
アクセスランキングを見る>>

カウンター