fc2ブログ

記事一覧

丹後 谷内城跡(鶴賀城跡)

⓪京都府文化財保護課、埋蔵文化財ホームページより@鶴賀城跡
こんばんはソバッソです
オートバックスでスタッドレスに交換中

今日の午前中は長男の療育教室だったので、現地での待機時間に過去の城跡フォトを見返していました。
三年前にH28年にうえぽんと二人で行った、谷内城跡もとい鶴賀城跡の記事でございます。

縄張り図がない
うえぽんに聞いても、ヤツも残してない
京都府のホームページ見てもない
すがる思いでインターネットにないか探したけどもない
山城賛歌さんが辛うじて概念図を載せてくださっていましたので、ご参考にしてください(って僕が勝手にこんな事言っていいのだろうか…)

が、谷内城跡?谷内北城跡?

いやーどっち行ったんやろう‥わからん‥
でもスゲー遺構なんで、とりあえず情報出しておこうと思い、曖昧ながら記事を書いております。


さて画像ですが、京都府文化財保護課の埋蔵文化財検索システムを使用したものを、切り取らせて頂きました。
あくまで位置関係だけしか提示できませんが、ご参考程度に



①お寺というかお墓というか、を横目に進む@鶴賀城跡
ではさっそく城跡のほうに参りましょう

この場所がドコなのか、さっぱり思い出せない
3年半も前なんすねココ行ったの
そして、まだ城跡フォトの撮影テクが未熟だったため、あまり大した写真が残っていなかった。
再訪せねばならん城跡ですわ

お寺やったと思うんやけど、その裏山が城跡なんですよ確か。
ほんで住職さんっぽいお方にお願いして境内に車を停めさせて頂きました。
住職さんっぽいお方としゃべってたけど、えっココ城跡なん!?って感じで、全く地元にも知られていない城跡でした。

当然、看板や縄張り図などありません。
未整備です。
脳みそフル回転で散策してください。



②登って3分で切り通し@鶴賀城跡
先ほどの画像から3分ほど登ったら出てくる切り通し

これを越えれば遺構だらけです



③切り通しを越えた右側が城跡@鶴賀城跡
右が城跡

もうこの段階でモリっとキリっとしていますね


足元は笹の葉だらけで滑りまくります。
装備はきっちり
そして獣のニオイもします
ご覚悟もきっちり



④切岸を直登、見下ろす@鶴賀城跡
とりあえず右側に直登しました。
道っぽいところなんかありゃしません

整備されていない割に、段郭間の高低差が結構あります。
そして切岸の角度もなかなかのモノです。
ドロんこになってしまいます。



⑤切岸@鶴賀城跡
2mくらいかな
角度も森林原人さん並みの反り具合



⑥大堀切@鶴賀城跡
コレ、多分主郭っぽい、一番高い場所から見下ろしたときの写真やと思うんやけど

どの方面に向いたのかもさっぱり記憶にないんですが、エグい大堀切があった事を思い出しました。
多分それです。

この掘れ方エグくないすか?
ほんで、この堀底が帯郭になって郭間のアクセスをしていたような記憶がある。
竪堀がココに合流してて、興奮してた気がする。



⑦上が主郭かな@鶴賀城跡
一段下がったんかな
上が主郭っぽいですね

明確な郭が段々と配備されていた事も思い出しました。



⑧主郭の切岸@鶴賀城跡
主郭切岸やと思います。

廃城のわりにコレもキリっとしていますね



⑨どこかの堀切@鶴賀城跡
上から見下ろしたんはこの堀切なんかな
いやでももっとデカかった気がする

ってことは、結構なサイズやろなぁ
なんで撮ってないんやろう…
いやーショックやわ



⑩竪堀@鶴賀城跡
コレまたどこかの竪堀
コレが確か、堀底につながったハズなんす。

次男が産まれて、雪が溶けて、妻氏の協力が得られたら再訪しよう。
絶対しよう。
確実にスゴイ城跡やったんすよ。

逆に情報お持ちの方おられましたら、ぜひください。
よろしくお願い致します。


さぁ
スタッドレス交換終了

城跡の記事はこれでおしまい






IMG_4546_13.jpg
最後に

そろそろクリスマスですね
街のそこいらにイルミネーションやらなんやらが出てきております。

今年は次男の出産を控えているので、慌ただしく終わってしまいそうですが、来年は兄弟で盛大にお祝いしてやるから楽しみにしておきなよ。




ではでは
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ソバッソ店長

Author:ソバッソ店長
城跡に行きてえ。城下町に行きてえ、山城に行きてえ。。。
と、日々悶々と過ごしている30'sです。

京都市在住で聚楽第跡の上で生活(ていうても洛外ですがね…)しているので、「平安京→秀吉さんの作り上げた聚楽第→家康が完成させた現代の京都→現代に続く。。。」を日々通勤時やらフォレスターでのドライブやらチャリンコやらで、フラフラと動いております。

●城跡
●城推定地
●縄張り図
●城下町
●遠征先のメシ
○ときどきパン屋
などをアップしていきます。

皆さまの城めぐりライフの、良きお供になることが出来れば幸いです。

最新コメント

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1082位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
185位
アクセスランキングを見る>>

カウンター