fc2ブログ

記事一覧

摂津 端谷城跡②

①主郭、櫓台、センセ@端谷城跡
こんばんは
ソバッソです。

今日は月末、公休。
先月に姫路で、クルマを当てられた事故のやり取りで、確実に向こう側が悪いのに「証拠がないから五分五分」になったことに納得出来かねたので(仕方ないから、それでいいよって許してあげたけど。ネチネチ言うタイプの僕)、ドライブレコーダーをつけることにしました。
オートバックスで工賃込みの五万円。さすが管理職、太っ腹、と妻氏が言ったとか言わないとか。いえいえ、その分遠征行く時には交渉材料として使わせて戴きますよ。モチロン。

と、関係ない話が膨らんでしまった。
取り付け待機中なんです。


さ、遺構紹介に入りましょう。
ここは主郭
隅櫓跡に立つセンセです。




②櫓台から北部の堀切を見下ろす@端谷城跡
櫓台跡から北側を見下ろしてみました。

スッゲー深さ
モチロン、後で下ります。




③西の郭に降りる@端谷城跡
さぁここまでは、大変散策しやすく整備してありました。
ここからは廃キング。


西の郭へ降りてみました。



⓪看板縄張り図、西郭~大堀切@端谷城跡
看板の黒い線を、横に引いた部分にいます。



④西の郭先端部@端谷城跡
西郭の先端部です。
つき出した台地って印象でした。

物見かつ渡河した敵を迎撃したんすかね。
とにかくロケットおっぱいの如く飛び出ていました。



⑤土塁?かな@端谷城跡
今度は、看板縄張り図の縦に引いた線を、上に向かって進みます。
西郭から北へ行くには、こんなコモっとしたモノを越えなきゃ行けません。

土塁なんかな。



⑥土塁?を越えると一気にヤブ化@端谷城跡
それを越えると、一気にヤブりました。
掻き分けて進みます。



⑦土塁かなぁ…崩落しているからわからん@端谷城跡
右上の明るい辺りが主郭の隅櫓だと思う。
メチャクチャ高いの分かりますかね。

そして竪に走る土塁のようにも見えますが、この辺りは崩落箇所なので真意は分かりません。



⑧法面を慎重に奥へ進む@端谷城跡
先ほどの崩落エリアを、更に奥に、つまり北に進みます。

法面はほぼガケ
気をつけてね。



⑨ちょっと足場が悪いです@端谷城跡
ちょっと険しい
気をつけて



⑩大堀切出現@端谷城跡
来ました
今回のメインディッシュ
北側の大堀切

右上が主郭です。
左には土塁がグルリと主郭を半周するような感じで囲い、その内側を全部くり貫きましたって形ですわ。

食べ終わったメロンのヘタみたいな感じかな?
いや、これは分かりにくい例えやわ



⑪堀切手前の郭@端谷城跡
堀切出前の郭
ここもちょっと飛び出てロケットおっぱい気味



⑫ロケットおっぱいに近づいてみた@端谷城跡
右奥はこれまたガケになって終わりです。

ロケットおっぱいやと思って画像を見ていると、不思議といとおしく見て…てこないな。うん、見えてこない。



⑬右が大堀切、左が土塁、越えると崖@端谷城跡
堀切の外側の土塁に取り付いてみました。
右が堀切
左は、尾根が延びて別の山に繋がってそうな感じでしたが、私有地っぽくなったので散策せず。もしかしたら、更に堀切とか入っていたかも。見つけたら教えて下さい。



さて②はこれでおしまい






IMG_4932_4.jpg
ソバ家によくある光景
新しいパン屋の発掘。
バケットがうまいパン屋は、他のパンもうまい。
なのでよくバケットを買ってきます。

今回のは左京区下鴨のパン屋
上手かった。




IMG_4931_3.jpg
長男もバケットのカリカリした感じが好きで、よく食べます。
地方遠征したときに、その地方の有名なパン屋とかも行きたいんやけど…いかんせんスケジュールぱんぱんに詰め込んでしまうので、パンパンを買いに行く時間がないという…


いつまでたっても遊ぶことに夢中なソバッソです




ではでは
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ソバッソ店長

Author:ソバッソ店長
城跡に行きてえ。城下町に行きてえ、山城に行きてえ。。。
と、日々悶々と過ごしている30'sです。

京都市在住で聚楽第跡の上で生活(ていうても洛外ですがね…)しているので、「平安京→秀吉さんの作り上げた聚楽第→家康が完成させた現代の京都→現代に続く。。。」を日々通勤時やらフォレスターでのドライブやらチャリンコやらで、フラフラと動いております。

●城跡
●城推定地
●縄張り図
●城下町
●遠征先のメシ
○ときどきパン屋
などをアップしていきます。

皆さまの城めぐりライフの、良きお供になることが出来れば幸いです。

最新コメント

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1082位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
185位
アクセスランキングを見る>>

カウンター