fc2ブログ

記事一覧

播磨 鶏籠山城跡(龍野古城)③

①いざ主郭を目指す@龍野古城跡
こんばんわ
ソバッソです

久々にブログ書くと疲れるなぁ
同じ姿勢で一時間座っていると、腰が痛いっす
明日はクソ親父モード第2弾、奈良遠征なので、疲れが残らぬようにほどほどふぁいどぢゃ

さて、では主郭の記事に取り掛かります
上に見えているのが主郭部
ではないです。
もう少し登ります。



⓪全体図@龍野古城跡
三度目の登場です
主郭部に設置された看板の概念図

麓においてほしい
何度もいいます
麓においてくれ



②二の丸方面を見下ろす@龍野古城跡
下の方が、二ノ丸の平坦地です。

こう見ると、とても落差があります。



③主郭虎口@龍野古城跡
そんなこんなで二ノ丸平坦地から登って5分弱
ようやく主郭虎口です。

石垣で覆っていたんでしょうね。
なんか崩れた感じがとてもいい。



④主郭@龍野古城跡
主郭部



ここにあの概念図があります
恨み節ですが…



⑤主郭からの眺望@龍野古城跡
麓を見下ろす
木がなければ、かなりのロケーションやったんでしょうね

これだけ開けていたのであれば、主郭部に立派な石垣を使っていたら、かなり威厳のある城郭だった事でしょう。



⑥八幡宮跡@龍野古城跡
搦手方面へ

八幡宮があったんですって
こっち側は石垣の状態が割といいです



⑦この辺りの石垣は残存状態がいい@龍野古城跡
ハイ
石垣ですね

石垣フェチの方はどうぞこちらへ
ただいつの時代なんかは知らん



⑧残存状態がいい石垣、時期は不明@龍野古城跡
いつのでしょうね
赤松期の遺構ならば、かなりグッときますね。



⑨看板右側の郭にあった石垣@龍野古城跡
看板概念図の右側に伸びた郭に来ました。

急にででんと立体的な石垣が出現



⑩正面から見た@龍野古城跡
今までの石垣跡とは少し違う、異質な感じがします。

物見郭?
だからデカイ立派な石垣なんか?

わからんけど
とりあえず立派やね。



⑪主郭手前の石垣@龍野古城跡
でも、僕はこっちの控えめな石垣跡のが萌えますわ

なんだろう
こっちの方が防御設備感が強いんですよ。
そこがいい。


感度の悪いDカップより
敏感なAカップ



⑫まだまだ埋もれているんですかね@龍野古城跡
そう
この城跡はAカップのパラダイスなんです

日本人は、やはりこういった控えめに美徳を感じるものなのです。



⑬帰りに見つけた土塁かな@龍野古城跡
とか言いながら

こんなダイナミックな土塁発見したら、ゴリゴリで写真撮影しちゃうんよね
ここに10分くらいいたわ。
Eカップ土塁


結論
感度ビンビンのEカップの勝ち



以上






IMG_4754_0.jpg
こんな下ネタで締めたあとに、息子の画像を晒すクソ親父

授乳パート2
しかも前のより距離が近い



母性をはぐくめ長男



IMG_4803_2.jpg
最後です

京都に単身残ったクソ親父は
案外自炊しております。

ダッチオーブンで豚ブロックを焼いて、一日タレに漬け込んだチャーシュー丼



明日は奈良遠征
早よ寝たいから、今晩は外食かな
誰かエサもってきてくれんかなぁ



ではでは
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ソバッソ店長

Author:ソバッソ店長
城跡に行きてえ。城下町に行きてえ、山城に行きてえ。。。
と、日々悶々と過ごしている30'sです。

京都市在住で聚楽第跡の上で生活(ていうても洛外ですがね…)しているので、「平安京→秀吉さんの作り上げた聚楽第→家康が完成させた現代の京都→現代に続く。。。」を日々通勤時やらフォレスターでのドライブやらチャリンコやらで、フラフラと動いております。

●城跡
●城推定地
●縄張り図
●城下町
●遠征先のメシ
○ときどきパン屋
などをアップしていきます。

皆さまの城めぐりライフの、良きお供になることが出来れば幸いです。

最新コメント

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1082位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
185位
アクセスランキングを見る>>

カウンター