fc2ブログ

記事一覧

摂津 淡河城跡

①静かな場所@淡河城跡
こんばんわ
ソバッソです。

H31.2.2.
クソ親父モードも最終章
広島、奈良、静岡(豪雪により幻に終わりました…)、そして今回の神戸
と、妻氏の帰省中に合計10城のリア攻め敢行
ありがとう妻氏
しかし来月の高速代はいくらになるだろうか…

さて神戸遠征
ここは道の駅淡河のすぐ近く、その名もまんまで淡河城跡でございます

道の駅にクルマを停めさせて頂きまして、その裏山を目指して歩きます。
城跡までだいたい3分



②グッドスメル@淡河城跡
ワァオ
家畜ですな

辺りにはグッドスメルが充満
おいしい牛乳を作ってくださいね



③搦手側から@淡河城跡
センセの記憶を頼りにジャブジャブ進むと、出てきました案内板
やっぱ整備された城跡の安心感は違いますな。
実はこの淡河城跡は、織田が中国地方攻めをしている間に、摂津で荒木村重さんが寝返って反乱した際に三木城の別所さんと一緒に反旗を翻した場所やったと思います。
ほんで周辺には、織田が淡河城を攻めた際の砦跡が残っているとの情報を入手しまして、周辺砦散策にもアタックしてきました。



④5分で主郭@淡河城跡
とりあえず淡河城へ登ります。
魔王、ココで内モモを吊る。
いや彼女、横浜で仕事して一時間寝て、愛知のセンセを迎えに行って、山に登ってるんですからソラしんどいですって。

てかセンセ、愛知から運転してやれよ笑



⑤看板@淡河城跡
看板出てきます

この城跡は、この日3つ目でして
もうお腹いっぱいになってた状態なんすよね
だからそんなにちゃんと散策していないんす。



⑥主郭と土塁@淡河城跡
登り始めて5分
主郭です。

土塁完備
広い広いレオパレス物件でございます。



⑦主郭と二郭間の堀@淡河城跡
土塁の外側は見事な堀跡
斜面を奥にグイグイ進みます。



⑧土橋?@淡河城跡
土橋?みたいな畝みたいな場所がありました。



⑨堀@淡河城跡
左が二の丸かな
右にも堀があります。



⑩主郭虎口@淡河城跡
主郭虎口
はて、どこにあったんやろう
全然記憶にない



⑪二郭の堀@淡河城跡
二郭の堀跡
奥に入れば堀底に侵入できるんでしょうかね。

いやーこのときはお城腹がいっぱいで、全然散策意欲が沸かなかったんですわな。


しかし登って5分でいきなりドカンと遺構です
帰宅後に振り返ってみると、なかなかいいコスパですな。

周辺ものんびりした時間が流れる集落なので、少々足にきていた状態だったので、ええ感じに休憩できましたわ。



さて遺構はここまで

次は淡河周辺の砦散策を行います。














IMG_4854_0.jpg
最後に

この神戸遠征の前の週
センセを愛知で拾って、静岡の丸子城跡に行こうと、早朝4時に京都を出発しました。

道には積雪
なかなか険しいスタートでした。



IMG_4859_1.jpg
新名神は雪で通行止め
名神を使い、関ケ原経由で名古屋を目指しましたが…
彦根辺りで、あいにくの道路状況…
諦めてUターン

8時頃に京都へ戻り、地元の朝マックを買って、そのままフテ寝
3000円の朝マック
いつもと同じ安定の美味しさでした。


無茶したらあきまへん



ではでは


関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ソバッソ店長

Author:ソバッソ店長
城跡に行きてえ。城下町に行きてえ、山城に行きてえ。。。
と、日々悶々と過ごしている30'sです。

京都市在住で聚楽第跡の上で生活(ていうても洛外ですがね…)しているので、「平安京→秀吉さんの作り上げた聚楽第→家康が完成させた現代の京都→現代に続く。。。」を日々通勤時やらフォレスターでのドライブやらチャリンコやらで、フラフラと動いております。

●城跡
●城推定地
●縄張り図
●城下町
●遠征先のメシ
○ときどきパン屋
などをアップしていきます。

皆さまの城めぐりライフの、良きお供になることが出来れば幸いです。

最新コメント

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1082位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
185位
アクセスランキングを見る>>

カウンター