fc2ブログ

記事一覧

大和 宇陀松山城跡①

①登り口の、まちづくりセンター@宇陀松山城跡
こんばんわ
ソバッソです
高取城跡の散策中に降った雨に、カメラレンズがやられて、ずっと左下が白くうつっちゃってる…
すげー雨のなかやったんすよ、ホンマ寒かったわ。

高取でメシを食い、黒木西城跡という廃城に行く予定やったんですが、いかんせん雨のなかで情報が少ない山城に行くのは危険だろうという事で、予定を変更して割と整備されているこの城跡へ来ました。
僕たち、いつも欲張って限界まで城に行っていましたが、少し自重する事を覚えました。成長したね。


この城跡ですが、僕が山城に興味を持つきっかけになった城跡です。
よく考えれば、初めてちゃんと登った城跡が宇陀松山と高取やったな。
図らずとも今回は、その逆打ちになりました。感慨深いなぁ。


ココは、まちづくりセンター千軒舎
この裏手から登ります。
続100スタンプは確かココにあったハズ。




⓪現地看板の縄張り図@宇陀松山城跡
現地にありました縄張り図看板です。

僕たちは右上の点線部分から登りました。
大手がイマイチよくわからんのですよねぇ

登り口が3方向あるんかな?
・僕たちが登った右上の点線
・左上の二ノ丸方面
・下の竪堀群

ガードが一番エグイのは右上ですが…



⓪パンフ記載の全体図@宇陀松山城跡
現地に置いてあったパンフです。
全体がわかりやすく載せてあります。

看板縄張り図と同じ方向に向けてみました。


右下の春日門から延びる点線に沿って、4年前は登った記憶があります。
屋敷群がそっちに固まっていたようです。
なので、大手は春日門から附山の麓を通って古城山に向かうって感じなんかな。

僕たちが登った千軒舎は右上の点線。



②舗装路を5分ほど進む@宇陀松山城跡
さて、では遺構を載せていきます。

千軒舎の裏側から延びています。
舗装路を600m登ります。



③出城っぽい位置関係@宇陀松山城跡
出城?
っぽい位置関係です。

あとでパンフ見たら、附山って表記されているので、多分なんかしらの遺構があるんやと思う。



④看板@宇陀松山城跡
看板出てきました。
宇陀市さん、ガチで観光化に力入れてますな。

すぐ近くに道の駅があったんですが、
足湯が設備してありましたよ。
観光資源になるといいですな。



⑤現在地が全然違う…@宇陀松山城跡
コレ、僕たちが登ったルートではないところが通行止めになっているとの案内。
おそらく、ココを下っていけば、石垣で有名な春日門跡に到達するんやと思います。
台風被害で行けません。

しかし現在地がズレすぎている…
麓に置いた案内板を再利用したんかな…




⑥縄張り図の現在地付近@宇陀松山城跡
看板縄張り図の現在地付近です。
この辺りから急に防御設備感が出てきます。

四年前に行ったときも雨でした。この辺りはとても滑るんです。斜面で足を滑らせて、崖に落ちかけた記憶がよみがえりました。

そうそう、右のガケ側に足を突っ込んでみてください。
堀のオンパレードですよ。
写真撮ったんやけど、採光がイマイチで真っ暗でした。



⑦帯郭かな@宇陀松山城跡
帯郭と切岸かな



⑧開けてきた@宇陀松山城跡
一気に開けてきました。
ここからは虎口パラダイス



⑨雀門跡@宇陀松山城跡
雀門跡
奥に郭があるみたいですが、ロープで規制されています。

ガケ崩れがたくさんあり、規制された部分が多いです。
規制箇所は入ったらダメよ。



⑩主郭方面の虎口@宇陀松山城跡
雀門跡
主郭方面を見上げる

虎口ですな。



⑪ナナメの桝形?@宇陀松山城跡
さらに虎口

桝形ですな。
しかしナナメに桝形?
立体的ですな。



⑫ヤンちゃん討死@宇陀松山城跡
上から撮影

ヤンちゃん、お討死ですな。



⑬どこかわからんが堀底道@宇陀松山城跡
どこかの堀底やと思う。
どこかわからん。

堀底が帯郭になって、主郭部の一段下をグルリしています。
帯郭はクリエイティブな防御設備




⑭主郭@宇陀松山城跡
主郭部

広い
とにかく広い
キックベースくらいできそうですな。
森脇健二さんとスマップ呼んでこなアカンですな。




御殿があったんですって。。。





①の遺構はここまで
次は主郭部と竪堀を探しに行きます。

夢がモリモリ
懐かしいなぁ
小学生やったかなあの頃

森脇健二さん全盛期時代
中山秀征さんもテレビ出まくってたな。










IMG_4844_2.jpg
最後に

35歳
オッサン
平成最後の冬

あいみょんにハマる



IMG_4842_1.jpg
もしカラオケに行ったとき歌ってみよう

しかし、なかなか立体的な歌詞ですな
20歳そこそこのお姉ちゃんが、こんな歌詞書くんやもんな。
日本の未来は明るい。




ではでは
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ソバッソ店長

Author:ソバッソ店長
城跡に行きてえ。城下町に行きてえ、山城に行きてえ。。。
と、日々悶々と過ごしている30'sです。

京都市在住で聚楽第跡の上で生活(ていうても洛外ですがね…)しているので、「平安京→秀吉さんの作り上げた聚楽第→家康が完成させた現代の京都→現代に続く。。。」を日々通勤時やらフォレスターでのドライブやらチャリンコやらで、フラフラと動いております。

●城跡
●城推定地
●縄張り図
●城下町
●遠征先のメシ
○ときどきパン屋
などをアップしていきます。

皆さまの城めぐりライフの、良きお供になることが出来れば幸いです。

最新コメント

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1082位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
185位
アクセスランキングを見る>>

カウンター