fc2ブログ

記事一覧

摂津 滝山城跡①

①新神戸@滝山城跡
こんばんわ
ソバッソです。

次男と家族が姫路から、我が家に帰って参りました。
今、僕の後ろでグースカ寝てくれています。
晩はなかなか寝んのです。妻氏が長男を寝かしつけている間、ミルクをナンボ飲ませてもギャン泣きしている次男。
怖い、怖すぎる


という事で
クソ親父モードは自粛中
ただ静かに、許可が下りるその時を待ちます。


今回の記事は新神戸駅のすぐ裏手にあります、滝山城跡です。
こんな都会の裏山に、なんて素敵な城跡があるのでしょう。
クソ親父は感激でした。



②駅の裏@滝山城跡
新神戸駅のバスロータリーから裏手に回ります。
布引の滝
を目指して歩けば登り口に辿り付きます。

Tokyo
Onani
思わず撮影



③ココを登ればエグしんどい道@滝山城跡
ココの階段を登れば、エグしんどい、旧登り口のようです。
大手なんかな。

僕たちはしんどいのキライなんで
ココからは登らず

常々、山城にはエスカレーター完備か、3郭手前まで車が侵入できる舗装路完備を熱望しております。
マニュフェストに掲げる政党があれば、応援しますよマジで。



④僕たちは滝経由の少し楽なルートへ@滝山城跡
楽が好きな僕たちは、布引の滝を経由する楽なルートを選択
楽といっても40分登ります。

ストックで看板をこづいているのはディーさん
真面目で気の利くマメなディーさんの、あっ案外お行儀悪いところあるやん
って驚きとなぜか嬉しさを感じたので載せてみた



⑤雄滝を目指す@滝山城跡
右の階段を登ります。
雄滝ってところに到達する道です。
ちなみに左は雌滝。



⑥整備ありがとうございます@滝山城跡
ホウキ完備
整備ありがとうございます。

気が向いた方は、ぜひ掃除して行ってください。
怒られても知りません。



⑦雄滝@滝山城跡
雄滝

滝つぼデケェ
センセに教えてもらったけど、滝つぼってだんだん後退していくんですってね
だからココも、何千年後かには後退しているのかも。
歴史を感じますな。



⑧展望台、トイレ・自販機完備@滝山城跡
展望台
ここまでだいたい20分かな

たくさんの登山客であふれていました。



⑨神戸港が一望@滝山城跡
神戸港を見ました
ロケーション最高



⑩猿のかづら橋を目指す@滝山城跡
展望台を通り過ぎ
猿のかずら橋を目指します。



⑪そのかずら橋@滝山城跡
かずら端
渡る

若干怖い



⑫橋を渡って登る@滝山城跡
景色が変わりました

奥にロープウェイが見えます。
布引ハーブ園に行くヤツらしいです。



⑬新神戸の街並み@滝山城跡
登って振り返る
スゴイ景色
コレみただけでも十分値打ちあるわ。



⑭ロープウェイ@滝山城跡
ロープウェイ
アレに乗って、中腹の駅で下車して歩いて城跡に入る方法もあるらしいですが、少々離れているように思いましたので、やっぱ滝を目指して登るのがいいと思います。



⑮ようやく城域らしくなった@滝山城跡
登り始めて35分
ようやく城跡っぽい雰囲気が出てきました。



現地看板縄張り図①(補正)@滝山城跡
さてここで登場
現地看板の縄張り図です
ホンモノはかなり見にくい色合いだったため、補正かけています。
そして今回、初挑戦したのですが、紹介するエリアをペインターで四角くかこってみました。
分かりますかね?

かずら橋が左下の四角
そしてこの前の画像の場所が、その右上の四角

どんどんできる事が増えてきた。



⑯東郭群の段郭@滝山城跡
ようやく本格的に城域でございます。
ここまで40分
なかなかしんどいですが、損はしません。

このそびえ立つ東郭群の切岸が、同行者の魔王にキバを剥きます。
さてさてどうなる事やら。




登城ルート紹介はここまで
次の記事ではがっつり遺構紹介していきます。












IMG_4879_2.jpg
最後に脱線画像

京都から神戸を目指した高速道路です。
朝5時、事故で渋滞中
神奈川から来た、同行者の魔王のクルマも渋滞に巻き込まれていたそうな。
僕は渋滞を避けて新名神に乗ったので、時間通りに集合場所の端谷城跡に到着。
渋滞に巻き込まれた魔王は、30分程遅刻する予定だったが、結局5分遅れくらいで到着。

助手席に乗っていたセンセいわく
「前に車がいたら、とりあえず抜かす」という運転方法だったそうな
神奈川の人はみんなそんな感じなんかな。。。怖いわ。。。




IMG_4881_4.jpg
新神戸のコンビニトイレでウンチタイム

奈良の高取城跡では、ゲストのS虫さんを待たせたらマズイと思って、焦ってきばったらオシリ切れて2週間は悶絶してたんです。
なので今回は、みんなを待たせてでもゆっくりとウンチタイムを取らせて頂きました。

気付けばヤツらは別のコンビニへ行き、ファミチキを食べていました。
ガチで置いていかれたと思った汗





ではでは


関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ソバッソ店長

Author:ソバッソ店長
城跡に行きてえ。城下町に行きてえ、山城に行きてえ。。。
と、日々悶々と過ごしている30'sです。

京都市在住で聚楽第跡の上で生活(ていうても洛外ですがね…)しているので、「平安京→秀吉さんの作り上げた聚楽第→家康が完成させた現代の京都→現代に続く。。。」を日々通勤時やらフォレスターでのドライブやらチャリンコやらで、フラフラと動いております。

●城跡
●城推定地
●縄張り図
●城下町
●遠征先のメシ
○ときどきパン屋
などをアップしていきます。

皆さまの城めぐりライフの、良きお供になることが出来れば幸いです。

最新コメント

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1082位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
185位
アクセスランキングを見る>>

カウンター